究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

簡単にお尻(大臀筋・中臀筋)を鍛える方法^^;

キュッと引き締まったお尻にスラリと伸びたカタチのよい脚の魅力

以前テレビで、【女性は男性のどこを見てセクシーと思うか?】というアンケートをして、『お尻』という答えが意外にも多かったことがありました^^;。

男性が女性のお尻を見るならばわかりますが、女性の方もお尻を見るんですねf^^;。

 

女性のヒップの魅力につきましたは、もう説明する必要もないでしょう(笑)

マリリンモンローは、片足のヒールの高さをわざと2センチほど低くして、腰のふりを大きくしたそうですが(これは骨盤には絶対によくないですねf^^;)、

いかにお尻を魅力的に見せるかよく考えていたのでしょうね^^;。

 

先日福岡では『博多どんたく』のお祭りがありまして、面白い光景を目にしました^^;。

会場でおばちゃん達(おばあちゃんも含むf^^;)が踊っているときは客もまばらでしたが、ショートパンツの若いお嬢さん達が踊り始めたところ、人が一斉に集まりました^^;。

そして男性客の視線を見てみると、みんな脚とお尻を見ています(笑)

 

そして次のステージで、またおばちゃん達が出てきたら、みんな会場から一斉に出てゆきました(笑)

人の数が1/5まで減りましたf^^;。これには笑っちゃいましたねf^^;(笑)

 

キュッと引き締まったお尻にスラリと伸びたカタチのよい脚・・・・男性はこれに本当に弱いんですねf^^;(笑)

 

さて、今日はそんな魅力的なヒップを鍛えるにはどうすればよいかについてお話したいと思います^^;。

 

痩せ型の人は、お尻の形に自信がない方が多いのではないでしょうか^^;。

友達とかから『全然お尻ないじゃん!』とか言われませんでしたかf^^;?

私もよく言われてましたが、ここにはなかなかお肉がついてくれないんですよねf^^;。

ズボンをはいた時に、お尻の部分がストーンと落ちている感じだと思います^^;。

そんなあなたのために、簡単に美尻になる方法をお教えしましょう^^;。

・・・とはいっても、鍛える前に重要なポイントがあります。それは、

『全身の骨格の歪みを直し、消化器系を強くして太りやすい体質にすること』です。

よくテレビでは、『お尻の形をよくするには、骨盤と股関節を矯正して・・』というようなことが放送されていますが、痩せ型のほとんどの方は全身に強い歪みがあることが多いので、骨盤・股関節だけ考えても駄目だと思います。

だから全身の歪みを矯正しながら、それと並行してお尻も鍛えるようにしたほうがよいです^^;。

 

参考ページ

やせすぎてる人の太れない原因について

 

 

お尻の筋肉というのは、

『大臀筋(だいでんきん)』と『中臀筋(ちゅうでんきん)』があり、これらの筋肉が腸骨から股関節についています。

だからこれらの筋肉を鍛えるのは美尻目的だけでなく、骨盤を安定させるためにも大変いいわけです^^;。

 

これらの筋肉を鍛えるエクササイズ法は、色んな方法があります。

 

例えば、

 

1. 手とヒザをついて四つんばいになる。(もしくはうつぶせに寝た状態でもよい)

 

2. そして片脚ずつ上方へ高くあげ、しばらく静止する(10秒程度ずつ)。

 

※ そのとき、意識をお尻の筋肉に集中する。

 

3. これを何度か繰り返す。

 

 

しかしもっと簡単な、通勤途中に電車とかで出来る方法があります^^;。

 

それは姿勢よく立って『気をつけ』をして、お尻の穴をキュッと閉じるようにすることです^^;。

これを3~5分続けてみてください^^;。

『ええっ^^;?』と思われるかもしれませんが、たったこれだけでも大臀筋・中臀筋は鍛えられます^^;。

※ 電車に寄りかかったり、片足をやすめにするとほとんど効果はありません^^;。

ピシーッと気をつけの姿勢です^^;。

 

もちろん最初のエクササイズのほうが効果はありますが、継続して行うには『気をつけ、お尻の穴閉じ』のほうが長続きするかと思います^^;。

これらの方法を毎日継続してみてください^^;。

もし山の手線に乗ったときに、ひょろ~っとした痩せ型の人が【気をつけ】をしていたら間違いなく究太マニアな方ですので、お尻に力が入っているかよく観察しておいてください(笑)

 

お知らせ

当ホームページより本を出版しました!現在Amazonにて発売中です!

 

やせすぎは必ず解消できる! 究極の太る方法 - 太れない原因を知ることで、なぜガリガリに痩せているのかがわかる (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)
堤 富次郎
デザインエッグ社
2018-07-09
 

Menu