やせすぎの人のための - 究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

短期間で脚を太くする方法

脚を太くするには、ヒンズースクワットが一番

先日町を歩いてたら、脚が超細い女の人を見かけましたが、やっぱりみんな脚を見てますよね^^;・・

 

『細い』のと『超細い』のはわずかな差かもしれませんが、やっぱり見ばえが大分違いますね^^;・・

 

とにかく脚を短期間で太くするには、私の経験上プロレスラーが行うヒンズースクワットが一番効果がありましたね^^;。

 

あれを最初100回やるのは結構きついですが、根気よく続けていたら150回・200回と出来るようになって、3か月も続けてたら《結構太くなったな^^;・・》と実感します^^;。

 

それと、とにかく太ももが太い競輪選手のように、自転車街道練習を何10キロも走り、同時にウエイトトレーニングを行うというのもありますが、そのトレーニングはちょっと時間がかかりすぎるというのがありますし、一般人には無理があります(笑) スクワットでしたら、たたみ一畳のスペースがあればできますし、短時間ではっきりとした効果が実感できます^^;。 

太ももが太くなってくると本当に嬉しいもんですよ^^;。

 

ようやく少しずつ涼しくなってきましたので、脚が細い方は筋トレをがんばってみられてはいかがでしょうか^^;

 

関連するページ

短期間で太る方法

短期間で体力をつけ、脚や大腰筋を太くするには、階段登りがおすすめです^^; 
 

体力が無い人は、毎日これくらいの階段を3往復すれば、確実に体力つきますよ(笑) 階段登りの運動量を調べてみると、歩行の3倍(これは登る場合、ジョギングと同じくらいの運動量)といわれています。 そして階段を走って上ると、普通に歩いて階段登りをするのより、さらに2倍の運動量になるようです。 よって短時間で運動効果を出すには、走って階段を上るといいです^^;。

 

☆ ちなみにこの階段は、ビルの10階分に相当するくらいの階段です^^;

結構きついですよf^^; 

でも短時間トレーニングには一番いいですね^^;。 お尻や脚の筋肉・大腰筋もかなり鍛えられると思いますので、太りたい方にもおすすめの運動です^^; 

 

ヒンズースクワットを行う前に骨格の歪みを直したほうがよい
 

私がガリガリに痩せてた高校の時は、もう毎日必死にヒンズースクワットをしたものです^^;。

当時は、プロレスラーみたいな体系になりたかったので、プロレスラーがおこなっているトレーニング法を自分で取り入れてやっていました。太りたかったのもそうですが、強くなりたかったのです^^;。

不良には負けたくなかったのです^^;。 

 

高校1年生の時、最初100回するのがやっとでしたが、継続してトレーニングを積み重ねることにより、その年200回までできるようになりました。

 

18歳の頃は、最高500回まで出来ましたが、これは本当にきつかったです^^;。脚がパンパンになって歩くのが痛かったですね^^;。しかしあの時本当にストレッチを毎日していたら、間違いなくもっと出来たはずです。

しかしこれだけヒンズースクワットをして、プロテインを飲んでも太らないのです^^;。

確かに一時的に太くなりますが、やはり徐々に元に戻ってしまいました。

 

結局、骨格が歪み・筋肉がアンバランス状態なので、かなり無理な状態で鍛えていたわけです。

だから私と同じような体質の方は、まずは骨格矯正やストレッチなどで体のバランスを整えた後、ヒンズースクワットや筋トレされたほうがいいです。

ヒンズースクワットは、200回をやっと出来るレベルの時は、180回くらいからの残り20回が本当にきついのです^^;。数えながらすると、あれは精神的にきついですね^^;。

 

新日本プロレスのレスラーの方は、トランプをめくって、5が出たらスクワットを5回、次に8が出たら腕立てふせを8回、次に3が出たら腹筋を3回と、めくったトランプの数だけ、スクワット、腕立て、腹筋を交互にされてましたが、私もこの方法に変更したら、精神的にはきつくなかったです^^;。もし数を数えながら、『きゅうじゅうきゅーう^^;、ひゃーぁああく、フゥーッ^^;』とトレーニングしている人がいたら、このトランプ式をおすすめしますよ^^;。精神的に、ちょっと違うと思いますよ^^;。

 

Menu