究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

大腰筋を太くするためのスクワット方法

ガリガリさんの大腰筋が細くなる流れ

整体に通う・ストレッチをすることによって骨格の歪みは改善して姿勢はよくなってくるのですが、今日はさらに、姿勢改善確率をUPさせるをお教えましょう。

 

それは大腰筋を鍛えることです。大腰筋は身体の深部にあり、腰の上部から脚のほうにつながっている、背骨と大腿骨をつなぐ筋肉のひとつで、ただ歩くだけでは鍛えられないのです。

痩せていて猫背の人は、この大腰筋が非常に細くなっており、ここを鍛えないと姿勢はよくならないです。

ガリガリさんの大腰筋が細くなる流れ^^;

 

歯の噛み合わせ悪い・現代食による酵素不足(消化吸収率の低下)

            ↓

胃に負担がかかり、猫背の姿勢が楽になる

            ↓

背中の筋肉が硬くなり、腰が曲がった状態が定着化する

            ↓

大腰筋が弱くなる(細くなる)

 

大腰筋を太くするための方法

 

スクワット

 

1. 肩幅よりやや広めに足を開く

2. まっすぐの姿勢のまま、屈伸運動(スクワットする)をする。ポイントは、お尻を突き出さないようにすること(お尻をまっすぐ下に落とすようにする)

3. これを1日10回×3セットする。

 

自転車こぎ

坂道を自転車こぎする。

 

階段登り

階段を1段ずつじゃなくて、2段・3段登りをする。

 

山を登る

 

一番大切なのは、普段から正しい姿勢を意識して、猫背にならないようにすることです。大腰筋を鍛えても、どうしても猫背になりがちな人は『たすきがけ』をしてみてください。さらに猫背改善確率が上がります。

 

 

大腰筋を鍛えて姿勢をよくしよう^^;

 

ストレッチを継続してもやっぱり猫背がひどいという方は、大腰筋が衰えている可能性も高いです。

 

20代の人の大腰筋と70代の方の大腰筋をMRI(人体の断層撮影)で比較すると、その太さは1/5~1/10までに違います。

 

 

大腰筋が細いと、どうしても年寄りみたいに猫背になってくるのです^^;。

だからこの大腰筋を鍛えてみてください^^;。

 

 

 

ただ鍛えるといっても、1~2日やったって太くならないですf^^;。

10~20代の方は、スクワット10~20回を1日10セット(もしくはスクワット20回の場合は5~10セット。これは年齢に応じて加減してください)を週4~5日・最低1か月間は続けないと、あまり効果は実感できない^^;。

 

3か月も続けた場合は明らかに姿勢が違ってきますので、3日坊主の方は一度チャレンジしてみてください^^;。

Menu