究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

簡単で美味しい料理をつくろう(レシピ集)

安くて栄養満点^^;。簡単野菜スープの作り方^^;

簡単に出来て、安くて栄養満点。私がよく飲んでいる野菜スープの作り方をお教えしましょう^^;。お湯を沸かす時間もいれて、3分程度で出来ます^^;。

 

※ これは約2人分です。4人分の場合は、この倍にしてください^^;

 

☆材料

もやし・・・1/2袋

ニラ・・・・1/2束

(基本はこのもやしとニラ2つで+あまっている野菜・・ねぎ・玉ねぎ・人参など何でも合います^^;)

 

☆調味料類

がらスープの素(これさえあれば、野菜スープはいつでも作れます^^;)

ごま油(小さじ1)

にんにく(小さじ1/2。これはチューブなどを買っておくと便利です)

ごま(小さじ1)

一味唐辛子(これはお好みで)

塩・・・適量

水・・・どんぶり1杯程度

 

つくりかた^^;

1. お湯(どんぶり1杯程度)を沸かしている間に、ニラともやしをさっと洗い、食べやすい大きさに切ります^^;。(ニラは2cm程度。もやしは切らなくてもOK)

 

2. そしてお湯が沸騰する前にニラともやしを入れ、強火で沸騰させながら、

 

すりおろしにんにく(小さじ1/2。にんにくが好きな方は、小さじ1でもOK)

がらスープ(小さじ1)

ごま油(小さじ1)

ごま(小さじ1)

一味唐辛子(適量)

を入れ、最後に塩を少々入れて味をととのえます^^;。

 

☆ 沸騰し始めてから、2分程度煮込めば完成です^^;。

 

これは簡単なのに、とても美味しいんですよ^^;。

また、安くて栄養満点なところもいいのです^^;。

 

今はニラが1束70~100円、もやしが30~50円程度ですから、調味料さえ買っておけば、いつでも100~150円程度でこの野菜スープが作れます^^;。

 

是非おためしあれ^^; 

栄養満点で消化もよい【納豆餅】を食べて太ろう!

【堤家先祖代々受け継がれてきた、お餅の美味しい食べかた^^;】

 

酵素+炭水化物の太りやすい餅=消化もよい栄養満点の納豆餅をもりもり食べて太る方法のご紹介です^^;

つくりかた^^;(約1人前)

材料

 

納豆1パック(3パック100円とかで売ってあるミニサイズの場合です^^;)

味噌小さじすりきり1(小さじのふちでならしてちょうど1杯程度)

砂糖小さじ1.5

焼き海苔

 

1. 納豆を茶碗に入れ、味噌小さじすりきり1、砂糖小さじ1.5と一緒によく混ぜます^^;。

よく粘りが出るまで混ぜてください^^;。

 

☆ ここでのポイントは、砂糖を小さじ1よりやや多めに(小さじやや山盛り程度)入れることです^^;。

ちょっとこれ砂糖多いかな~という程度が美味しくなるポイントです^^;。

 

2. そして餅を焼き、焼いた餅にあんを入れるように味噌納豆を入れ、海苔で巻けば出来上がりです^^;。

 

きっと、《味噌+納豆+砂糖がこれほど餅に合うとはf^^;・・》と驚かれるほど美味しいと思いますよ^^;。

 

☆ 3人前とかの場合、上記の材料・調味料を3倍にして作ってみてください^^;。

納豆にきざみネギを入れても美味しいですよ^^;。

超簡単で安くて美味しいナムルの作り方^^;

食欲がないときにおすすめです^^;!!

 

美味しいラーメン屋【一風堂】さんにも美味しいナムルが置いてありますが、勝手にとって食べていいので、いつもたくさんお替りしていますf^^;。

そんなナムルの作り方は色々ありますが、今日はご家庭で超簡単に美味しいナムルをつくる方法をお教えしましょう^^;。

もやしはどこのスーパーに行っても1袋20~30円と安いので、この作り方をマスターしておけば経済的にもいいでしょう^^;。

普段あまり使わない調味料として【豆板醤】が必要ですので、これさえそろえておけばいつでも簡単に作れます^^;。

 

 

材料(4~5人分)

 

もやし1袋(より本格的にしたいなら、大豆もやしをおすすめします)

ごま油

豆板醤

塩コショウ

うまみ調味料

 

 

つくりかた^^;

 

1. 沸騰したお湯で、まずもやしを1分茹でます。茹で終わったらザルに入れ、一度水洗いします。

そしてザルに入れたまま約5分程度置いておき、水気をよく切ります。

 

2. 水気が切れるまでに、調味料を準備します^^;。

ボール(もしくはどんぶり等)に、豆板醤大さじかるく1、ゴマ油大さじ2、うまみ調味料と塩コショウを少々入れます。

豆板醤は大さじ1ぱいでも結構辛いですf^^;。だから最初は少なめにしておいて、最後に追加して調整したほうがいいでしょう^^;。

 

3. もやしの水気が切れたら、ボールに入れ、調味料をよく混ぜ合わせます^^;。

ここで味見をし、辛いのが好きな方は豆板醤の量を増やしてみてください^^;。

また、お好みに応じて、きざみねぎを入れるとさらにおいしいです^^;。

 

味見をしてどうです^^;?簡単なのに結構美味しいでしょう^^;。

これを普段から作っておけば、ビールのおつまみにもいいし、ラーメンの具や色んなものに重宝します^^;。

お湯を沸かしてから5分程度と簡単に作れますので、一度試してみてください^^;、美味しいですよ^^;

元気が出るスタミナ・チキンスープ

私は風邪をひいた時や食欲が無い時は、スタミナ・チキンスープ(富次郎命名)を作って食べます^^;。

これがシンプルでとても美味しく、また元気が出てくるのです^^;。

 

作り方は至って簡単ですのでご紹介しましょう^^;。

 

材料(2人前)

 

鳥の手羽先(8本~10本)

にんにく 3~4片

 

つくりかた^^;

 

1. 大きめの鍋にお湯を沸かし、鳥の手羽先8本~10本と、にんにく3~4片を入れて弱火で煮込みます^^;。

2. 沸騰してしばらく経ったら、お玉で丁寧にアクを取り除きます^^;。

3. そして30分~1時間(湯量にもよる)煮込みましたら、スープが半分くらいに減りますので、水を追加してさらに煮込みます^^;。

4. 煮込む→スープが減る→水を追加する・・・これを繰り返しながら、4~5時間程度煮込めば完成です^^;。白いスープと、とろとろにやわらかい鳥をお椀に入れます。

5. お好みに応じて、塩もしくは塩こしょうを入れて食べてみてください^^;。

よく味が出た鳥のスープと、とろとろチキンが軟骨まで食べられてカウシウム満点です^^;。

 

※ これにラーメンの麺を入れて食べてもおいしいですよ^^;。

 

風邪をひいた時などに試してみてください^^;。

食欲が無くても食べられて、次第に元気が出てきますよ^^;。

【絶品】鮭じゃがバター味噌汁の作り方^^;

今日は、誰に食べさせても唸らせるほど美味しい『鮭じゃがバター味噌汁』の作り方をご紹介しましょう^^;。

 

材料^^;

 

鮭(出来ればハラス)

じゃがいも

かつおだし

バター(マーガリンは×)

合わせ味噌

その他(ねぎ・わかめ等)

 

作り方^^;

1. じゃがいも(皮をむく)・鮭を、食べたいだけ一口サイズに切ります^^;。

2. 沸騰した鍋にじゃがいもを入れ、中火で5分ほど煮ます^^;。

3. そして鮭を入れ、さらに2分ほど煮込みます^^;。

4. 火を弱火にして味噌を溶き、最後にねぎやわかめを入れ、火を止めます^^;。

5. 器に味噌汁を入れ、最後にバターを一切れ入れたら完成です^^;。

 

☆ 鰹からダシをとってから作るとさらに美味しくなります^^;。

 

鮭・じゃがいも・味噌・バター・鰹だしの旨みが渾然一体となり、

思わず《うわーっ、うまい^^;!!》と叫びたくなりますf^^;(笑)

是非一度おためしあれ^^;!! 

ついにわかった、下宿のおばさんのおいしいラーメンの作り方

私が高校生の頃は、3食付きの【下宿屋】に下宿していましたが・・毎週土曜のお昼は、下宿屋のおばちゃんが作るインスタントラーメンとおにぎり2個と決まっていました。 

 

最初他の下宿生から、 『ここのおばさんが作るラーメンはうまいよ』 と聞いてましたが、全く具も入っていないらしく、そんな具無しのラーメンが美味しいはずがありません。 

 

・・ところがおばちゃんのラーメンを食べてみると、全く具も何も付け足してないのに美味しいのですf^^;(笑) 

 

たまに卵や味噌が入っていた時もありましたが、基本は具無しです^^;。 

何回食べてもおいしかったあのラーメンの味は、一体どうやって作っていたのか? 

その研究に30年かけ、ついに作り方がやっとわかりましたf^^;(笑) 

 

下宿のおばさんが作っていたインスタントラーメンの作り方^^; 

 

材料 インスタントラーメン(うまかっちゃんやサッポロ一番味噌ラーメンがおすすめ^^;)、水 

 

1.まず水を沸騰させ、麺を入れ中火にします^^;。 そしてこの時、粉末スープもこのタイミングで全て入れてしまいます(笑) 

2.そして麺がちょうどいい柔らかさになった頃、火を弱火にします^^;。 

3.もう普通はここでどんぶりに入れますよねf^^;?(笑) しかしここからあと5分くらい煮込みますf^^;(笑) 

4.『おいおい、それじゃ麺が伸びちゃうじゃないかよf^^;(笑)』なんて常識は頭から外してくださいf^^;(笑) 

下宿のおばちゃんが作っていたラーメンは、『スープが染み込んだ、やや伸びた麺』が美味しいのですf^^;(笑) 

安っぽいラーメンには安っぽい美味しさがあるのですf^^;(笑) 

5.麺にスープが染み込み、充分に伸びてきた頃(笑)、ここでどんぶりに移して完成ですf^^;(笑) 

 

やわらかくなり、スープが充分に染み込んだ麺をズーズーズーっとすすってみてくださいf^^;(笑) 一度これにはまれば、この安っぽいうまさがわかるようになりますよf^^;(笑) 

 

ちなみに画像は、マルちゃん・赤いきつねにお湯を入れ、30分放置後、鍋で再加熱して食べてみましたところ、麺がやわらかくてこれもおいしかったですf^^;(笑) 

 

まあ好みもありますので、この食べ方は万人受けする食べ方ではないですが(笑)、もの好きな方は是非試してみてくださいf^^;(笑)

栄養価は高いが硬くてパサつく豚ももブロックの美味しい食べ方

豚肉でも、豚ももの部分が特に栄養価が高いそうですが、この豚ももの部分ってどんな料理をしても、とにかくパサついて硬くなりやすく、あまり美味しくないんですよねf^^;(笑) 

 

よってスーパーとかでは安く売られているのですが、それでも売れ残って、よく半額シールが貼られた豚ももブロックを見かけます^^;。 

 

《これチャーシューとかにすれば、なんとかいけるんじゃないのかな・・》 

 

ということで、ブロックを3個買ってきてチャーシューを作ってみましたが、やっぱりダメですねf^^;(笑) 

硬いしパサついて、美味しくないですf^^;(笑) 

マヨちゃんつければなんとか食べられなくはないですが、好んで食べるもんじゃないですよねf^^;(笑) 

 

しかしラーメンに乗っけて食べてみると、あら不思議。ちょっとやわらかくなって、なんとかいけますねf^^;(笑) 

あとこの豚ももは、サンドイッチならなんとかいけるかもしれません^^;。 

パンの両面にバターとマヨちゃんを塗りたくって脂分をこれらでカバーし、キャベツの千切り、そして切って焼いたこの【パサパサした豚もも】をはさんで食べれば、サバサバした色気のない女性に化粧をさせ、どうにかこうにかちょっとは見られるようになった感じの味にはなるかもしれないですf^^;(笑) 

 

とにかくもう結論として、豚ももブロックは二度と買わないですf^^;(笑)

珍しい熊本の汁物(つぼん汁)

この汁物は、熊本県人吉・球磨地方に伝わる郷土料理『つぼん汁(つぼんしゅる)』です^^;。

いつも実家に帰ってきて、つぼん汁を食べると、懐かしい気持ちにひたってしまいます^^;。

このつぼん汁は本当に美味しいし栄養も満点なので、作り方を載せておきますね^^;。

 

※ 作り方は簡単です^^;

 

材料

イリコ・大根・ゴボウ・里芋・こんにゃく・厚揚げ・シイタケ・鶏肉

醤油・みりん・塩

 

※ その他お好みで、野菜・山菜等を入れてもいいです。

 

つくりかた^^;

 

1. イリコでダシをとり、ダシが出たところでイリコを取り出します。

 

2. ダシを取っている間に、材料を食べやすい大きさ(やや小さめに)に切り、1のダシで約10~15分煮ます。

 

3. 最後にみりん・醤油を少々入れ、最後に塩で味を調えたら完成です^^;。

 

このつぼん汁は、イリコ・ゴボウ・鶏肉から出るダシがポイントで、それをあっさり目の味付けで食べます^^;。

味噌汁やお吸い物とはまた違った、味わい深いつぼん汁を一度ご家庭で作ってみられてはいかがでしょうか^^;。

超簡単!うまい納豆めしのつくり方^^;

※ この画像は『陣』の納豆めしです^^;。

【納豆と卵の酵素をWで摂取できます^^;】

 

熊本県人吉市に30年前からある『陣』という小料理屋があります。

ここの納豆めしは昔からうまくて評判で、ついに!ここの納豆めしのつくり方がわかりました^^;。

(材料を言い当てたら、マスターがほとんど正解!と言ってくれました^^;)

それをさらに簡単にアレンジし、早くつくれる方法をお教えしましょう^^;。

本当に『陣の納豆めし』の味に極めて近い味になります。

 

材料

納豆・納豆タレ(納豆に付いているものでいいです)、ネギ、玉子(黄身のみ)、みりん、焼き海苔(1/2枚)

 

つくり方^^;

 

1.まずは納豆だけをよくかき混ぜます。

2.その中に、玉子の黄身と納豆ダレ、きざみネギ、みりん(小さじ1/2)

3.そしてよくかき混ぜます。

4.そしてこれをあつあつご飯に上からかけます。

5.最後に海苔を軽く火であぶり、手でちぎって上からかければ完成!

 

こんなに簡単なのに、今まで食べていた納豆めしとは全然違うと思うはずです。

もう少し複雑な味を求めるならば、これにかつお節少々と、青海苔少々、そして醤油を3滴くらい混ぜれば、さらにおいしくなります^^;。

まあだまされたと思って食べてみてください^^;。おいしいでしょ^^;?

一人暮らしのお金が無い大学生でも、この納豆めしと野菜入りの味噌汁を飲んでいれば栄養満点で病気しないでしょう^^;。

ひとり暮らしの大学生・独身の方用^^;、超簡単・豪華みそ汁の作り方^^;v

江戸時代の医者【人見必大】氏は、著書の『本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)』にて、味噌は大変身体によく、滋養・血液循環をよくする・毒消しの作用があると書かれています。

現代では、胃ガン予防効果・放射性物質の除去作用もあるとされていますが、一番注目するところはその栄養価の高さにあります。

味噌の栄養価の話はいずれ詳しくご説明いたしますが、とにかく『消化吸収率』が抜群に良いので、毎日続けてお飲みになることをおすすめします。

 

・・とはいっても、ひとり暮らしの大学生・独身の方は、コンビニ弁当・ほか弁を食べて終わり・・・こんな方が非常に多いんですね^^;。

もしそうであれば、せめて永谷園のインスタントみそ汁でも買ってきて、毎食飲んだほうがいいです^^;。

 

だけどそれより栄養満点で、超簡単・超スピーディー(インスタントラーメンと同じくらい早くできる^^;v)・安く出来る、豪華みそ汁の作り方をお教えしましょう^^;v。 

 

まず最初に準備するもの^^;

 

まずスーパーにお買い物に行きます^^;。そして次の物を揃えてください^^;

 

* 味噌

* 冷凍食品『きざみネギ』

* 乾燥わかめ(増えるわかめ等)

* 魚のアラ(カンパチやブリなど。200円くらいでたくさん入っています^^;)

* ホタテもしくは牡蠣(冷凍ものでもOK)

* サランラップ 

 

家に帰ったら、サランラップを広げ、

 

* 魚のアラ・・・1切れ

* ホタテもしくはカキ・・1~2個

* 乾燥わかめ・・・適量

* きざみネギ・・・適量

 

これらの具材を、ひと包みします。これを7~14個作り冷凍しておきます^^;。

これは取り出す時に、くっつかないようにするためと、簡単に調理するために、ここだけはちょっと手間がかかりますが、これも3分程度で出来ます^^;。 

 

そしてここから作り方です^^;。

 

1. 普通のみそ汁茶碗程度の水を小鍋で沸騰させます^^;。火力はずっと強火でいいです^^;。

2. お湯が沸騰したら、例の具材を1個取り出し、全部お湯の中に入れます^^;。そして3分程度煮込みます^^;。

3. 3~4分後、火を止め、味噌を適量溶いて入れれば出来上がり^^;!!

 

これを食べてみてください^^;。魚のアラとホタテからいいダシがでて、物凄く美味しいです^^;。

これだけでも非常に幸せな気持ちになります^^;。また、これとご飯だけでも朝食のおかずになります^^;。

ひとり暮らしの方、面倒くさがり屋の方も、是非一度お試しください^^;。

 

※ ラップにくるみ冷凍する際、野菜などを切って追加しておくと、さらに栄養がよくなります^^;。

※ この味にあきてきたら、魚のアラではなくて豚にすると今度はとん汁になり、貝にすると貝汁になります^^;。

☆ 要するに、『ダシが出る具材を必ず1つ入れ、ラップでひとまとめにして冷凍しておく』のがポイントです^^;。

発芽玄米を食べて健康に(玄米から発芽させて炊く方法)

以前体験談でもご紹介しました『発芽玄米』ですが、東京都のⅠ様より発芽玄米のことでお便りを頂きましたのでご紹介させて頂きます^^;。精神的なストレスが強い方・あがり症の方には特におすすめですよ^^;!!

 

※ 以下、東京都のⅠ様から頂きましたお便りです^^;

 

ところで発芽玄米、いいですよね~!

わたしも食べています。

しかも、100%発芽玄米です!(自家製)

炊き方はとってもカンタンです。

(横森理香さんの『地味めしダイエット』に出ていました)

 

1.玄米をひたひたの水に24H漬ける→この間に発芽する

 (夏は冷蔵庫に入れて腐るの防止)

2.丸一日以上経ったら、ざっと洗って水気を切り、塩をちょっと入れて

 白米と同様に炊く。(ただし水加減は白米のときの1.5倍弱)

3.水気が多めに仕上がると思うので、炊き上がったらしゃもじで切る

 ように混ぜ、しばらく蒸らしておくといい感じになります。

 

※IH炊飯器だと、炊き上がりにエラーが出ますが、(水が多いためと思われます)

 ちゃんと炊けているので、一度スイッチをオフにして、保温にすればOKです。

 

※水加減は、例えば1合炊くのであれば、炊飯器の内釜の1.5合分の目盛りまで

 水を入れます。

 ただし、量が増えるにしたがって、水加減は少なめにしたほうがよいです。

 (2合だと、2.8合分とか・・)

 また、浸水時間が長いほど柔らかくなるので、その場合も水の量を減らした方が

 いいです。

 

※塩は塩化ナトリウムではなく、自然の塩がよいです。おいしくなるのと、

 玄米はカリウムが多いので、塩を入れるとバランスがよくなるのだそうです

 

水加減と浸水時間で好きなように固さを加減できるし、何よりカンタンで、

発芽玄米を買うよりだんぜん安くつくのでオススメです。

 

玄米を食べ出してから、精神的に安定し、疲れにくくなりました。

父も痩せていて神経過敏で慢性ノイローゼ気味でしたが(^^;

これを食べ初めてから、だいぶ普通の人に近くなったというか、

穏やかになったと思います。

たまにパンの買いすぎや外食で玄米のない食事が長く続くと、

以前の状態に戻るような感じがしますよ。

 

ではでは。

 

***

 

Ⅰ様、お便り頂きましてありがとうございました^^

残ったみそ汁で作る、富次郎流ひや汁の作り方

今日は、夏バテとかしてる人におすすめのお料理をご紹介しますf^^;(笑)

 

東国原知事の紹介で一躍有名になった宮崎のひや汁ですが、これは残ったみそ汁にちょっと手を加えるだけで【ひや汁風】のものが簡単に作れますので、食欲が無いときなどに是非作ってみてください^^;。

 

富次郎流・簡単ひや汁の作り方^^;(約4人分)

 

材料

 

すり胡麻

いりこ

かつおぶし(1パック)

青紫蘇(無ければネギで代用)

とうふ

きざみ海苔

きゅうり

みそ(出来れば合わせ味噌)

残ったみそ汁(約2~3人分)

 

つくりかた^^;

 

1. 味噌(大さじ2)とすり胡麻(大さじ3)をよく混ぜ、アルミホイルに広げます。

それをオーブン等で表面に軽く焦げ目がつくまで焼きます。

 

2. 残ったみそ汁(約2~3人分)をすり鉢に入れ、上記の焼き味噌・いりこ・かつおパック・とうふ(4分の1丁程度)を加え、すり鉢でつぶしながらよく混ぜます^^;。

 

3. これにキュウリ(1本)を薄くスライスしたものを入れ、冷蔵庫でよく冷します^^;。

もし時間がない場合、氷を5~6個入れてよくかき混ぜます(この場合、少し味噌を多めに入れたほうがいいでしょう)

 

4. これをご飯にたっぷりとかけ、最後に青紫蘇と海苔を細くきざんだものをのせれば完成です^^;。

 

今日私も家にある材料と残ったみそ汁で作ってみましたがなかなか美味かったです^^;。

(今回、味噌は焼かなかったです^^;。だから簡単に出来ました^^;)

最近夏バテ気味の方は、これで元気になるといいですねf^^;(笑)。

(私もこれで少し元気になりましたf^^;)

美味しい焼きそばの作り方^^;

以前はなまるマーケットで、『プロが教える市販の焼きそばを美味しく作る方法』をやってましたので私も作ってみましたが、本当に美味しく出来ました^^;。よってその作り方をここで再現してみましょう^^;

 

材料

生めんタイプの焼きそば・キャベツ・もやし・豚肉・桜海老・酒・ウスターソース・はちみつ

 

 

まずは下準備^^;

 

1. キャベツは、麺が絡みやすいように細切りにする。もやしは軽く水洗いするだけでOK。

そして炒める前にサラダ油を少々垂らしてかき混ぜ、野菜を油でコーティングしておく。

 

2. 麺は袋から取り出し、水と酒を少々垂らしてよくほぐし、レンジで30秒チンする。

 

3. 小皿に添付の粉末ソースを入れ、ウスターソース大さじ3杯、はちみつ大さじ2杯を入れかきまぜる。

 

 

ここから調理開始^^;

 

1. フライパンに油をひき、まずは『桜えび』を入れる。(私は入れませんでしたが、これを入れると特に美味しくなるそうです)

 

2. 次に準備しておいた具材を炒める。

 

3. 具材にある程度火が通ったら、先程レンジしておいた麺を入れ、さらに炒める。(この時、水は入れない)

 

4. 最後に鍋肌よりソースを入れ、ひと炒めすれば完成。(ソースは全部入れるのではなく、味を見ながら入れたほうがいいかもしれません。)

 

これで完成です^^;。

 

 

先日、ご当地B級グルメ料理「B-1グランプリ」で優勝した富士宮の焼きそば屋さんは、

 

* ラードで炒める

* コシのある麺を使う

* 最後に振りかけるのはかつお節ではなく、イワシの「削り粉(だし粉)」をかける

 

とされてました。

 

イワシの削り粉をかけた味は一度試してみたいですね^^;。

 

しかしお祭りで作っている焼きそばって、大した材料で作ってないんですけど美味そうに見えますからね^^;。

あれはどうしてでしょうね^^;。

 

美味しい焼きそば、是非作ってみてください^^;

2度美味しい^^;【カレーヌードル鍋】の作り方^^;

こんにちは^^;

本に載っていた【カレーヌードル鍋】を作りましたところ、これが非常に美味しかったので、今日はその作り方をご紹介しましょう^^;。

カレーヌードル鍋を食べたあと、今度はその残ったスープでカレーライスを作って召し上がりましょう^^;。

 

 

材料(4人前)

 

鶏手羽肉・・・12本

昆布・・・1枚(5×20センチ)

じゃがいも・・・5個

にんじん・・・1本

玉葱・・・3個

長ネギ・・・2本

白菜・・・3~4枚

ピーマン・・・2個

アスパラガス・・・5本

しめじ・マイタケ・・・各1パック

椎茸・・・5枚

えのき・・・1袋

しょうが・にんにく・・・各1カケ

きしめん・・・600g

カレールー100g

 

合わせ調味料

酒・・・50cc

しょうゆ・・・大さじ5

塩・・・小さじ1

 

※ 材料はお好みに応じて追加してください^^;

 

作り方^^;

 

1. 土鍋に水と昆布、鶏手羽を入れて火にかけ、沸騰したら昆布を取り出し、1時間以上かけてスープをとる。

 

2. 各材料を食べやすい大きさに切り、しょうがとにんにくはすりおろす。

 

3. きしめんは固めに茹でて、水で洗い、ザルにあげておく。

 

4. 鶏手羽スープに、半分煮えたら、しょうが・にんにく・カレールウを加え、ゆるめのカレースープを作る。

 

5. その他の野菜も加え、アクをすくいながら、合わせ調味料で味をととのえる。

 

6. 野菜類をある程度食べたら、きしめんを加え、カレー味がしみたらいただく。

 

備考

きしめんを入れると味が薄くなるので、仕上げにもう一度しょうゆをたらすと、できばえがグレードアップします。

鍋が残ったら、きしめんは全部あげて、さらにカレールウを加えてカレーライスにする。

 

今度カレーライスを作るときは、その前にこのカレーヌードル鍋を作ってみてください^^;。

栄養満点で美味しいですよ^^;

味噌・醤油屋に伝わる美味しい雑煮の作り方^^;

今日は、味噌・醤油屋であるうちに100年以上前から伝わってきたお雑煮の作り方をご紹介しましょう^^;。

雑煮はその地方・家庭によって味が全然違いますからね^^;。

興味がある方は、一度この人吉の味噌醤油屋に伝わる雑煮を作られてみてください^^;。

味はあっさりしていてとても美味しいですよ^^;。

 

つくりかた^^;(5~6人分)

1. 大きめの干しえび(6~8匹)と、スルメの足を1匹分位(表面の中心部分が黒いスルメを選んでください。この表面の黒いスルメが美味しい雑煮を作る大きなポイントになります)を、前の晩から約1リットルの水につけておきます。

 

2. そして1のダシとは別に、里芋・人参・ゴボウ・京菜(無ければほうれん草などで代用)をお湯で茹でます。

茹であがったものは、お湯を切り、お皿に入れラップをしておきます。

 

3. 『さて、そろそろ食べようか』となりましたら、まずは餅を焼き始めます^^;。

 

4. そして1のダシを沸騰しない程度に温めながら、『生醤油』を適量入れます^^;。

※ 醤油の量は少しずつ入れながら、お好みの塩加減にしてください^^;。

 

5. 御椀に、2で茹でた野菜、そして焼餅を食べたい量だけ入れ、最後に4のダシを入れれば完成です^^;。

 

この雑煮は誰に食べさせても『あっさりしていて美味しい』と言われます^^;。

お正月に限らず、一度作って食べてみられてください^^;。

超おいしい鳥のから揚げの作り方

体重を増やすには、まずいものよりもおいしいものをモリモリ食べることが大切です。今日はおいしいから揚げの作り方をご紹介したいと思います。

 

以前、東京・大田区大森の鳥料理専門店に行ったのですがそこの鳥のから揚げが肉汁たっぷりの超絶品で、本当に美味しいものでした。

 

このから揚げだけは別格で、一体どうやって作っているのかな?鳥に注射器で肉汁を入れているのかな?と思うくらい、ジューシーでやわらかくて衣はパリッとしたものでした。家で何度試行錯誤してつくってもこのようなから揚げにはなりませんでした。

 

しかし先日日本を代表する有名ホテルのコックの知人に聞いた方法で揚げたところ、『これだっ!』と超ジューシーにから揚げが自宅で簡単に出来るようになりましたのでご紹介いたします。

 

この方法で揚げると、その大森の鳥料理専門店と変わらないくらいのおいしいから揚げが作れます。

 

作り方

①鳥肉をピンポン玉1.5個程度の大きさに切ります。

②下味を付けます。

③水につけて、5~10秒もみもみします。

※水につけると味が薄くなるのでは?と思っても大丈夫。

④衣をつけます。

⑤180度の油で揚げます。

 

ここからがポイント!

 

2回に分けて揚げます。

最初『1分30秒』揚げます。

   ↓

油から取り出し『4分間』そのままにしておきます。

   ↓

4分たったら、最後に『40秒』180度の油で揚げます。

   ↓

できあがりっ!!

 

『4分間』そのままにしておくと、余熱で中の肉が加熱されこの時においしい肉汁が生まれるのです。だまされたと思って是非チャレンジしてください。

 

下手な料理店のものよりおいしいですよ!あ、そうそう、一緒にキャベツの千切りも食べれば食物酵素が働いて消化吸収率がUPします。是非おためしあれ!

美味しそうで簡単にできるアボカド丼のつくりかた^^;

お客様より、とても美味しそうな『アボカド丼』の作り方を教えていただきましたので、ここでご紹介させて頂きます^^;。

 

***

 

最近我が家で嵌っている食べ物について

紹介したいと思います。それは…

『アボカド丼』です。

作り方は超簡単(1人前)

1、アボカド半個を適当な大きさに切る

2、それにかつおぶしと醤油をかけて混ぜる

3、あつあつご飯の上に2をのせる

4、更にその上から納豆1パックをゴテっとのせる(タレもかける)

これだけです。

最初の頃は、これにマヨネーズをかけてましたが最近は、かつおみそを

添えて食べてます。めっちゃめちゃ美味いです!!!!

母と2人で毎晩食べてます。本当に、毎晩食べても飽きないくらい美味しい!!

これに野菜たっぷり味噌汁をつければ豪華ディナーの完成です。

早いの安いの旨いの~♪なので、貧乏さんに超お薦め!

たまに『山芋めかぶ丼』にチェンジする日も有り。

粗食バンザイ!!

 

以上、失礼しました。

 

***

 

T様、お便りありがとうございました^^;

 

アボカドと鰹節に醤油って美味しいんですよね~^^;

『森のバター』ともいわれる、アボカドって酵素が多いらしいですよ^^;。

アボカド丼、今度私も作ってみます^^;

焼きそばを劇的に美味しくする方法^^;

今日は、市販の焼きそばを劇的に美味しくする方法を解説したいと思います^^;。 

 

市販の焼きそば(3人前で100~150円)の焼きそばを作るとき、通常豚肉+野菜を炒めてから麺を入れ、最後にソースを入れて出来上がり・・・このパターンが多いと思いますが、これにあとひと工夫すれば、焼きそばが超美味しくなります^^;。 

 

それは、肉・野菜を炒める際、大量のにんにく(5~10カケを薄くスライスする)を一緒に入れて炒め、最後にソースを入れるとき、味の素をやや多めにふりかければ完成です^^;。 

 

この大量のにんにく+味の素の隠し味が、焼きそばを劇的に美味しくさせますので、だまされたと思って、一度お試しあれ^^;。 

 

※ 但し、大量のにんにくで、息が劇的に臭くなりますf^^;(笑)

 

簡単に作れて想像以上に美味しい、シューカレーパンの作り方^^;

今朝の朝食は、冷蔵庫にある材料で、シューカレーパンを作ってみましたが、これが簡単な割に超美味しく出来ましたので、作り方をご紹介させて頂きます^^;。 

 

作りかた^^; 

 

材料(2人前) 合い挽き肉・大さじ3くらいの量 キャベツ・握りこぶし大くらい 塩こしょう・少々 カレーパウダー・小さじ1 クロワッサン・2個 作りかたは簡単です^^;。 

 

1、まずキャベツを1センチ角くらいにカットしておきます^^;。 そしてクロワッサンを、縦に半分にカットします^^;。 

 

2、次にフライパンを中火で熱して油をひき、合い挽き肉を炒めます^^;。 

 

3、肉に火が通ったら、カットしたキャベツを入れ、1分程度炒めます^^;。 そして塩こしょう、カレーパウダーをふりかけ、再度さっと炒めたら具の完成です^^;。 (パンの具にしますので、塩こしょうは味を見ながら【微妙にやや多め】くらいがいいです^^;) 

 

4、最後に半分にカットしておいたクロワッサンに、3の具をスプーンではさんだら完成です^^;。 この作り方の工程を読んでみると、ある程度味が想像出来るかと思いますが、実際に食べてみると、その想像をはるかに上回る美味しさで、多分誰に食べさせても、 『これ美味しいf^^;!』 と言うと思いますf^^;(笑)(クロワッサンではさんでいるのが美味しさのポイントかもです^^;) 

 

熊本の八代で有名な『シュードーナツ』よりも、挽き肉が入っている分、こっちのほうが美味しいですf^^;(笑) 

 

もうすぐお花見の季節になりますので、そんなときにでも是非お試しあれ^^;。

麺が伸びたくらいがうまいチキンラーメンとカップヌードルf^^;

いまちょっと小腹が空いたので、チキンラーメンを作って食べてますが、私はちょっと伸びたくらいのチキンラーメンが好きなんですよねf^^;(笑) 

 

熱湯+どんぶり+ふたの作り方ではなく、鍋でグツグツ煮込み、麺がこの写真くらいやわらかくなったものですf^^;。 

 

カップヌードルも、4~5分くらいたったものが好きですf^^;(笑) 

 

生麺タイプのものではなく、昔からあるインスタントラーメンは、この安っぽい感じよくて、ちょっと伸びたくらいがダシも染みてうまいのですf^^;(笑) 

 

ちなみに私の一番好きなカップ麺は、カップヌードルカレー味の、やや伸びた麺ですf^^;(笑)

スーチカーのつくり方

沖縄料理・スーチカーを作ってみましたが、めちゃめちゃおいしくできました^^;。 

 

作り方は簡単です^^;。 

 

1.豚バラブロックに粗塩をたっぷりすり込み、ラップで包んで冷蔵庫に4日~5日間寝かせます^^;。 

 

2.4日~5日間経ったら、水で表面の塩を洗い、大量のお湯で約40~50分ボイルします^^;。 

 

3.火を止め、お湯が冷めるまでそのままにしておきます。そして冷めましたら、食べる分だけ包丁で切り、あとは冷蔵庫で保存します^^;。 

 

※ ボイルする際、お湯の量が少ない&ボイルする時間が短いと、ちょっとしょっぱくなるようですので、やや多めのお湯がいいようです^^;。 

 

これマヨちゃんつけて食べても美味しいし、ラーメンのチャーシューにもなりますし、作っておくと大変便利ですね^^;。 

 

作り方は簡単ですので、皆さんも是非チャレンジしてみてください^^;

やっぱり美味しい海鮮漬け丼^^;

今日のランチは、色んな刺身を海鮮漬け丼にして食べましたが、めちゃめちゃおいしかったですf^^;(笑) 

 

作り方は簡単で、わさびを醤油でとき、その中に卵黄を入れてさらにかき混ぜます^^;。 

そして色んな刺身を1.5センチ角に切り、上記卵黄わさび醤油と混ぜ合わせます^^;。 

 

最後は、あったかごはんに漬けた刺身を乗せ、海苔を食べやすい大きさに切って乗っければ完成です^^;。 

 

卵黄わさび醤油と刺身・海苔の味が口の中で混然一体となったとき、この海鮮漬け丼の素晴らしい美味しさが、身にしみてわかることでしょうf^^;(笑) 

 

絶品・ホタテ卵のパテ(ホタテのミミ・生殖巣)レシピ

ホタテの生殖巣(ホタテの卵・ホタテのミミともいう)が安く売ってありましたので、これでちょっと変わった料理ができないか、いろいろ試作してみました結果、超珍味な絶品パテが出来上がりましたf^^;(笑)

 

☆ まったりとして、蟹味噌とホタテで作ったような味になりますす^^;。 

 

作り方は簡単です^^; 

 

1.まずホタテの卵をバター炒めします^^;。(この時少々塩コショウをします) 

 

2.火が通りましたらしばらく冷まし、細かく切ってフードプロセッサーにかけます^^;。 

 

3.最後にマヨネーズ(適量)と混ぜ合わせれば完成です^^;。 

 

これは高級フランス料理店で出してもいいくらい美味しいパテで、サラダやパン・クラッカーに乗せて食べてもいけますね^^;。

 

Menu