究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

やせすぎた男性は、がんにかかりやすい?

痩せている男性はガンの発生率が14~29%も高い

以前メルマガ読者の方より、『堤さん、こんなの出ていますよ!』と何人もの方から、ご連絡頂きました^^;。

どうやら気になって仕方ないみたいですね^^;。

 

やせた男性、がんに注意 厚労省研究班調査で判明

 

 日本人男性は、やせているほどがんになりやすく、標準かやや太めに比べ、がん発生率は14-29%高いことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模疫学調査で分かった。米国のがん専門誌に11日までに発表した。

 研究班は、40-60代の男女約9万人を1990年から約10年にわたって追跡し、がんの発生率や死亡率と体格指数(BMI)との関係を調べた。

 BMIは、体重(キロ)を身長(メートル)の二乗で割った値。標準は22で、25以上が肥満とされる。

 BMIが21-20・9の男性ではがんの発生率はほとんど変わらなかったが、やせとされる21未満で増加傾向が顕著だった。23-24・9の人の発生率と比較すると、19-20・9の人は14%、14-18・9の人は29%、それぞれ発生率が高かった。女性では、こうした傾向はみられなかった。(共同通信ニュースより) 

 

【話・解説/堤 富次郎】

ガンの発生率が14~29%も高いと聞いて、とても嫌な気持ちになった方はいらっしゃったでしょうね^^;。

これを見ての私の見解を述べてみたいと思います。

まず『痩せすぎている』=『BMIが21未満である』ということだけで、痩せている人をなんでもかんでも一緒にして論ずるべきではないと思います。

痩せているといっても、すべて同じではないのです。

A 見ばえの良い痩せ型である(ちょうど、モデルのようにスタイルのよい痩せ型)

B 我々のような、ガリガリな痩せ型である

C 病気・拒食症により、上記Bよりもさらにやせすぎている状態である

 

このA~Cのうち、Aは『本来は食べたら太るのだが、太りたくないので、やせている体型を維持できるような食生活をしている』=人によっては、栄養のバランスがかなり悪くなっている状態の痩せ型タイプであります。

 

次にBの、私達のようなガリガリタイプは、太りたいと思って高カロリーのものとかをどんなに食べても太れないタイプ『消化吸収率の低下=内臓機能の低下タイプ』です。

 

Cに関しましては、医師に診てもらわなければならない疾患がある(あった)状態です。Aは『食べていない』、Bは『食べている』、Cは『疾患がある』と、それぞれ違います。

 

続きまして、今度はまた違った角度から分類すると、

 

1. 幼い時から低体重で痩せているタイプ

2. 無理なダイエットでやせすぎてしまったタイプ

3. 精神的ショックや心の病でやせてしまったタイプ

4. 病気により、痩せてしまったタイプ

5. 高齢により、何らかの原因で痩せてしまったタイ

大きく分けるとこの5つになります。

先天的にやせているのが『1』で、後天的にやせてしまったのが『2~5』です。

 

当ホームページに集まってきている方は、基本的に上記『1』の方が圧倒的に多く、そして『2と4』の方が若干いらっしゃいます。

※『2~5』に関しまして、ひどい場合は必ず医師に相談する必要があります。

 

これらをトータル的に見て

『やせている』=『体力・気力が低下傾向にある』=『免疫力が低下傾向にある』=がんにかかりやすいのか?

というならば、やはり『がんにかかりやすい』ともいえるでしょう。

 

遺伝子レベルから見て『痩せ型は、がんにかかりやすい遺伝子をもっている』という専門家もいるでしょう。しかしその遺伝子を調べる前に、もっと細分化して調べる必要があると思います。今はまだ、おそらくそこまでの研究はしていないのではないかと思われます。

だから痩せていても、健康的な食生活としている人と、不健康極まりない食生活をしている人とは確実に違うはずです。

 

上記『1』のやせ型タイプは、歯の咀嚼力低下・骨格の歪み・酵素不足・食生活のバランスの悪さなど、『複合した悪循環の原因がある』と大凡わかっており、これらを改善することで『内臓機能を高め、血液循環を良くし、血液を常にサラサラにする』・・・これらを心がけていれば免疫力は高まり、がんになる確率は一気に下がると思います。

 

※なぜやせた男性が・・と『男性』のようががんになりやすいのかというと、女性は生理や出産があること、飲酒率や喫煙率が低いこと、仕事によるストレスの違いなど、日本人の平均寿命の男女差と同じように色んな原因が考えられますが、その大きなひとつに血液の汚れがあるような気がします。

 

これまで、

胃が悪いのに、高カロリーのものや、コーヒー・カップラーメンばかり食べている人

好き嫌いが激しく、十年以上ほとんど野菜を食べていない

食っちゃ寝、食っちゃ寝して、運動をほとんどしていない

身体が猫背で、いつも姿勢が悪い

 

このようなやせ型タイプの人が大勢いらっしゃるのですが、これを40~60代まで続けていれば、間違いなく『がんにかかりやすい人』だと言えます。

ではどうすればよいか?これらを改善すればよいのです。

だから遺伝子がどうのこうのと考える前に、このような傾向が当っている人は、当っている部分を改めることが何よりも大切なことだと思います。

 

体形別平均余命

先日テレビで、『歩くスピードで余命がわかる』というのをやってましたが、歩くスピードが遅い人は長生きしない、早い人は長生きするんだそうです^^;。

 

 

よって歩くのが遅い方は、今日からもう走ってくださいf^^;(笑)

 

そしてこれは体形別平均余命ですが・・・これは痩せた男性にはちょっとショックなデータですよねf^^;(笑)ほかに比べて短いですf^^;(笑)

 

よって痩せてる男性の方は、なんとしてでも太らないといけませんねf^^;(笑)

 

 

Menu