やせすぎの人のための - 究極の太る方法(太りたい人の情報室)

当ホームページでは、健康的に体重を増やす食事・運動・ストレッチ法や、太れない原因についての解説等、役立つ情報をご提供しております。

短期間で太る方法

やせすぎ・低体重(BMIが18.5未満)の人が短期間で体重を増やすには、消化のよい食べ物を食べる・食物酵素を利用して消化吸収を高める・栄養価が高く太りやすい食べ物を食べる・食欲を高める・胃の調子をよくする・適度な運動等の努力が必要です。こちらでご紹介しています太る方法は、男性・女性・高齢者・子供(小学生・中学生・高校生)でも変わりなく、基本は同じです。このページではその方法を詳しく解説しております。

 

低体重・普通体重・肥満の判定基準

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

(例)身長が170cmで、体重が70kgだった場合、

70÷1.7÷1.7=24.2

 

☆ 厚生労働省の調査(平成28年度)では、国民のやせすぎ(BMI<18.5 kg)の割合は、

男性は4.4%で、女性は11.6%(特に20代女性のやせすぎの割合は、20.7%と、なんと5人に1人がやせすぎである)

 

はじめに

【太れない人が最初に知っておかなければならない最も重要なこと】

私は子供の頃から【やせすぎの人が太る方法】を38年間研究してきましたが(20代の頃、数年かけて18~20キロ体重UPに成功)、やせすぎには大きく分けて、2つのグループに分かれます。

Aグループ・・・筋トレすればある程度筋肉がつき、少しずつ体重も増える人達。

Bグループ・・・例え10年間、ほぼ毎日筋トレしたとしても、全く太れない人達。

※ このBグループも、筋トレをすれば少しは筋肉がつくのだが、Aグループの人達と違い、体重はほとんど増えません。

 

自分がこのAグループに属する太れる可能性が高い体質なのか、Bグループの太れる可能性が低い体質なのか、痩せすぎを解消するうえで最も重要になってきます。まずはこれからご説明します以下のページをよくお読み頂き、その後【やせすぎてる人の太れない原因について】のページをお読みいただくことをおすすめいたします。

目次

太れない体質にも色んなレベルや太りやすい時期もある

太れない体質にはレベルがあります。私の実体験と、これまで数千人の痩せすぎで悩むお客様と接してきて、ある傾向があるということです。かなり要約してレベル4くらいにまとめましたが、以下のレベル1と2が、冒頭で述べましたAグループで、レベル3と4がBグループになります。

Aグループ

レベル1(幼少期~高校生くらいまで太れないタイプ)

歯に虫歯は無いか、あっても少々ある程度で、歯はそんなに悪くはない。猫背ではない(骨格の歪みはあまり無い)

食べ物の好き嫌いもあまり無い。若い時はいくら食べても太れないタイプ

(健康的な、やや痩せ型タイプ。ガリガリに痩せているというほどではない。このタイプは、筋トレしてプロテインを飲めば、筋肉がついて太る可能性は高い。20代になれば、自然と太ってくるタイプ)

やや痩せ型の男性の場合、高校生くらいから男性ホルモン(テストステロン)の働きが活発になる頃、筋トレなどのスポーツを行うことにより、筋肉がつきやすく、逞しい体型になる可能性がある。

また、やや痩せ型の女性の場合は、10歳前後から分泌が始まる女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌・働きが活発になると、女性らしい丸みのある体になってゆく。

 

レベル2(幼少期~20代までひょろっとした華奢なタイプ)

やや猫背気味で骨格の歪みもあるが、ガリガリというほどでもない。

立った時の姿勢は、後湾平坦(こうわんへいたん)型・平背(へいはい)型が多い。

やや胃下垂・アトピー・鼻炎などの疾患が若干あるタイプ。このタイプは20代くらいまでは痩せている感じだが、結婚したり30代になれば、やはり自然と太ってくる可能性がある。

 

Bグループ

レベル3(幼少期~40代頃までややガリガリのタイプ)

歯があまり丈夫ではない(虫歯・歯並びや噛みあわせが悪い)ので、いずれ治療が必要である。歯が悪い影響から顎関節症になり、口を開けると顎がカクカク鳴る。ストレートネック、猫背であり、筋肉がアンバランスに緊張・拘縮している。

左右の目の高さ・耳の高さに違いがある(頭蓋骨の変形)消化器系は常に弱く、かといって大病するまでには至らない。食べ物の好き嫌いは結構ある。(健康診断にはひっかかるほどでもないが、虚弱体質なタイプ)

100種類以上もある人間のホルモンは、30代ごろを境に徐々に減少するといわれ、特に女性の場合、40代後半から女性ホルモンの分泌が激減するため、痩せ型の女性が丸みのある女性らしい体型を目指すには、まるだけ若いうちがよい。

※ ただ弊社のお客様で、骨格矯正や酵素サプリメント摂取をすることにより、50代でも太った方もいらっしゃいます。

レベル4(一生太りにくく、痩せているタイプ)

上記レベル3に加え、好き嫌いがかなりひどかったり、生野菜や果物・発酵食品などの酵素があるものを好んでは食べない。運動不足でもある。

かなりガリガリに痩せていて顔色も悪く、歯は抜けたまま・もしくは歯並びが悪い。よって顔も貧弱なイメージである。胃下垂や過敏性腸症候群・機能性ディスペプシア・アレルギー性皮膚炎・偏頭痛などの何らかの疾患がある。

上部頸椎の歪み・頭蓋骨が変形しているケースが多く、それらを矯正してゆく必要がある。

(太るに最も難しいタイプ)

 

上記Aグループのレベル1と2に関しましては、筋トレをしてプロテインや酵素摂取だけでも、太ってくる可能性は高いです。

しかしBグループのレベル3~4になりますと、歯や骨格にも問題がありますので、まずは歯の治療や骨格を矯正する必要があります。それらと平行し酵素摂取をすれば、これも太ってくる可能性はあります。

このページでは、どうすれば短期間に太れるかを詳しく解説してゆきます。

 

目次へ戻る

健康的に太る方法とは、栄養・歯の咬合・骨格・運動・睡眠・ストレス解消が重要

健康的に太る方法は、以下の6つを実施することが最も大切です。

 

1.栄養のバランスが整った食生活の実施

主食(炭水化物)・・・ご飯・玄米・パン・麺類など

主菜(蛋白質)・・・肉類・魚貝類・卵・乳製品・大豆など

副菜(ビタミン・ミネラル・食物繊維)・・・野菜・海藻類・きのこ類など

これらとプラスして、汁物(味噌汁・スープ)

など、多様な食べ物をバランスよく食べる。

 

太りたい方に特におすすめなのは、発酵食品が多い和食を中心に、食物酵素を多くとる食事

☆ 生野菜・果物・味噌・醤油・納豆・漬物・ヨーグルト・鰹節・塩辛・ナチュラルチーズなどがおすすめ!

 

2.歯の治療(噛み合せが重要。また虫歯や歯が抜けたまま放置しているのは大問題)

消化には機械的消化(食物を歯で噛み砕いて、小さくすること)と化学的消化(胃液や胆汁などの消化酵素によって、分子レベルで分解すること)に分けられますが、歯が丈夫か丈夫でないかは、胃への負担や消化吸収に大きくかかわってきます。

☆  瞬間的に噛み砕く力は、自分の体重とほぼ同じで、歯の噛み合わせが悪いと、食べ物をあまり消化できずに消化吸収率も悪くなってしまいます。よって歯がなんらかのかたちで悪い場合、何よりも最優先して治療することが大切です。

 

(参考1)これまでの研究でやせている人の歯の噛み合わせの異常(不正咬合)には、

上顎前突(上顎の前歯が下の前歯より前方に出ている状態)

下顎前突(上顎前突とは逆で、下顎の前歯が上の前歯より前方に出ている状態)

乱ぐい歯(歯並びがでこぼこ悪い状態)

などがあります。

 

(参考2)80歳になっても歯が20本以上残っている高齢者は元気で健康の人が多いのに対し、

歯が10本も残ってないお年寄りは、健康状態があまりよくない人が多いというデータがあります。歯の咀嚼と消化吸収は、やせすぎに限らず、健康や長寿にも大いにかかわっています。

 

(参考3)すべての歯にはそれぞれ役割があります。

切歯(せっし)・・・食べ物を噛み切る。8本。

犬歯(けんし)・・・食べ物を切り裂く。4本。

臼歯(きゅうし)・・・食べ物をすり潰す。20本。

 

①太れない=②食べ物の消化吸収が良くない=③歯の噛みあわせが悪い・歯が抜けたままになっている

私のこれまでの研究で、①~③の関連性は極めて高く、歯の状態がよくないと太りにくいです。

 

3.骨格矯正

人体の中心を支える背骨(脊柱)は、頸椎(7個)・胸椎(12個)・腰椎(5個)・仙椎が融合した仙骨(5個)・尾骨(3~5個)、そして一番上に頭蓋骨(とうがいこつ23個)が乗っかっています。これらの骨格の歪みがなく、正しい姿勢が大切です。

これまで私の38年間の研究で、やせすぎの人は特に上部頸椎・頭蓋骨の歪みがあると非常によくないです。

 

☆ 痩せすぎと、骨格の歪みや歯との因果関係につきましては、やせすぎてる人の太れない原因についてのページで詳しく解説しています。

また正しい姿勢を保つため、脊柱起立筋・腹直筋・大腰筋・大殿筋を鍛えると、猫背の姿勢が改善してゆきます。

 

4.トレーニング(有酸素運動・大腰筋を鍛える・ストレッチング)

☆ 効果的にトレーニングするために、次の3つ原理と5つの原則を頭に入れて行うとよい。

過負荷の原理・・・普段行っているトレーニングより、体に無理させすぎないほどの、ややきつい負荷をかけて(ダンベルの重量・回数など)、現状以上の運動負荷をかけて行うこと。

 

特異性の原理・・・例えば、筋肉を太くして太りたいといった方が、マラソン選手と同じように、ジョギングなどで肺活量や筋持久力を向上させても、プロレスラーやボディービルダーみたいに筋肉は太くならないので、それ専用のトレーニングを行う必要があるということ。

 

可逆性の原理・・・トレーニングを継続していれば、体力や筋肉もつき、その効果を維持できるのだが、トレーニングをやめてしまうと、一度ついた筋肉も次第に落ち始め、やがて元にもどってしまう。

 

全面性の原則

特待の部位だけを鍛えるのではなくて、体全体をまんべんなく鍛える。

例えばゴルファーが、ゴルフクラブの素振りや上半身だけを鍛えればいいかというとそうではなくて、足腰も強化することにより、全体的なパフォーマンスを向上させるために行う。

 

意識性の原則

どこの筋肉を鍛えているのかを意識しながら行うことで、トレーニングの効果が向上する。

 

漸進性の原則

同じような負荷で延々とトレーニングしていても、もうそれ以上の効果があらわれなくなるため、体力が向上してきたら、無理しない程度に少しずつ負荷を増やしてトレーニングを行う。

 

個別性の原則

年齢・性別・体力レベル・体型(肥満・普通・やせすぎ)などによって、その人に合った無理のないトレーニングを行う。

 

反復性の原則

1ヶ月に1~2回程度ランニングしても、ほとんど運動効果が得られないように、トレーニングは継続して行う必要がある。

 

☆ 早く太りたい場合、体積の大きい筋肉を重点に鍛える。

またストレッチで体を柔軟にし、筋肉のバランスを整えることが特に重要。

運動・ストレッチで体格をよくする方法のページでも詳しく解説しています。

 

5.睡眠(8時間以上の睡眠をとる)

睡眠は成長ホルモンと深く関係しています。また睡眠の質を上げることも重要です。

熟睡時に脳下垂体から成長ホルモンが分泌され、体の成長(筋肉・骨の成長)に影響を与える。

 

6.様々なストレス(人間関係・進路・恋愛・仕事・育児・睡眠不足・過労・病気・生理・更年期障害・体のコンプレックス

これらストレスの解消・メンタルケア(ストレスを発散させる・悩みを解消させる・軽減させる)

 

(参考) 緊張・怒り・不安・興奮・イライラなどの脳が感じた精神的ストレスは、自律神経のうちの交感神経が過剰に働いて、痩せすぎの人に非常に多い過敏性腸症候群(食欲不振・腹痛・下痢・便秘など)の原因になっていたりします。

よって運動や趣味・人へ相談して悩みやストレスの原因となっているものを解決するなどの行動を行い、それらを軽減してゆくことが大切です。

 

この6つをバランスよく実施すれば、必ず好転してきます。1~6までどれも重要です。

やせた人が体重を増やすには、最低半年間の時間が必要です。だから慌てたところで、すぐ結果が出るものではありません。毎日継続させることが重要なのです。

これら1~6を改善してゆけば、太る可能性は高くなります。

 

【2017年堤富次郎による追記】

当ホームページを運営して2018年現在で16年目になりますが、これまでお客様から頂いた声などをまとめますと、体重を増やすには様々な努力を行い、ある程度太るまでの期間は(おおまかに)

10代・・・半年~2年

20代・・・1年~3年

30代・・・1年半~4年

40代以上・・・2年~5年

平均してこれくらいはかかるとみていたほうがいいでしょう(痩せている人が急に太ることは少ないです)

但し、太れない根本原因が解消されればもっと早く太れますし、原因が解消されないならば何年経っても太れません。

よって自分の太れない原因を解明してゆくことが何よりも大切です。

 

目次へ戻る

短期間に早く太るには酵素摂取が一番である

私はありとあらゆる健康法の本を読みましたが、酵素栄養学・エドワード・ハウエル博士の本ほど衝撃を受けたものはありませんでした。

食物酵素理論の創始者であるエドワード・ハウエル博士の酵素栄養学は、酵素について知るバイブル的存在です。

酵素のことに興味がある方は、エドワード博士の本を読まれるとよいでしょう。読めば読むほど奥が深く、酵素に着目していない日本の栄養学がいかに遅れているかがわかるかと思います。

 

酵素は、

潜在酵素・・・体内に潜在している酵素。限りある資源といわれています。これが無くなってしまうと人間は死んでしまいます)これが、ある時は消化酵素となり、またある時は代謝酵素になります。 

食物酵素がある食事を食べていると、この潜在酵素はあまり減りません。逆に加熱処理されたものや加工品ばかり食べていると、潜在酵素は消化酵素として働かなければならなくなり、どんどん減ってゆきます。

 

代謝酵素・・・体の正常な動きに必要

体のすべての器官・組織は、この代謝酵素の働きによって活動。これが不足すると、重大な疾患を引き起こす原因になる。

 

消化酵素・・・食べたものの消化に必要

三大酵素は、プロテアーゼ(たんぱく質を消化させる酵素)、アミラーゼ(炭水化物を消化させる酵素)、リパーゼ(脂肪を消化させる酵素)で、他にはセルラーゼ(食物繊維分解酵素)もあります。 

食物酵素・・・食物自体に含まれている酵素

この食物酵素を多く摂りなさいと、私は特にすすめています。

 

 

食物自体に酵素が含まれているので、消化吸収面と身体に負担をかけない面(潜在酵素を使わなくてもよい)で、潜在酵素は代謝酵素のほうにだけ専念して働けるようになるので、身体の調子がよくなってきます。自然治癒力が格段にパワーアップします。

 

当ホームページの太る方法は、カロリー主体を主体とした日本の栄養学ではなく、消化吸収面から見た食物摂取法をすすめています。痩せている人は圧倒的な割合で、生ものが嫌いであったり発酵食品をあまり食べていない人がとにかく多いので、この機会に是非多くの酵素をとるようにされたほうがよいでしょう。

すると太る可能性も高くなり、何よりも健康になってくるということです。

今日からでもまだ遅くはありません。がんばってください!!

食物酵素を利用しよう 酵素の話

これまでホームページで、体重を増やすための食事方法をご覧頂いた方ならおわかり頂いているかと思いますが、やせ型の多くの方はあまり生ものを好んで食さない傾向にあると書きました。

 

食物酵素は生ものや発酵食品にしか含まれておらず、加熱調理されたものや加工されたものには、ほぼ含まれていません。

この食物酵素は消化を助けたり、たんぱく質・ビタミン・ミネラルが体内で働く役目をしているのです。

よって、以前私が毎日プロテインを飲んでいた話をしましたが、生ものが嫌いで食べなかったため、吸収率が極めて悪かったことになります。どんなに量をたくさん食べても、食物酵素が不足すると吸収率が低下し、身にならないのです。

 

食物酵素を補給できる食物

生野菜、くだもの類、刺身、生の牛乳、発酵食品(納豆・ヨーグルト・チーズ・かつお節・漬物)・・・などです。

意識的に上記の生野菜・発酵食品を毎日欠かさず摂り続けると、栄養のバランスがよいのもそうですが、食物酵素が補給されますので、消化吸収率は格段に上がります。

 

生の牛乳とは、加熱殺菌されていないものなので、スーパーなどでは売ってないです。細菌を殺すために加熱殺菌をするのですが、酵素も一緒になくなってしまっているのです。

 

海外の食物酵素研究学者は、母乳で育った赤ちゃんは、加工乳で育った赤ちゃんより健康的なのは、酵素補給が母乳からきちんとなされているからだと述べています。

また日本で売られているヨーグルトは、加工乳(加熱殺菌処理されている牛乳)から製造されているので、酵素補給の面からすると、ヨーグルトの良さを半減させているとも述べています。

また加工された100%缶ジュースには、酵素活性は無いです。

中学生でもわかる酵素の簡単な説明

このホームページは中学生の人も読んでいるようですので、今回は酵素の話を物凄くわかりやすく説明いたします。(酵素の話はとにかくややこしいので)

 

人間の体には、約3000種類の酵素があります。この人間の体にある酵素は、限りある資源です。

 

どんどん減ってゆく一方なのです。ほとんど増えてゆくことはないのです。

人間はこの酵素があるから、炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの働きを助けるのです。この《助ける》ことを例えていうならば、家を建てる時に、木材・瓦・セメント・サッシ・ガラスなどを集めて家を建てようとしても、大工さんがいないと建てられないのと同じです。大工さんがいないと、いくら材料をあつめても、何の役にもたたないのです。酵素はこの大工さんのようなものです。

 

この人間の体にある酵素は最初から量が決まっていて、使えば使うほど減っていって追加されることはほとんどにないのです。

食物を食べれば減少してゆくのです。食物によってゆるやかに減ってゆくか、一気に減ってゆくかにわかれるのです。

ゆっくり減ってゆけば人間は長生きします。一気に減ってゆけば、早死にするのです。

ほとんど病気をしない古代エスキモー(なんでも生で食する)の体内酵素量は、先進国の人と比べものにないないくらい体内の酵素量は多かったといわれています。

A.食べた食物に酵素があるものは、自分の酵素はほとんど使わなくても消化できる。

B.食べた食物に酵素がないものは、自分の酵素を大量に使わないと消化できない。

            ↓ ↓ ↓

 

ゆっくり減ってゆくチーム → 食物に酵素があるから自分の酵素を使わなくてもよい。(からだに負担がかからない)

生もの(生野菜・くだもの・生魚・生肉)や発酵食品(納豆・漬物・みそ・しょうゆ・ヨーグルト)には、その食物自体が酵素をもっています。これを食物酵素というのですが、この食物酵素があると、人間の体からの酵素を使う必要があまりないのです。

Bグループ

はやく減ってゆくチーム → 食物に酵素が無いから、自分の体の酵素を使わないと消化できない。(からだに負担をかけている)

加熱処理された食品・加工品(インスタント食品・缶詰・ジャンクフードなど)

 

現代人は加熱処理することにより、病原菌から身を守られています。しかし一方で、加熱処理したことにより、体内の酵素はどんどん失われているのです。

ここが非常にアンバランスな状況になっており、医療は発達したから長生きはしているが、半健康体(現代病)人口が増えているのです。

海外ではこの酵素研究がかなり進んでいますが、日本は物凄く遅れていています。

ここで私の意見を述べておきます。食事法のキーワードとして、食物酵素と発酵食品をあげていましたが、これらは上記《Aグループ》を指しています。

 

太るためには食物自体に《酵素を多く含むもの》を食べたほうが健康に良いし、そのほうが酵素の消化サポートが行われるので、栄養の吸収率が格段に違います。 

 

あと痩せていて虚弱体質の方の中には、どちかかというと膵臓の働きが弱く、膵液の分泌がよくないのではないか?という仮説を立てて研究したことがあります。

膵液には、アミラーゼ・マルターゼ・トリプシン・リパーゼなど、糖質を麦芽糖に分解したり、麦芽糖をブドウ糖、蛋白質をペプチド、脂質を脂肪酸・グリセリンに分解する酵素が含まれますが、この分泌がよくないと、栄養素の吸収に大きく影響してくるからです。

食物酵素を活用して健康的に太ろう

人間の体内で分泌されるふたつの強力な消化酵素は、アミラーゼとプロテアーゼです。

これらはタンパク質と炭水化物の消化に関係します。

 

濃度の高いアミラーゼを供給するのは唾液ですが、胃液にはプロテアーゼが含まれています。

すい臓は高濃度のアミラーゼとプロテアーゼを両方の消化液を分泌しますが、脂肪に関係する酵素、リパーゼも含まれています。

 

しかしこれら体内の酵素を、不摂生な生活・飲酒・タバコ・ストレスなどで大量に浪費してしまうと、太るどころか不健康な体質へと発展する可能性があります。よって食物酵素を補給することは大変よいことです。

 

しかしさらに短期間で太るためには、意識的に酵素が多く含まれる食品を摂取することが大切です。 

当ホームページで推奨しています体重を増やす方法は、カロリー計算から見た栄養学ではなく、消化吸収率をいかに高めるかという観点からなりたっています。

 

お肉をいくら大量に食べたとしても、最終的に腸で消化吸収されないと何の意味もないのです。よって、以下の食物酵素を摂るように心がけてください。

 

食品中の酵素(加熱すると酵素はなくなりますので注意!)

☆りんご・・・・・・パーオキシダーゼ

☆バナナ・・・・・・アミラーゼ・マルターゼ・スクラーゼ

☆キャベツ・・・・・アミラーゼ(別名ジアスターゼ)

☆大根・・・・・・・アミラーゼ

☆卵(黄身)・・・・・・・・トリブチリナーゼ・リパーゼ・フォスフォターゼ・ペプティダーゼ・パーオキシダーゼ・カタラーゼ・オキシダーゼ・アミラーゼ

☆ぶどう・・・・・・パーオキシダーゼ・ポリフェノールオキシダーゼ・カタラーゼ

☆マンゴ・・・・・・パーオキシダーゼ・カタラーゼ

☆生の蜂蜜・・・・・カタラーゼ・アミラーゼ

☆いちご・・・・・・ジヒドロゲナーゼ

☆トマト・・・・・・オキシダーゼ

☆赤身の肉・・・・・大量のプロテアーゼ・カテプシン

☆低カロリーの野菜や果物・・・セルラーゼ

☆納豆・・・・・・・リパーゼ・アミラーゼ・セルラーゼ・プロテアーゼ・ウレアーゼ・パーオキシダーゼ・カタラーゼ・ペクチナーゼ・納豆キナーゼ

(納豆は、その他数えられないくらい酵素がある、酵素の宝庫!嫌いな方は、この機会に是非食べるようにしてください!)

☆山芋・・・・・・・アミラーゼ

☆パイナップル・・・パイナップル酵素(ブロメライン)

☆パパイン・・・・・・パパイン酵素

★生の牛乳・・・・これは実は酵素の宝庫なのですが、現在日本で流通しているものはすべて加熱殺菌してあるので、無殺菌牛乳をおすすめします。

 

あまりにも種類が多い酵素ですが、基本はこの4つを覚えれば大丈夫!!

 

4大酵素活用法

1. アミラーゼ

たんぱく質・でんぷん(炭水化物)分解酵素

2. プロテアーゼ

たんぱく質分解酵素

3. リパーゼ

脂肪分解酵素

4. セルラーゼ

食物繊維分解酵素

これら4大酵素を意識的に摂取する努力をするとよいでしょう。

 

目次へ戻る

太るための基本の栄養学(5大栄養素)

これから太るために知っておくべき栄養学の基本中の基本、5大栄養素について解説いたします。

 

 

1. 炭水化物(糖質+食物繊維)

炭水化物を多く含む主な食品

ご飯類・パン類・麺類・豆類・野菜や果物の一部(バナナ・ぶどう・とうもろこし・かぼちゃ・イモ・根菜類)

スポーツ栄養学では、体重を増やす際は、体重1キロあたり、糖質を0.8~1.2g・同じく蛋白質を1.5~2g、通常よりも摂取量を増やすとよいとされています。

例. 体重50キロの方が体重を増やしたい場合

糖質・・・50kg×0.8~1.2g=40~60g

蛋白質・・・50kg×1.5~2=75~100g

但し、これはあくまで運動した場合です。

 

簡単でわかかりやすい体内での働き

体(筋肉)を動かす最も重要なエネルギー源(車でいうとガソリン。ガソリンが無くなると車は走らないので、常にガソリンを補給しておく必要がある)

この炭水化物を摂らないと、脳の働きも悪くなり、集中力もなくなる。体温維持にも重要。

太りたい場合、炭水化物の中でも、日本人が先祖代々食べてきたごはんを多く摂取することが大変重要であり、最も効果的な太る方法でもある。摂取した炭水化物は、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられる。

 

2. タンパク質

タンパク質を多く含む主な食品

(動物性タンパク質)肉類(牛肉・豚肉・鶏肉)魚類・卵・乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)

(植物性タンパク質)大豆食品(納豆・豆腐・豆乳・厚揚げ)豆類(枝豆・そら豆・えんどう豆)

 

簡単でわかかりやすい体内での働き

筋肉・骨・血液・内臓・皮膚などをつくる主成分

よってボディービルダーやプロレスラーなどは、筋肉を太くするため、筋トレ後にプロテインを摂取したりする。

タンパク質は一度に大量に吸収できないので、何度かの食事に分けて摂取するのが理想的である。特に青少年期(成長期)や、高齢者の低栄養状態(食事摂取量の減少)には、タンパク質をきちんと摂ることを欠かしてはいけない。

また私の経験上、運動や筋トレもせずにタンパク質を多めに摂取しても、筋肉が太くなることは、まずない。

タンパク質の栄養評価は、一般的にアミノ酸スコアで評価される。

 

 

3. 脂質

脂質を多く含む主な食品

スーパー等で販売されている油類(サラダ油・オリーブ油・ごま油)・魚の脂(まぐろ・かつお)・肉の脂(牛脂・豚脂・鶏皮・バター)

 

簡単でわかかりやすい体内での働き

肉や魚そして揚げ物などを食べてる現代人の食生活からすれば、あえて意識して摂取する必要もないと考えられるが、脂質も一応エネルギー源であり、細胞膜・血液・ホルモン・細胞膜などの材料にもなり、体温を保つという働きもある。

体によい脂質(不飽和脂肪酸)と、摂りすぎると害になる脂質(飽和脂肪酸・トランス脂肪酸)があるので、摂りすぎには注意が必要である。

 

4. ビタミン(ビタミンA・B群・C・D・E・K等)

ビタミンを多く含む主な食品(ビタミンに関しましては、各ビタミンごとの食品名をあげだしたらきりがないので、ここでは要約し、また別の機会に解説します)

野菜類・果物類・海藻類・きのこ類・肉や魚・卵のビタミンB群

 

簡単でわかかりやすい体内での働き

全部で13種類あるビタミンは、エネルギー源である炭水化物・タンパク質・脂質の吸収を助け、各ビタミンはそれぞれに、成長促進・血行促進・抗酸化作用・疲労回復・免疫力の強化などの重要な働きがある。

ビタミンは水溶性と脂溶性に分けられる。

 

5. ミネラル(鉄分・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・亜鉛・カリウム)

ミネラルを多く含む食品

鉄分・・・レバー(牛・豚・鶏)・大豆食品・ひじき・ほうれん草

カルシウム・・・乳製品・小魚類(しらす・いりこ)・昆布

マグネシウム・・・ナッツ類・大豆食品・海藻類・ゴマ・ひじき

ナトリウム・・・塩分の多い調味料類(みそ・しょうゆ・ソース)・梅干

亜鉛・・・貝類(特に牡蠣・ホタテ)・魚類(かつお・サバ・いわし)・肉類(豚レバー・牛肉)

 

簡単でわかかりやすい体内での働き

全部で12種類あるミネラルは、ビタミン同様に体の調子を整える作用があり、神経を始めとした体の機能を正常に保つためにも無くてはならない栄養素である。

日本人の最も不足している栄養素にカルシウムがあげられるが、骨や歯の形成・筋肉の収縮・血液凝固・免疫機能の強化などにかかせない栄養素なので、太れない方には積極的に摂取して欲しい栄養素のひとつである。特に10代の成長期には、骨密度が最も高くなるため、カルシウムは意識して摂るようにしたほうがよい。

また鉄分が不足すると、持久力の低下や食欲不振にもつながるので(特に鉄分が不足しがちな女性の方は)これも意識して摂取したほうがよい。

 

目次へ戻る

内臓機能の低下等、骨格の歪みが及ぼす様々な影響

骨格の歪みが及ぼす影響は、肉体的なこともそうですが、精神的な影響にもつながってゆきます。

 

その状態が続くと、お腹を前につきだして胃を部分をへこましたような姿勢になってゆきます。

こうなってくると、まずは胃腸の調子をよくして、骨格が歪んだ状態を改善しないと簡単には太れません。

 

骨格の歪みからおかしくなってゆくパターン

骨格の歪み(特に上部頸椎・頭蓋骨の歪みが問題)→自律神経失調症や内臓機能の低下(横隔膜下垂→胃を圧迫→逆流性食道炎)→精神的影響(常にしんどい状態)

 

内臓機能の低下からおかしくなってゆくパターン

内臓機能の低下→骨格の歪み(特に上部頸椎・頭蓋骨の歪みが問題)→自律神経失調症・精神的影響(常にしんどい状態)

 

やせすぎの方に多い自律神経失調症の症状

私がこれまで数百人のやせた方にカウンセリングをしてきて、自律神経失調症の症状が出ている方が非常に多かったです。その中でも特に多かった症状をまとめてみました。

 

過敏性腸症候群・食欲不振・胃の不快感・下痢・便秘・手足のしびれ・不安感・頭痛・生理不順・冷え性・疲れやすい・めまい・食欲不振・不眠症・肩こり・動機・倦怠感

 

これらの症状は、病院で検査しても特に異常なしと言われたりすることが多いのですが、私のこれまでの研究で、猫背・姿勢の悪さ=骨格の歪みが関係していたり、運動不足・歯の噛み合わせの悪さから、様々な不快症状が出ている可能性があります。

よって明らかにひどい猫背・手足の長さが左右で違う・目の大きさが左右で違う・耳の高さが左右で違うなどがございましたら、一度専門家にみて頂いたほうがよいでしょう。

 

目次へ戻る

体内酵素不足を食物酵素で補うことの重要性

酵素は食べたものを消化したり、老廃物を排泄する一連の働き、いわゆる新陳代謝を行っています。 

消化・吸収・呼吸・合成・排出は、酵素なしでは行われないのです。

 

食べ物を食べる・・・→胃や腸にある酵素が、吸収できる大きさにまで食べ物を分解・・・→消化吸収後、酵素がそれを組み立て、変化させて、人体の材料やエネルギーを作り出す

 

このように、人間は酵素なしでは生きてゆけないのです。しかし、限りある資源といわれる体内酵素を浪費してしまう現代人の食生活《調理あるいは化学物質によって加工された食品、ジャンクフード(ハンバーガー・スナック菓子など)そしてタバコ・アルコールや薬品などの摂取によって、ある一定量しか備わっていない体内酵素が大量に消費》、また風邪や発熱、過度の温度変化に身をさらすことも、酵素の消費につながっています。

 

※例えばレトルト食品や缶詰、インスタントラーメンなどを、毎日1週間食べてみてください。食べ初めて5日もしないうちに、《何か栄養が足りないのかな・・・なんとなく元気にならない・・》という感覚に気付くはずです。

それは『酵素』が不足しているのです。

 

これまでも酵素の重要性についてはメルマガで何度も述べてきましたが、この体内酵素が不足した状態がよくないのです。

 

慢性病では体内酵素のレベルが低下(唾液中のリパーゼの量が低い)していることは、多くのアメリカやドイツの医師による調査で裏付けられています。

病状のひどい患者ほど、目立って低いそうです。

例. 111人の結核患者の血液中のエステラーゼを調査・・・・・健康者に比べ、82%低い

糖尿病・ガンなどの死亡者では、アミラーゼ、リパーゼ、トリプシンが目立って低かった

 

このように体内酵素不足に対し、食物酵素を補給することの重要性は、最近日本でも特に注目されてきていますが、アメリカやドイツではずっと前から研究されてきました。

私もこれまで、痩せた人には骨格の歪みと歯の噛みあわせの改善、そして酵素摂取が何よりも重要ですと説いてきました。

そしてこれら3大原因を中心に、総合的な改善することにより、多くの人を健康的に導き、太らせてきました。

 

また、これまで病気ばかりしてきた人が、風邪をひかなくなった・病気しなくなったなど、これら3つのどれもが単なる太るということよりも、生命力の根幹に関わる重要なポイントになっています。

 

食物酵素は、インスタント食品ばかり食べてきた人、酒・タバコをよくのむ人、病気ばかりしてきた人ほど、体内酵素を浪費してきていますので、より多めに摂取して頂きたいものです。

食物酵素をたくさん摂取し、丈夫な体をつくろう  

食べ物を口に入れ、歯で噛んで咀嚼してそれが栄養になるまでには、

口腔間・・・唾液(アミラーゼが糖質を分解)

胃・・・胃液(タンパク質分解酵素のペプシンで消化)

肝臓・・・胆汁

十二指腸(膵臓)・・・膵液(マルターゼ・リパーゼが、糖質・タンパク質・脂質を消化)

小腸・・・腸液(マルターゼ)

このようにそれぞれの臓器間で、酵素が利用されています。

よって時間がある方には、毎食時に食物酵素が豊富な【大根おろし+とろろ】を食べられることをおすすめします。

 

※ とろろ(山芋)にも、消化酵素であるジアスターゼ(アミラーゼ)が豊富に含まれています。

多少手間がかかるかもしれませんが、時間にして15分もあれば準備できます。

根気よくこれを1か月続けるだけで、消化吸収が改善され、内臓の調子が違ってきます^^;。

食物酵素の力で知らない間に、

『あれっ^^;、そういえば最近全然胃がもたれないな・・』

『いつの間にか、あまり下痢をしなくなっているよ・・』

 

と、知らない間に『あれっ?!』って感じで、気付くことが多いんですね。

そして知らない間に『あれーっ^^;!!2キロも太ってるよ^^;!!!』てな感じで体重が増えているケースが多いです。

食物酵素はお薬と違いますから即効性はないですけど、副作用もなく安心して内臓を丈夫にすることができます。

食物酵素の力で胃腸に負担がかからない+体内酵素の節約ができる=代謝酵素が十分に活躍できる→内臓が元気になってくる

とろろ・大根おろし+納豆やその他の発酵食品を活用して、楽しく体重を増やす努力してみてください。

 

量を多く食べたあとに酵素摂取

【食事量が少ない人のための、量を多く食べる工夫】

 

あまり食欲が無い時に山盛りのどんぶり飯が出てきたりすると、見ただけで食欲が無くなり、結局多く残してしまうという経験は誰にでもあると思います。視覚による満腹感なのでしょうか。

 

だから私は量を多く食べようとする時は、お茶碗に少量ずつ(半分ずつ)入れて食べるようにしています。すると不思議と多く食べられるのです。

これはわんこそばと回転ずしにもいえることです。わんこそばも、一口ずつ入れてくれるから知らない間にそば3杯分とか食べれるわけです。回転ずしもそうです。

1皿2個ずつのっかっているものを、あまり食欲がなくても8~9皿くらいはペロリとたいらげてしまうものです。でもよくよく考えてみると、8皿~9皿といったら、どんぶり飯山盛りくらいになるのではないでしょうか。

 

私が学生だった頃、学校ではよく噛んで食べるようにと先生から指導され、1回口に入れたら30回は噛みましょう・・・なんて言われてやっていたのですが、よく噛んで食べると量は多くは食べれなくなってしまうのです。

時間をかけてゆっくり食べるというのも、量は多く食べれません。

 

よって早く食べたほうが量は多く食べれるのですが、消化不良をおこす可能性が出てきます。

そんな時によいのが、食物酵素を多く含んだ食べ物を一緒に食べるのです。

そうすると、不思議と胃腸にあまり負担がかかりません。大根おろしやキャベツ・とろろなどは非常によいのです。

 

しかし1日あまり運動もせず多く食べるのはよくないです。ただ太るのではなく健康的に太るためには、やはり運動はかかせません。ほどよい運動をしてから、本当にお腹がすいた時に、一気に食べるのがよいでしょう。

 

目次へ戻る

胃腸にやさしい食事で太る方法

胃は食道から送られてきた食べ物を一時的に貯蔵するとともに、蠕動運動や分節運動によってまだ固形状の食べ物を胃液(pH1~2ほどの強酸性)とともに消化させ、粥状の状態にして、幽門から十二指腸へ送り出します。

 

やせすぎている方の場合、胃下垂などでその胃の蠕動運動が低下している方の割合が多いため、食物酵素を多めに摂取し、消化をサポートしてあげるのは大変よいわけです。

 

消化吸収を助け胃を丈夫にするには『山芋』がよい

消化を助けてくれる山芋は、胃腸が弱い方・胃下垂・下痢をしやすい方には超おすすめ!!

 

山芋は漢方薬では山薬(サンヤク)と呼ばれ、胃腸を丈夫にし、虚弱体質の人・気力のない人には大変よい滋養強壮作用がある生薬とされています。また山芋はアミラーゼというデンプンを分解する酵素が多く含まれているため、とろろにしてご飯や麺類にかけて食べると消化を助けてくれるので、胃腸には大変よいのです。

 

また山芋のネバネバには、ムチンというたんぱく質の吸収力を高める成分が含まれています。胃腸以外にも、糖尿病・せき・冷え性等にも有効とされています。とろろにして、生卵、味噌(もしくは麺つゆでもOK)を混ぜて、食べてみてください。おいしいですよ。

太りたい人は、もう毎日でもとろろを食べられることをおすすめします。

夏バテもしなくなり、元気になりますよ!

 

参考

消化のよい食べ物と、消化に悪い食べ物(胃腸が特に弱っている方)

消化によい食品

ごはん・おかゆ・食パン・うどん・素麺・豆腐・じゃがいも・かぼちゃ・鶏(ささみ)・白身魚・ハンペンなど

 

胃腸が弱っているときは避けたほうがよい食品

肉類(肉加工品)・食物繊維の多い野菜・タコ・イカ・貝類・コンニャク・海藻類・乳製品など

 

消化吸収率の高い豆腐を食べよう

豆腐の消化は極めて高いもので、その吸収率は92~98%といわれています。

 

いくら肉を食べたにせよ、胃腸が弱い体質の人は消化吸収率が悪いので吸収されません。

 しかしこの豆腐なら超バツグンに消化がよいのです。

 

もともと生の大豆には『酵素抑制物質』も入っているので消化が悪いのですが、これが豆腐になると一転して最高中の最高のプロテインに変化します。 

 

木綿豆腐は、絹ごし豆腐よりもタンパク質・鉄分・カルシウムが多く、絹ごし豆腐は木綿豆腐よりもビタミンが多く含まれますので、その時の料理によって使い分けるのがよいでしょう。

若い人はどうしても豆腐は好んで食べない傾向にありますが、麻婆豆腐・豆腐ステーキ・みそ汁の具・湯どうふとかだったら割と食べられるのではないでしょうか。

おすすめは、ズッシリと重く、大豆を多く使ってつくってある豆腐専門店の豆腐です。

 

そして健康的に太りたい方は、一緒にアミラーゼとプロテアーゼの食物酵素を一緒に摂ってください。

消化吸収率が高い豆腐を食べ、さらに酵素でごはんやその他おかずの消化吸収を高めてあげます。

よく下痢をする体質の方に食べて欲しい『ウメ』

下痢がひどいようならば色んな病気の可能性もありますので、基本はお医者さんに相談することです。

定期健診をしてどこにも異常がなく、慢性的に下痢をしやすい方は、今日ご紹介するウメを食べるようにしてみてください。

 

骨格の歪みの影響で下痢をしやすいパターンもありますが、台所や冷蔵庫が不衛生で、多少古いものでも食べているので下痢をする方もいます。また、乳糖不耐症(乳糖を腸で分解する酵素=ラクターゼが少ないため、乳製品を摂取すると下痢をする体質)で乳製品が合わない方もいます。だからまずは下痢になってしまう根本原因をつきとめることが大切です。

 

そしてこのウメ(梅干でもいいですが、塩分には注意)を食べるようにしてみることです。

それはウメが昔から下痢には非常によいと言い伝えられてるからです。

おばあちゃんと同居している家庭では、お腹が痛い時や下痢をした時など、『ほら、これを飲みなさい^^;』と、おばあちゃんから梅肉エキスや梅干を食べさせてもらった経験があるはずです。私も腹痛の時、ばあちゃんからよく飲ませてもらってました。慢性の下痢ばかりでなく、細菌性の下痢にもよく効くといわれています。また食中毒の予防・胃腸の機能低下改善・疲労回復にもいいです。

 

だから下痢をしやすい人は、食事時に梅干しを1個食べるか梅肉エキスを飲むようにするといいでしょう。

胃の機能がよくないので太れない人の消化吸収を改善させるには大根がよい

大根は、消化をよくする酵素を豊富に含んだ代表選手

 

古代中国では『食治』という考え方があり、『食して治す』・・・つまり食べ物を使った治療法を指しています。

現代では『医食同源・・・病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え』とかよく聞きますが、痩せている人にとって、食治になるようなもの、病気を予防するもの、体重を増やす努力をする際に適した食材を、これからもどんどんご紹介してゆきます。

今回は『大根』です。

 

昔から日本の食卓や弁当のおにぎりにはたくあんが添えられていますが、これは非常に理にかなっているんですね。

この大根には、リグニン(食物繊維)が胃の機能を回復させ、デンプンを分解する酵素のジアスターゼ、蛋白質を分解する酵素のセテラーゼが豊富に含まれていますので、消化吸収をよくする働きがあります。

 

また、辛味を感じる成分・イソチオシアネートが、食欲を増進させるのに大変よいとされています。だから食欲不振・胃がもたれる(もたれやすい)・二日酔いの時には最適です。

 

但し、熱を加えると酵素は破壊されてしまいますので、健胃を考えるならば、必ず『生』で食べることです。ただ大根は体を冷やす作用がありますので、体の冷えやすい人の食べすぎには注意したほうがいいでしょう。

大根の栄養成分ですが、

大根の白い部分(根)・・・・ビタミンB1・B2・C、食物繊維、カリウム、亜鉛

大根の葉・・・・・ビタミンB1・B2・C、β-カロチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維

・・・などが含まれています。

 

だから野菜ジュースを作る場合、大根の葉っぱのほうも栄養満点ですので、これを捨てるともったいないです。

お魚料理に限らず、お肉を食べるときも大根おろしで食べると胃がもたれにくくなるでしょう^^;。食事のとき酵素摂取を心がけると、消化をよくするばかりでなく『体内酵素の浪費』を抑えますので、自然治癒力の働きが活発になります。

虚弱体質の方や太れない人にとって、強力な助っ人・・・それが大根です!

 

刺身のつまも食べて酵素補給

スーパーから買ってきた刺身や居酒屋などの刺身の盛り合わせには、刺身のつま(主に大根)がついてきますが、皆さんこれを食べてらっしゃいますか?

 

刺身のつまを食べない人は全く食べないようですが、出来ればこれを少しでも多く食べて欲しいですね。

生の大根には、強力な消化酵素(ジアスターゼ)が含まれておりますので、消化を助け、胃腸への負担を減らしてくれます。

これまであまりこれを食べなかった方は、刺身と一緒に醤油につけて食べましょうね!

 

また以前NHKで大根おろしのことをやってましたが、辛い大根おろしが食べたい場合は、大根を皮ごとすりおろしたほうがいいみたいですね。

大根の皮に近い部分に、辛さを作り出す酵素が多く含まれているそうです。

それも大根の根っこに行けば行くほど、辛味成分が多いようです。

 

大根おろしは、夏目漱石『吾輩は猫である』にも、『胃に効く薬』として出てくるそうです。

とにかく最短で太りたい方は、魚や肉を食べるときも大根おろしを添えて食べるようにいたしましょう。

胃壁を丈夫にするにはキャベツがよい

胃壁は内側から、粘膜・粘膜筋板・粘膜下層・粘膜固有筋層・漿膜で構成されています。

これら胃壁を保護し、胃潰瘍を予防する食べ物には次のものがあります。

 

キャベツ・レタス・セロリ・アスパラガス

 

特にキャベツは、胃薬【キャベジン】でも知られていますので割と有名ですが、これらにはビタミンUが含まれていて、胃の粘膜の新陳代謝を活発にしてくれるのです。

だから胃腸が弱い痩せている方には、野菜サラダにはなるだけこの4つを太るための健康法として取り入れるようにするといいでしょう。 

 

☆ コーヒーやタバコ・お酒をよくお飲みになり、それが原因で胃酸過多気味の方には、ビタミンUを含む食べ物は特におすすめいたします。

 

胃腸が弱い人の胃壁や腸壁のただれを修復する天然の胃薬『キャベツ』

 

キャベツは胃腸が弱い痩せすぎの人にとって、最高に胃の調子をよくしてくれる野菜です。

キャベツの郷里はヨーロッパ地中海域で、なんと2500年前から栽培されていたそうです。

よって世界最古の野菜のひとつとされています。日本には18世紀ごろ、オランダ人によって長崎に伝えられました。

 

そんなキャベツといえば、とんかつ屋です。とんかつのある有名店で、酸化していない新鮮なラードで揚げるとんかつを食べましたが、これが絶品でした。そしてその横に添えられているキャベツを食べることにより、胃もたれがしないんですね。

 

それはキャベツの酵素、ジアスターゼ(大根よりも多い)・ペプシン・トリプシン・バーオキシターゼの働きと、ビタミンUとKが含まれ、消化吸収を助けるからです。

 

ビタミンUは、胃や十二指腸の潰瘍を治すビタミンとして知られ、また胃壁や腸壁のただれも修復する作用があります。

よって胃腸が弱い人にとっては、天然の胃薬というくらい胃を修復・保護してくれる有り難い野菜なのです。

ただこれらの酵素やビタミンUも熱に弱いんですね。だからキャベツの千切りなどは、生で食べないと駄目です。

 

美食家は『キャベツは甘みが最も強い、外側から8枚目までを食べるに限る』とかいいますが、実際に外側の葉のほうがビタミンが多く含まれています。

キャベツには『ビタミンC』が特に多く含まれていますので、これを毎日1枚食べれば、1日に必要なビタミンCの70~80%は摂取できます。

これまで胃薬ばかり飲んできた方は、毎日キャベツを食べれば胃薬がいらなくなるくらい胃腸の調子を整えてくれます。

だから胃腸の弱い方は、毎日キャベツを食べられることをおすすめいたします!

 

目次へ戻る

 

トータル的な改善は、人によって時間を要する

最近はさすがに、『酵素を飲んだら1か月に何キロ太りますかね?』という質問はなくなりましたが、やはりどうしても『楽しててっとり早く太りたい』と考えてらっしゃる方は減りません。

 

そりゃあ、そんな方法があれば、とっくの昔に紹介してますよ。

やせた人を太らせるのがどれほど難しいか、過去に何人か研究していた先生は知っていますが、実際にやってみると最終的にはお手上げだったのではないでしょうか。

 

太れないのも様々なレベルがあり、痩せ型はすべて同じではないんです。

食べ物の好き嫌いも人によって違いますし、環境も違えば、骨格の歪み方も違います。

 

『運動してプロテイン飲んだら太った』『食物酵素を利用した食事法をして太った』・・・・このような方は、まだまだ初級レベルなんです。

 

当ホームページへいらっしゃる方は、ほとんどの方がエグゼクティブでVIPな方なので(笑)、そんな簡単には太らない方も多いです(笑)

どっかのダイエットの会社と違ってやらせなどしていないので、太る特待生も簡単には太りません。

しかしここに真実があるのです。

 

今日は、何故時間を要するのか、少しつっこんでお話してみたいと思います。

 

まず最初に、以下の『消化吸収の流れと酵素』と、ハウエル博士が発表した要約と結論/私が発表した要約と結論をお読みください。

 

消化吸収の流れと酵素

 

口腔・・・・唾液の分解酵素(アミラーゼ)→炭水化物

胃・・・・塩酸+消化酵素(ペプシン)→蛋白質→ポリペプチドに(アミノ酸が多数つながったもの)

十二指腸・・・・膵液(アミラーゼ・リパーゼ・トリプシノーゲン・キモトリプシノーゲン・カルボキシペプチダーゼなど様々な消化酵素)と胆汁(脂肪を乳化し、膵液のリパーゼで分解)によって消化

小腸・・・・腸液(オリゴペプチターゼ等)→糖質・蛋白質を消化→微絨毛の表面(デキストリナーゼ・マルターゼ・スクラーゼ・ラクターゼ・オリゴペプチターゼ)・・・ここで吸収

↓            ↓

門脈        食物の残り

↓            ↓

肝臓          大腸

 

 

酵素栄養学の権威 ハウエル博士の要約と結論

1. 体の酵素製造能力には限りがある

2. 食物をすべて生で食べる野生動物・原始的エスキモーには病気はないが、様々な病気にかかる現代人は加熱調理によって、食物酵素のない食物ばかり食べている

3. よって限りある酵素製造能力の中で、余計に消化酵素をつくって分泌しなければならない分、代謝酵素が少ししか作れなくなる

4. 代謝酵素の中には、病気を防いだり、治したりする酵素もある

5. 心臓病・ガン・糖尿病患者の血液中の酵素のレベルは低い

6. 酵素を分泌する人間の膵臓は肥大化しているし、脳が小さい

7. 食物酵素を十分に摂れば、様々な慢性病にめざましい効果がある。

 

これらを鑑みての、私(堤 富次郎)の要約と結論

1. 痩せた人は歯が悪い・噛みあわせが悪い人が多い。よって咀嚼力が低下し、余計に消化酵素を分泌しなければならない。よって体に負担がかかっている。

 

2. 歯の噛みあわせから下顎骨が歪み、ここから頭蓋骨や頚椎1・2番が歪み、そこから全身の歪みへと発展し、身体の各臓器に連結する神経伝達異常・血管圧迫による血液循環異常・内臓機能低下・自然治癒力低下へと発展する。

 

3. 2より、自律神経失調症気味となり、体調不良・なんとなく調子がよくない・胃腸が悪い・頭痛がするという様々な不定愁訴から、性格はどちらかというと内向的、人と距離を置きたがるようになり、特に女性は運動なども積極的にやろうとはしなくなる。

また、痩せているというコンプレックスから、水泳をやらない人が多い。

よって猫背からさらに肩が巻き込んでくる。

 

4. よってこれらの悪循環の突破口に、まずは食物酵素摂取をすすめたら、胃腸の改善・慢性病の改善・下痢や病気をしなくなったなど、多くの方から効果があったとのお便りを頂いた。

 

5. その他、病院でリハビリにも利用されているストレッチ、運動不足解消、歯の治療など、トータル的な改善をすすめた生命力開発法にて多くの方が太り(ここでの太るとは、偏った痩せ型が標準体型に向かうことを指す)、太らなくても体調(病気をしなくなった)や顔色もよくなり、性格的にも明るく前向きになった人が非常に多い。

6. しかし4・5をやっても太らない人は、

ア)遺伝的なもの

イ)精神的なもの

ウ)ストレス

エ)複雑な骨格の歪み(捻れ)

オ)歯の噛みあわせ不良より、何度骨格矯正しても下顎がズレて悪循環が繰り返されるので、テンプレート療法などの治療などを行う必要がある場合もあり、上記イ~ウの改善には、環境的な改善も必要であり、エ~オの改善には確かな技術者を探す労力と、費用や時間を要する。

 

冒頭で述べましたように、

『運動してプロテイン飲んだら太った』『食物酵素を利用した食事法をして太った』という方と、私が説明しました5の内容が該当する方とは、難易度のレベルが違うわけです。

 

《・・なんで俺だけがこんなに悪いところばかりあって、苦労しなければならないんだろう^^;・・》

 

こんな思いに私もなりましたし、このように思えたらはじめて『当ホームページ公認・VIP会員』です(笑)

※こんな会員に誰もなりたくないと思いますが(笑)

 

だから、人によってすぐ太る方もいらっしゃれば、VIP会員の方のようにかなり時間や費用を要する方もいらっしゃいます。

私もこれまでにどれだけ医療費がかかったかわかりませんが、

 

1. 病気してから治療する医療費

2. 病気もしないように予防・改善にかかった費用

 

この両者をよく考えると、不健康のままだと『継続的に1の医療費はかかる』ものですが、2で一度根本原因が改善されれば『もう1の費用をほとんど払わなくてもよくなった』そして『健康』というお金ではかえられない財産を手に入れることとなります。

だから当ホームページが目指すのは、見かけだけ太るのではなく、姿勢がよくなり健康になることが主目的であり、その副産物として『痩せすぎが標準体型となること』なのです。

 

ここのところが理解できないと、努力していることはすぐに挫折してしまいます。

歯を治療し、骨格の歪みを直し、食物酵素を摂取し、程度な運動・十分な睡眠・ストレス軽減・心の傷の軽減など、ある程度継続してみても決して損はないと思います。

一生というスパンで考えれば、わずか数年の努力が、万病を予防し、仮に太らなくても『あの時努力したので、80過ぎても目がギラギラして仕方ないf^^;』

というくらい元気でいられたら、こんな幸せはないです。

だから体重に大きな変化がなくても、中途挫折せず、可能性を追求してみる価値は十分にあると思います。

トータル的な改善には、人によっては時間を要します。

 

目次へ戻る

炭水化物を食べて太る方法

体重を増やすには、炭水化物摂取が最重要

以前元横綱若乃花の花田勝さんがテレビで話されてらっしゃいましたが、夕食は炭水化物を一切摂らないそうです。

 

『夜炭水化物を摂ると、すぐにブクブク太るから(笑)』

 

私の経験上もそうですが、炭水化物を多く食べる食事法がやはり一番太ります。

(それもお腹が極限に空いた状態から食べると、さらに効果大です)

 

胃腸の調子が悪くお腹が空かないときは、1~2食(朝もしくは朝昼)食事を抜いていると、胃が十分に休まり、次第に体が栄養を欲求し始め、『腹へった~』となったときに食べるといいのです。

 

さらに効果的な方法は(おさらいになりますが)

運動をする+ストレッチで体の柔軟性を高めてあげる+食物酵素補給で消化吸収をよくする

 

・・を実施することで、食欲+消化吸収率up=体重が増えやすくなる

となります。

毎日スポーツで体を鍛え、食欲をupさせ、モリモリ食べて太れるようがんばってみられてはいかがでしょうか!

【炭水化物を多く食べよう】

以前テレビで、怪力日本一・砲丸投げの畑瀬選手が体重増加のために食べているものという内容のものをやってました。

 

そこで畑瀬選手は、

* いくら肉を食べても体重は増えない。

* 炭水化物をたくさん食べないと体重は増えない。

ということで、オムライス?(だったと思います)を1kgも食べてらっしゃいました。

 

『いくら肉を食べても体重は増えない』・・・・これは必死に体重を増やそうと肉を食べてきた人にしかわからないのですが、肉よりも米(炭水化物)をたくさん食べないと体重は増えないんですね。

だからこれまで体重を増やすために肉ばかり食べていた方は、これからは炭水化物を多めに食べるようにしましょう!

炭水化物を食べて、酵素消化吸収をよくしよう

元女子プロレスラーのダンプ松本さんは、新弟子時代、

 

☆ お金が無い(最初は給料をほとんどもらえない)

☆ だけど体を大きくしなければならない

 

という時、ご飯にバターと醤油をかけ、それを毎日食べて、体を大きくしたそうです。

私が若い頃はこの話を聞いて、『そんな蛋白質が少ないもので、体が大きくなるはずがない・・』

と頭から思ってました。ま、確かに栄養のバランス的にはよくないですが。

 

だけどダンプ松本さんが行った、

『お腹が空いた状態で、炭水化物を大量に食べる』

・・・この食事法は、ある意味最強の太る方法でもあるのです!

 

これはいろんなスポーツ選手が経験上述べていますが、『炭水化物を食べすぎると太る』という事で、

 

太りたくない場合は、炭水化物の摂取を制限する

体重を増やしたい場合は、炭水化物を多めに摂取する

 

これはアスリートの世界では、もう常識の話なのです。

よって太りたい人は、これを基本中の基本として、

 

1.とにかく『ご飯をたくさん食べる』

2.栄養のバランスをよく考えて食べる。

3.そしてその成功率(消化吸収率)を高めるため、酵素を摂取する。

 

これまで何度も説明してきましたが、この三つをつねに念頭におき、食事法を続けてみてください!

炭水化物の美味しいお米を食べ食欲を増進

太るための食事法を長年研究してきましたが、最近特に大切だと思うことがあります。それは、

 

『お米だけは、美味しいお米を買ってきて食べるべし』

です!

 

美味しいごはんは、確実に食欲を増進させます。反対に美味しくないお米は、確実に食欲が低下いたします。

太るために酵素やプロテイン、ビール酵母がよいとか考える前に、最も大切なことは、

 

『いかに炭水化物を多く食べられるか』

 

が一番重要なことだと思います。

腹減った~という状態で、美味しいごはんをたくさん食べてから、酵素や酵母を摂取する。 

こうすることで、太る確率はUPしてゆきます。

 

更にもっと徹底してこだわるならば、『ご飯は、できたてホヤホヤの、極限に美味しい瞬間に食べる』です!

こういう小さな積み重ねが食欲をUPさせ、太る確率もUPしてゆきます。

太るためには、お米だけは奮発して、美味しいお米を購入しましょう(笑)

 

おいしい米で食欲UP

これは以前テレビでやってましたが、ある小学校では誰も給食を残さないそうです。

その理由は、お米が物凄く美味しいからだそうです。

そういえば、まずい米では食欲は落ち、美味しいお米だと確実に食欲はアップしますよね。

太りたい方は、まずは美味しいお米を食べることが基本かもですね!

消化が早い炭水化物の餅

一年のうちで、日本国民が全体的に一番太りやすい時期があります。それは正月なのです。

正月太りという言葉もあるくらいなのですが、これは『お餅』と『お昼寝』が大きく関わっています。

 

お餅というのは、ご飯の半分以下のスピードで消化する(つまり消化が物凄く早い)といわれていますが、胃に負担があまりかからないのです。また、この餅を食べながらテレビを見て『精神的リラックス状態』で定期的に『お昼寝』ばかりするので『太る』のです。

 

太っている人は、この餅を食べてゴロゴロしながら寝るは100発100中、恐ろしいくらいに太ります(笑)

痩せた人にも、消化が早い餅を食べるのは有効なのです。

 

しかしこれはあくまで、骨格の歪み・身体の酵素不足がある程度解消されている人が抜群の効果を発揮するのであって、歪みがはげしい人にはそれほど効き目はでないと思います。

 

よくボディビルをして一時的に太った人が、ボディビルをやめたらみるみる元のガリに戻ってしまったという方がいらっしゃいますが、これは骨格が歪んだままの状態(特に上部頸椎・骨盤の歪みが問題)だからです。 

 

積み木をするのもそうですが、土台が傾いていると上にはあまりたくさんの積み木はのらずに倒れるはずです。

人間の場合も、土台(骨盤)が傾いていると、『これ以上の重さは耐えられないよ』と肉体が『あなたにはもうこれ以上は無理ですよ^^;』といっているのです。(この積み木・土台の話はあくまで例え話であって、人間の場合はもっと複雑な問題が関わっているのですが。)

根本的な問題・・・土台(骨盤)と柱(脚・大腰筋)が安定していると大きな家が建てられますが、ここが不安定だと一時的に自己防衛反応としてついた筋肉は、元通りになってしまうというわけです。

スポーツジムに通い、苦しい思いをしてバーベルを持ち上げ、プロテインを飲んでやっと太り、また元通りになって結局何も変わらなかった・・・。こんな損なことってないですよね^^;。やせてる人でこういう遠回り人生している人って、多いんですよね。

 

話は戻り、消化吸収がよいお餅は、正月に限らず食べましょう。

お雑煮や焼餅、納豆餅やきなこ餅など、美味しく食べて太りましょう!

 

目次へ戻る

酵素摂取でやせすぎ・体重不足改善率91%(太りたい人必見)

やせすぎ改善実績の資料

ここに貴重な資料(食物酵素学の世界的パイオニア・ハウエル博士の『キラーフード』の第8章より)がありますが、カルフォルニア州のサンサム博士(カルフォルニアの臨床医で、酵素治療によるアレルギーの研究者。

 

1932年に『消化不良、体重不足とアレルギー疾患に対する消化物質』の論文を出している)が、やせすぎ・体重不足の人に酵素摂取をさせたところ、197件/改善率91%の驚異的な数字が残されています。

 

サンサム博士のレポートで、

 

酵素摂取によって、標準体重以下の人は体重が増えてくる。消化酵素が不足していれば、食べ物の吸収も悪いので、この体重の増加は当たり前のこと』と綴られていますが、明らかに食物酵素が少ない食生活や、お酒・タバコをよく飲まれる方、ストレスの多い方の場合、大体半年から1年(これは若い人の場合)続けて酵素摂取されることをおすすめしています。

 

ストレッチとかはあまりせず、酵素だけで1か月に6キロ太った方もいらっしゃいましたが、そんな方は余程体内酵素が不足されていたのか、胃腸の調子もよくなられたみたいです^^;。

何かと体重を増やす努力をサボリがちな方・胃腸が弱く太れない方は、酵素摂取だけでも是非続けてみてください^^;。

体内の酵素が不足するとなぜ問題なのか

体内の酵素(潜在酵素)とは乾電池と同じで、使えば使うだけ減少してしまい、増えることはないのです。

 

この体内の酵素が無くなると、人間は死んでしまいます。だから、これまで極度のストレス・タバコ・酒や、加工食品や加熱処理をしているものばかり食べていた場合、体内の酵素を大量にロスし、寿命を縮めていたことになります。

 

この酵素は年齢とともに減り、働きが悪くなるので、新陳代謝が悪くなり、ドロドロ血・免疫力の低下をひきおこし、老化を早めることになります。

以前もお話ししましたように、体内酵素は大工さんと同じで、材料・・・木材・瓦・セメント・サッシ・ガラス(=炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル)があっても、大工さん(=酵素)がいないと、何の役にもたたないのです。

この体内の酵素(潜在酵素)から、消化酵素と代謝酵素がつくられています。

 

消化酵素・・・食べ物を分解する役目をする

代謝酵素・・・体の色んな働きに必要=代謝活動・・・新しい細胞をつくり、古い細胞と入れ替える・筋肉をつくり、骨をつくり、免疫力を高め、病気とたたかうために必要

 

 

『酵素不足は栄養を運べない、栄養を吸収できない』

 

いくらたんぱく質を大量に摂取しても、体内の酵素が不足し、酵素の働きが悪くなると、ほとんど栄養を吸収できていないということになります。ドロドロ血も、全身の細胞に栄養や酸素が運べず、老廃物が体外へ出ていかない状態で、これらも酵素不足が関わっています。

だからこの体内酵素を補うには、食物酵素を摂取し、体内酵素のロスをおさえ、消化活動・代謝活動をサポートさせると身体は元気になるのです。

 

歯が悪い人は、体が弱い・内臓が弱い人が多く、これを『歯と酵素』という観点からみると次のようなことが考えられます。

歯が悪い → 体の酵素製造能力には一定の限度があり、咀嚼がうまく行われないので、消化の段階で体は『消化酵素』を多量に分泌しなければならず、その分『代謝酵素』として働けなくなるので、『栄養の吸収』の段階で、酵素が不足し働いておらず、『吸収率の低下をまねいている』といえます。

 

また、からだの機能にトラブルがおき、病気になりやすい。毎日これが続くので、病気も治りにくい状態といえます。よって歯が悪い人ほど、食物酵素を多めに摂取してあげたほうがよいのです。すると食物酵素が消化を助け、消化酵素の分泌をおさえ、代謝酵素が十分に働けるようになるのです。

 

また、潜在酵素を全面的に助けてくれるので、体の調子がよくなるのです。

体質改善や太るためには、これら酵素の働きを知っているか知っていないかで、天と地との差があります。太りたい方は、日々の積極的な酵素摂取をおすすめします。

『断食をすると万病が治る』という話を聞いたことはないでしょうか

動物も、体調が悪いときは一切何も食べないでじっとしているそうですが、それはある意味、本能で『食べないでいると治ることを知っている』のかもしれません。

 

断食のメリットのひとつは『内臓を休ませる』ということです。各臓器は365日休むことなく働いています。これを一時的に休養させ、回復させるのです。もうひとつ、最大のメリットが体内の『代謝酵素』が大活躍することなのです。食物が体内に入らない分、『消化酵素』をつくる必要がなくなるので、その分『代謝酵素』がたくさんつくれるのです。

 

この代謝酵素が、免疫力や代謝を高め、体の病んだ部分の修復・細胞の再生・老廃物の排泄・血液の浄化作用など、人間が持っている『自然治癒力』が活性化するのです。

 

私も断食は有効であると思うひとりですが、断食をさせない理由のひとつに、体調が悪かった人ほど強い『好転反応』があらわれることが多いのです。症状として、強い吐き気や強いめまいがあるのです。これは断食をして体調がよくなった人に聞いてみれば、多くの人がそのような経験を話すはずです。この好転反応を通り過ぎれば体はすごく楽になるのですが、好転反応に理解の無いほとんどの人が『余計に具合が悪くなった』というクレームがくることが目に見えるからです。

 

そして痩せた人には、無理なく体を回復させてゆく『食物酵素を利用した食事法』をつくったわけです。

 

ポイントとして、

1. 最初の数日間は、1日長時間内臓を休ませ、代謝酵素を活性化させる。

2. その後は、今までよりも1食抜いて、内臓を休ませ、代謝酵素を活性化させる。

3. さらに、生もの・発酵食品など『酵素』があるものを摂取する。

 

効く人にはこれだけで抜群に効いており、『体調がよくなりました』というお便りがきます。今まで食欲がなかったり、胃腸の調子が良くなかった人が『腹へったー』となるのです。

 

私は長年体重を増やす方法の研究し、無理して何食も食べる人、酵素があるものを食べていない人が非常に多いことに気付きました。

これが消化吸収面や、自然治癒力を鈍らせている最大の悪循環だったのです。

 

酵素栄養学の権威であるハウエル博士も『断食と生食療法は同じレール』と述べられており、生食療法(酵素摂取)で多くの患者が治癒しているのです。また『ガンの食事療法』で世界的に有名な、多くのガン患者を完治させたマックス・ゲルソン医師も、『食物の70%以上は生で食べるように』と勧め、これを病気治療の基本としています。

 

酵素を摂取することは、消化を良くさせ内臓への負担を軽減させる作用・代謝酵素が十分に働けるようにして、自然治癒力を活性化させる作用、この2つが『断食するよりも体重を増やすには好ましい』として、私は勧めています。

太るには歯がボロボロでも駄目ですし、骨格が歪んでいても駄目です。

 

そして酵素が不足していても駄目です。だから歯を治し、骨格の歪みはストレッチ(自分で行う骨格矯正の本を買ってきてしてみてもいいです)をして、酵素をたくさん摂取する。この3つを改善するように努力することが、最強であり、最短の太る方法であると確信しています。

よくあるご質問『酵素を飲んで太りますか?』へのご回答

今日は、よくあるご質問、

 

『酵素を飲んで太れますか?』

・・についてご回答させて頂きます。

弊社酵素サプリメントは研究を重ね、これまでに7回バージョンアップし、やせすぎ体質によい酵母・原材料をバランスよく配合し、製造しております。

よってやせ型体質の方に大変よいことは、これまで何をやっても何十年も太れなかった方々が太られた実績がございますのでおすすめしておりますが、太れない原因が、

 

※ 骨格の歪みがひどい場合 

※ 歯の噛み合わせに問題がある場合(歯が抜けたままの状態が一番よくないです) 

※ 先祖代々痩せ型体型であり、遺伝的に太れない場合 (この場合は筋トレで体格をよくするしか方法はございません)

 

このような場合には、酵素を摂取しても簡単には太れません。 

よってストレッチや水泳等を行いながら、歯の治療(歯が悪い場合)や酵素摂取を続けられること をおすすめいたします。 

※ 上部頚椎に歪みがありますと、ストレッチだけでは治りにくいので、その場合はカイロプラクティック等で矯正されることをおすすめいたします。

 

目次へ戻る

運動不足を解消し身体を鍛えて1か月で太る方法

1か月で太るメニュー

『恥ずかしい思いをしたくないから、とにかく1か月で体重を増やす方法ありませんかねf^^;?もちろん、無理なことでもなんでもしますのでf^^;・・』

 

このような方ってたまにいらっしゃるんですよね(笑)

そんなに急いで太りたい理由は聞かなくても手にとるようにわかります(笑)

 

やせた人が太るには最低半年間はかかりますが、もし本当に死に物狂いでがんばるのであれば、私は次のメニューを用意します(笑)

 

1. 朝・晩のストレッチ

2. 水泳のクロール4時間(2時間を十分な休憩を挟んで1日2回)

3. バランスのよい食事をお腹いっぱいに食べる+酵素摂取

☆ 運動をしたあとは、蛋白質をきちんと摂取すること。なぜなら蛋白質は筋肉をつくる主原料だからです。身体をつくる蛋白質食品(魚・肉・豆腐・卵など)

4. 十分な睡眠(8時間以上)

最も付加エネルギー消費量の多い水泳(中でもクロールは様々なスポーツの中でもエネルギー消費量はダントツ)を1日4時間も泳げば、極限の空腹感が襲ってきます。

これくらいがんばれば、ある程度身長があり、体力がある男性でしたら1か月で3~4キロは効果がでてくる可能性はあると思いますよ(笑)

 

ちなみにクロールのエネルギー消費量は、

 

歩行の約10倍

バレーボール(9人制)の約9倍

エアロビックの約5.2倍

登山・柔道・剣道の約3.3倍

平泳ぎの約2倍

 

と、非常に効率よくエネルギーを消費します。

私も学生の頃は4時間くらい泳いだことがありますが、その後の食欲はカレーをお替り5回とか凄まじいものがありました。

☆ ただその頃は、消化吸収率の重要性に気付いていませんでしたので、太れませんでした。たくさん食べた後は、食物酵素を必ず摂取することをおすすめします。

 

《・・何が何でもf^^;・・》というちょっとスペシャルな方は、是非1か月間がんばってみてください(笑) 

 

(参考)

毎日どの時間に体重を測ればよいかは、主に①起床時・就寝前、②運動前・運動後、③食事前・食事後のどれかです。例えばアスリートの場合、②で測定することにより、消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスがとれているかを、それで評価したりしてますが、一般人の場合はそこまで気にしなくてもいいでしょう。

体重UPの成功確率を高めるには、やはり身体を鍛えること

ホームページをスタートして、色んな人の成功談・失敗談・カウンセリングなどを通じて、はっきりわかったことがいくつかあります。それは、

 

1. やせ型は圧倒的に猫背が多い。(骨格が歪んでいる)

2. 歯が悪い人(噛み合わせが悪い人)が多い。

3. 食べ物の好き嫌いが激しい人が多い。

4. ほとんど全員胃腸は弱い。胃下垂の人も多い。

5. 増量に成功している人は、やっぱり身体を鍛えている。

レジスタンストレーニングがおすすめ

6. 年齢が高いほど、太りにくい(50歳以上からが時間がかかる)

7. 女性のほうが太りにくい。

 

これらの解決策としまして、

 

1. まずは悪影響を与えている、虫歯・骨格の歪み・食事(インスタント食品など)を取り除く。

2. それと平行して、身体を鍛える。『エネルギーを出来る限り燃焼させて、効果的な食事法で食べる』

3. 食物酵素を利用し、消化を吸収をよくして体重アップの努力をする。

が成功の秘訣です。

 

体格をよくするためにおすすめのスポーツ(競技)

野球・ソフトボール・ハンドボール・水泳・ウエイトリフティング・体操・空手・柔道・レスリング・ボート・カヌー・アメリカンフットボール・ラグビー

運動しないと体は硬くなり、太りにくい

名球会の方が久しぶりに行った試合をテレビで見てましたが、元投手は早い球が投げられない元三冠王の打者も、見ちゃいられないほどの柔軟性を欠いたスイングで、

 

《・・体って、動かさなくなると本当に硬くなるもんだなあ・・》・・と、つくづく思いましたね。。

 

元野球選手でさえそうですから、一般人の場合はもっともっと硬くなります。

結局筋肉が、縮んで硬くなってくるんですよね。

 

その状態を【筋拘縮】といいます。そして歳をとればとるほど、一度縮んでしまった筋肉は軟らかくなりにくいのです。 

 

以前『若ければ若いほど体質改善に成功する確率が高い』ことをお話しましたが、この筋拘縮との関連性は、間違いなくありますね。

筋肉が縮んで硬くなっていると、血流は悪くなり、いいことは何ひとつもないのです。 

よって40代50代になってきますと、筋肉の柔軟性を取り戻すことも難しくなり、よって太りにくいということになります。

でも諦めずに、コツコツ運動やストレッチを継続させることにより、筋肉は使えば使うほど、徐々に軟らかくなってきます。

体が硬く、運動不足の方は、まずは体を動かし、筋肉の柔軟性を取り戻すことが、第一の課題ではないかなと思います。

運動不足の人はラジオ体操(テレビ体操)をしよう!

学生の頃、誰もが学校で教わった体操があります。それはラジオ体操です。

普段運動を全くしていないガリガリさんは、せめてラジオ体操(テレビ体操)を『1日最低2回』しましょう。

 

学生の頃は誰もが、『こんなの、やってられっかよ』『面倒くさいなぁ・・』と嫌々ながらやっていたラジオ体操ですが、普段全く身体を動かしていないのであれば、やらないよりは絶対にやったほうがよいです。

 

そもそもラジオ体操は、アメリカの生命保険が病気や死亡率を低下させる(保険金の支払いを少なくする)ために普及させたのが始まりだと云われています。

 

最新のスポーツ医学では、決して合理的とは言えない体操も含まれているとされるラジオ体操ですが、それでも極めて有効な体操であることは間違いなく、全く運動をしていないよりは『体操しているほうが、身体の調子は良くなる』ということです。

当ホームページでは、ストレッチ+大腰筋運動を『体質改善法』して位置付け、ラジオ体操は『効率よい、短時間の全身運動』『最低限の運動』と考えます。

 

だからどんなに忙しいビジネスマン・受験をひかえた学生でも、最低限これらのことをしていればよいのです。この冬の寒い時期、身体を動かさなくなってしまいがちです。おそらく『やるのならば、徹底的にやる』が『やらないのなら、全くしない』となっているのではないでしょうか。それじゃあ、駄目なのです。

 

なんでもそうですが、『完璧に1か月やったけど、長続きせずにその後全くしなくなる』よりは、『完璧を100%とするならば、30~70%の努力を1年継続している』ほうがよいのです。童話『アリとギリギリス』でもそうですが、『短期決戦中途挫折型』より『長期決戦継続型』のコツコツ型がよいのです。

 

コタツに入り『わかっちゃいるんだけど、面倒くさいんだよなぁ~^^;』というガリガリさんも、毎日歯を磨くのと同じように、最低限『ストレッチ+大腰筋運動+ラジオ(テレビ)体操』だけは、最低限するようにしましょう。

朝にラジオ体操第1をしたならば、夕方にはラジオ体操第2(第1より、運動量がややハードな体操)をするようにしましょう。ラジオ体操のやり方を忘れた方は、NHKでも毎日テレビ体操を放送していますので、ビデオに録画して毎日するように心がけましょう。

 

【テレビ体操】

平日は毎日3回、NHKでテレビ体操をやっていますが、あまり外に出ることもなく運動不足の方は、毎日これを朝・晩やるだけでもいい運動になると思いますよ。

このテレビ体操はストレッチ効果もあります

木曜の午後からはリズム体操でしたが、わずか5分間の体操だけでもストレス解消になります。

この時間お仕事などで見れない場合は、ビデオで録画し、朝・晩テレビの前で行うといいでしょう。 

 

☆ このテレビ体操とストレッチを一緒に行うことにより、筋肉の拘縮改善・柔軟性の向上・休止血管になっている毛細血管の活性化や、血流改善などに効果的です。

運動不足になってらっしゃる方は、是非毎日続けられることをおすすめいたします。

 

目次へ戻る

最短で体重増加させるための食事方法

健康的に体重増加させるならば、発酵食品を中心とした和食がよい

粗食のすすめ』という本があります。私はまだ読んでいませんが、本の紹介文などを見ると、

 

☆ご飯を主食として食べる。

☆発酵食品を毎日食べる。

☆肉食を減らし、動物性食品は魚介類・卵程度にする。

なども書いてあるようです。

 

目次だけを見ると、これは私が推奨している粗食のよさを集約してある本ではないかと思います。今度私も購入してみたいと思います。私が考えますに、歴史的に欧米人は狩猟民族(肉食文化)であります。それに対し、日本人は農耕民族です。

私達のDNAは、何百年・何千年という歳月をかけて農耕文化を築きあげ、内臓の作りもその食物に適した消化器系を持っているのです。欧米食をとるようになったのは、ごく近年のことなのです。

 

昔はアトピーなんて日本人には全くいなかったそうですが、そういう極端な食文化の変化が現代病をつくりだし、アレルギー反応があらわれるのは、

 

『農耕民族のDNAを持つ日本人が、急激な欧米食への変化に対し体が拒絶反応をおこしている状態』といえるでしょう。

さらに現代人は、ハンバーグを代表とした『軟らかい食物』を好んで食べる傾向があるので『顎が貧弱』になり『噛み砕く力』『歯』が弱くなっているのです。

そして歯や顎が弱いと『顎関節症』『頭蓋骨の歪み』へと発展し、それが頸椎の歪み→全身の骨格の歪み(ねじれ)→内臓機能の低下と大悪循環状態へ突入してしまいます。

 

だから私は安易に、軟らかい消化に良いものばかり摂りなさいとは言わないのです。胃腸が弱いからといって噛むことをおろそかにしていると、結果的に『健康的に体重増加させる』という最終目的には向かわないからです。

そういう意味からしても、日本人の体質に合った粗食(けっこう噛まないといけない食物も多く含まれる)は、最高の健康食といえます。

 

私がいっている『太る』とは肥満になるのではなく、ガリガリといった『偏りを中心に戻す』という主旨の『太る』です。

だからといって、ゆっくり時間をかけて体質改善をして太りましょうでもないのです。

あくまで『最短時間で太り、なおかつ健康的に体重を増やす』です。

そして見かけだけばかりではなく、心も健康的に太って(豊かになって)欲しいと思っています。 

(注)以前は粗食がよいですと解説してきましたが、粗食というとあまりにも質素な食事と勘違いさせる方が多いので(笑)、その後【発酵食品を中心とした栄養のバランスがよい和食がよいです】と表現を変えることにしました。

カスピ海ヨーグルトで腸内環境を改善

カスピ海ヨーグルトの種菌を株分けしてもらい、自分で発酵させて約1か月間食べてみましたが、これはかなり体調が良くなる感じがします。

カスピ海ヨーグルトをまだご存知じゃない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介しましょう。 

 

世界の長寿村で知られるグルジアのケダ村(カスピ海に近いコーカサス地方)では100歳以上のお年寄がみんな健康で、京都大学の家森教授がどんな食品を食べているのかを調査したところ、毎日この不思議なヨーグルトを食べていることがわかりました。 

 

私もテレビで見ていましたが、手も洗わず直接ヨーグルトに手をつっこんで作っている様子が放送されていました。

このカスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌(このヨーグルトの主要な乳酸菌)とグルコノバクター桿菌(クレモリス菌をサポートする酢酸菌の仲間)が生きている発酵食品です。手も洗わずに作っているくらいですから、かなり雑菌の多いところで勝ち抜いて生き残ってきた菌(善玉菌)なので、かなり生命力が強いと云われています。

だからこのような生命力の強い菌を食べ、栄養素を吸収する腸内環境を整えることは、大変よいことです。

 

 

作り方がいたって簡単です。

 

簡単!カスピ海ヨーグルトの作り方

1.『種菌』を手に入れます。(インターネットでも簡単に手に入れることが出来ます。)

2.衛生的に消毒・殺菌した容器に、種菌(牛乳の約1/10)と牛乳を入れます。

3.容器にキッチンペーパーやティッシュをかぶせ、輪ゴムをはめて蓋をします。

常温放置(20~30度)で発酵が始まります。(夏場で4~6時間、冬場で8~16時間が放置時間の目安です。)

スーパーで売られているヨーグルトよりも、固まり方がかなりゆるい感じで出来上がります。

4.出来上がったら、すぐ冷蔵庫で保存します。この時に、次回作る種菌(冷蔵庫で約3週間もちます。冷凍すれば約1年はもちます。)を別の容器に残しておきます。

5.1週間以内を目安に食べてしまいましょう。

6.また作る時は、残しておいた種菌1に対し牛乳10の割合で作りましょう。 

(注意!)出来上がりの頃、悪臭がしたり、表面が黄色くなっていたら、雑菌が入って発酵に失敗しています。雑菌が入らないように衛生的に気をつけることが大切です。

 

自宅でも簡単に作ることが出来ますので、経済的かつ、栄養面(たんぱく質・ビタミン・ミネラル)にも大変優れていますので、是非チャレンジしてみてください。

太るための食事法実行後の一時的な体重ダウンについて

たまに問合せで、『食事法を実行したら、逆に体重ダウンしたのですが、太るのですか!?』

 

『ストレッチ+運動を始めたら、体重が減っちゃいました。このまま増えることはないのでしょうか?!』

この問合せに今回お答えいたしましょう。

 

食事法やストレッチ・運動を始めて体重が減る方は、おそらく全体の10%くらいはいらっしゃると思います。

結論から申しますと、『心配しなくていい』です。

 

食事法にしろ、ストレッチやスポーツ、骨格矯正にせよ、あなたの身体の中では『一大革命』が始まっているわけです。 一時的に体重が減る現象を私は『好転反応』とみています。

好転反応とは、今後良くなるために身体の中で『アク出し』が始まるわけです。

例えば風邪でもそうです。ウイルスと戦うために(ウイルスにおかされないために)高熱を出しますが、これも一種の好転反応といえます。 

骨格矯正をして熱が出たり、疾患が一時的にひどくなったようになる場合がありますが、峠を越えると良くなってきます。これと同じようなものと思います。

 

体重増加させるための食事法の1日1食期間は、一時的に潜在酵素(身体に潜在している酵素)の消費量を減らし、潜在酵素が自然治癒力のほうに働けるようにするわけです。

 

これを極端に利用したのが『断食療法』です。しかし断食は、やせた人にはあまりにも体重ダウンするのでさせられませんが、私は3日くらい断食したほうが効くだろうとみています。

また、今まで脂肪分ばかり食べて『悪い身のつき方』をしていた人が『正常に戻った』という場合もあります。

 

考えてもごらんなさい、身体によいものを食べたり、骨格が正常の位置にもどったり、スポーツをして元気になり、身体が悪い方向にすすんでいると思いますか?

だから一時的な体重ダウンは、一切心配しないことです。心配性な方は、しばらく体重計は押入れにいれておいてください。

また体脂肪率がどうのこうのとかは、一切考えないことです。

 

一時的に体重ダウンしても『生命力は強くなってきている』と考えてください。これを木に例えれば、太陽にあたらなかった木が太陽にあたりはじめたのです。そして今後大きな木になるために、根元の軌道修正を始めます。これと同じようなものだと思うことです。

 

ひとつだけ気になることといえば料理についてですが、やはり味付けが下手だと、食欲は減退します。

だから料理には工夫することです。一口食べたらまずくて食欲が減退したということであれば、これは問題です。だから料理が上手になることも大切です。

やせすぎの人が太るには、最低半年はかかると思ってください。

 

人によってはかなり長くかかるでしょう。若い人ほど早く結果が出ますが、歳をとればとるほど時間がかかります。木でも一緒です。

まだ短くて若い木は、(太陽があたらなかったのがあたるようになって)根元からの軌道修正がはやく出来ますが、歳とった木は時間がかかります。またスピードもおそいです。

また若い木だからといっても、根元に重大な問題があると(人間でいえば歯が悪いと)、大きな木にはなれません。

これらを総合的に判断し、努力すればいいです。

酵素で犬も太ったU^ェ^U

酵素で犬も太りました(笑)。

田舎に引っ越ししてから、ラブラドールを2匹飼ったのですが(名前はシロちゃんとクロちゃん)、さすがに2匹だとうんこばかりして大変なので・・シロちゃんのほうを別の家に住んでいる父のほうにひきとってもらいました。そして別々に育てていたのです。

 

シロちゃんのほうは、乾燥ドッグフード・ビーフジャーキー・その他家のあまりものを食べさせていました。

 

私が飼っているクロちゃんのほうは、ドッグフード・納豆などの発酵食品・果物・生肉など酵素があるものを積極的に食べさせていたのですが・・・

先日動物病院に注射を打ちに2匹を連れてゆき、体重計にのせたところ・・・なんと!クロちゃんのほうが4キロも太っていたのです!

同じ日に生まれた兄弟で、両方ともオス、そして同じくらいの運動量なのにです。もらってきた時は同じ大きさだったのに、クロちゃんのほうが体が大きくなりました。

やはり食べ物に酵素が入っているか入っていないかで、これだけ違うのです。

このままシロちゃんをほおっておくと、酵素不足からうんこを食べ始める可能性があるので、定期的に発酵食品・生肉を食べさせてあげようと思います。

ペットを飼われている方(特にやせている場合)は、定期的に酵素があるものを食べさせてあげてください。

極限の空腹を利用し、消化吸収を高める方法 

《・・あーもう本当にお腹空いたよ・・》

 

このような状態の時に、皆さんはどのように食べてらっしゃいますでしょうか。

 

【食べかた】

 

その1. 物凄い勢いで食べる

その2. 普通のペースで食べる

その3. よく噛んで食べる

 

これは私の場合ですが、一番太る食べ方としましては【その1・・・物凄い勢いで食べる】ですね。

物凄い勢いで食べるといっても、普段よりは少しペースが速いといった感じにですよ。

そのほうが食欲が落ち着く前に量を多く食べられるからです。

 

これは最近の話ですが、(極限の空腹時)普通のペースで食べるとご飯1杯半~2杯程度ですが、少しペースをはやくすると3杯までは食べられます。

理論的にはあまりよく噛んでないので、消化吸収面からするとよくないと思うがちです。

 

ところが《・・あ~極限までお腹が空いた・・》という時というのは、体が最高に食物(栄養)を欲求している時なので、胃液や唾液分泌も高まり最高に栄養を吸収しやすい状態なのです。

そしてこのとき食物酵素の力を借りればさらに万全で、さらに消化吸収が高まり、胃もたれもしないです。

よく噛んで食べることは大切なことですが、【極限に空腹時】に関しましては、『物凄い勢いで量を食べ、食物酵素で消化をよくする』のほうが、体重増加する確率は高くなると思います。

これは体質によって人それぞれ違いますが(胃腸がかなり弱い方にはあまりおすすめできませんが)、効果がある方は必ずいらっしゃると思いますよ。

 
夕食に食欲が増す方法

私の実験では、『昼食』に食物酵素が豊富な、

 

山芋(とろろ)・大根(おろし)・キャベツ・バナナ・パイナップル・キーウイ・刺身・納豆

 

これらのいずれかを2つ以上食べると、夕食前には目茶目茶お腹が空きます^^;。 

 

例えば刺身を食べる場合、できれば刺身のつまも一緒に食べてみてください^^;。そして最後にバナナで締めればOKです^^;。

おそらく17時ごろには《・・あー、腹へったなーf^^;・・》となることでしょう。 

 
太るためのちょっとした工夫いろいろ

塩分で食欲を出させる

私はあまり食欲が無い時、ソーメンつゆを一口(小さじ1杯程度)飲んだら、なぜだか一気にお腹が空いてくるんですよね。

素麺が食べたくて仕方がないという感じになってきます。

これは以前もどこかで書きましたが、あまり食欲が無いとき、ご飯を食べる5~10分前くらいに塩分があるものをちょっとだけ口に含むと、不思議とお腹が空いてくるものです。

デパ地下などでの試食や、料理中のつまみ食いもそうですよね。

急にお腹が空いてきます。食が細い方は一度試してみられるといいでしょう。

 

食欲不振でも一皿ずつだとたくさん食べられる

私はお昼とかそんなにたくさん食べないのですが、回転寿司だと10皿は食べれます(笑)

回転寿司10皿って寿司20個分になりますが、どう考えてもどんぶり飯1.5杯分くらいになりますよね。普通そんなに食べれないのに不思議です。

一皿、ちょっとずつだと何故かたくさん食べられる

『超お腹すいたので、今日はたくさん食べて太るぞー^^;!!』

・・という時、この方法を利用して食べるのもいいかもしれません。

 

簡単に食べられる冷凍とろろ

 《・・毎日消化をよくするとろろ(食物酵素が豊富)を食べたいが、これがめんどくさいんだよなf^^;・・》

・・という方には、いつでも簡単に食べられる【冷凍とろろ】をいつも冷凍庫に入れとくという手もあります。

冷凍とろろは業務用スーパーや通販で手に入れることが出来ますが、メリットとして、

とろろがいつでも手軽に食べられる

手がかゆくならない

・・というのがありますね。

毎日とろろご飯を食べたいけど、現実的にはちょっと難しいかな・・という場合の裏技としてご紹介しました。

 

酵素が豊富な生ハム   

生ハム専門店のホームページに書いてありましたが、生ハムには酵素が豊富に含まれているみたいですね。そして大変消化がよいそうです。

生ハムはちょっと塩分が気になりますが、生野菜にドレッシングをあまりかけずに、生ハムを巻いて食べればいいかなと思います。 

 

意外にも栄養がある?そうめん

栄養のない代表選手みたいなものに素麺(そうめん)がよくあげられますが、意外にも素麺は栄養があるんですよね。

素麺は小麦を練って棒状にしたものなので、主成分はタンパク質・脂質・糖質・食物繊維・ミネラルです。

そしてその他の麺類(うどん・そば・中華麺)と比べてみると、糖類はNO.1です。

だから栄養がまったくないわけではないです。

夏の暑いときや食欲不振時に素麺だったらススーッと入ってゆきますが、素麺はうどんと変わらないくらい消化もいいですので、これは理にかなっているといえますね。

夜遅くに、『ああ~本当にお腹が空いた^^;。もう多少胃が悪くなってもいいから、何か食べたいf^^;!!』という時は、他のおもいものを食べるくらいなら、素麺程度にしておいたほうがいいでしょう。

 

消化吸収抜群で栄養満点のみぞれ納豆を食べよう

今日は手軽に出来る栄養満点の『みぞれ納豆』の作り方をお教えしましょう。

用意するもの

納豆・大根・醤油(お好みにより)

1. まず大根おろしを適量つくります。

2. 大根おろしが出来たら、それを納豆と納豆のたれと混ぜます。

3. お好みにより、醤油を少し足してください。これで出来上がりです。

超簡単でしかも美味しいです。

ご飯のお供に、大根と納豆の酵素が同時に摂取できる、消化吸収抜群のみぞれ納豆は、太りたい方に是非おすすめします。 

 

たんぱく質をアミノ酸に分解するパイナップル酵素

 

家で焼肉をする際は、パイナップルも購入しておきましょう。

パイナップルの分解酵素(ブロメライン)が、たんぱく質をアミノ酸に分解することを助けますので、消化吸収が格段に違ってきます。

(缶詰のパイナップルは熱処理をされているため、効果はありません)

ストレッチ→適度な運動→食事→酵素摂取→十分な睡眠

はやく体重を増やすには、この繰り返しが基本中の基本です。

赤っぽい色の照明で胃の働きを活発にして太ろう

以前テレビでやってましたが、夕陽のような赤っぽい色の照明は胃の働きを活発にするそうです。

(それとは反対に蛍光灯のような白っぽい光は、甘みや苦味に敏感になる)

その理由として、人類の長い歴史の中で太陽の光を浴びてきた結果、

 

太陽が昇っている時(白っぽい光の時)、狩りや木の実などを採集して、食物を探して歩いた。

そのときに食べられる物か毒かどうかの判定に敏感になったと考えられる。

 

そして夕方太陽が沈む頃(赤っぽい光の時)、昼間手に入れた食べ物を食べる。

よって暗い赤っぽい光の時、唾液がたくさん出て、胃の働きが正常になる。

長い間続けてきたこの生活のおかげで、光の色が人間の身体に深く関わるようになったと考えられる。

・・・ということだそうです。

これはやせてる人は利用したほうがいいですよね(笑)

 

目次へ戻る

栄養を改善して太る方法

定期的に食べておきたい鰻肝

《・・あー、最近極限に疲れたな・・》

 

・・というときや、体重を増やすために定期的に食べておきたいスタミナ食があります。それは鰻の肝です。

 

鰻と栄養価を比較した場合、鰻肝は、

ビタミンA約11倍 ・ビタミンB1約4倍・ビタミンB2約3倍・ビタミンB6約30倍・ビタミンB12約13倍・ビタミンD約2倍

・・と、栄養満点である鰻の身の栄養素をはるかに上回る、超スタミナ食なのです。

よってスタミナをつけたいときは鰻屋へ行き、

『鰻の肝焼きを7本くらい焼いてもらっていいですかね(笑)』

・・と、うな重ではなく、『鰻の肝焼き』をモリモリ食べて、明日からの活力源を補ってみてください。

8月後半~10月(サンマが旬の時期)には、栄養豊富な秋刀魚を食べよう

8月後半~10月は秋刀魚が旬の時期ですが、秋刀魚は体によい栄養が豊富に含まれています。

EPA・DHA・タウリン・カルシウム・ビタミンB群・ビタミンA・Dを始め、良質のタンパク質も豊富です。

 

そんな秋刀魚ですが、スーパーで特に美味しいものを選ぶ場合、

1. 目が充血していないこと(黒目で目が澄んでいる)

2. 大きくて太めで、お腹の部分が硬く張っているもの

3. 尾の先が黄色いものは脂がよくのっていて、口の先も黄色いなら鮮度もよい

・・がいいです。

 

秋刀魚が旬の時期は、安いし、美味しいし、栄養価も高いです(よってご飯もすすみますf^^;)栄養豊富な旬の秋刀魚がおすすめです!

厚生労働省が推進する野菜を350g食べるには

例えば野菜たっぷりの具沢山味噌汁や野菜スープなどを飲んで、《今日野菜はちゃんと食べたな・・》と思っていても、実際には、

 

味噌汁1杯分の具の場合

 

大根1本の30分の1程度

人参1本の20分の1程度

じゃがいも1個の10分の1程度

白菜1個の30分の1程度

豆腐1丁の10分の1程度

 

・・大体味噌汁1杯だと、実際にはこれくらいしか食べてないということになります。

自分で作ってみると、これがよくわかるんですね。

 

ましてや、定食屋などで出てくる具があまり入っていない味噌汁の場合、さらに上記の1/2~1/3程度しか野菜を摂取していないということになります。

 

よってサラダや野菜の煮物などをなるだけ食べる努力をしなければならないのですが、コンビニに売ってある小さいサラダにしろ、

キャベツ1個の20分の1程度+人参やレタスちょこちょこしか入っておらず、厚生労働省が推進する「健康日本21」・・野菜を1日350g以上摂取することからすると、かなり不足している可能性があります。

 

350gといったら結構な量ですから、太るためには、野菜はある程度意識して多く食べる努力が必要なのかもしれませんね!

かつおは最も栄養がある血合いの部分も食べよう

刺身は食物酵素があるので消化もよく、やせてる人にはおすすめですが、そんな刺身の中でもとくにオススメなのが、かつおの刺身・タタキです。

そしてかつおは血合いの部分が一番栄養があり、その栄養価はレバーに匹敵するほどの栄養の宝庫なのです!

 

かつおにはビタミンA、B群、D、鉄分、カルシウム、タウリンなどが豊富に含まれています。

またかつおのアミノ酸スコアは100なので、高タンパクでかつ消化吸収に優れ、太りたい人にはもってこいの栄養源といえます。

 

だからかつおが美味しい季節(初かつおは5ー6月頃、戻りかつおは9ー10月頃)には、かつおをたくさん食べられる事をおすすめいたします。

《おすすめポイント^^;》

☆ スーパーでは、『血合の部分』が多くついたものを選ぶようにしましょう。

太りたい人におすすめの鶏卵より栄養価が高いうずらの卵

うずらの卵って、小さくても凄く栄養があるんですよね。烏骨鶏の卵よりビタミンが豊富に含まれているのです。

鶏卵と比べてみますと、

 

ビタミンA(ug)・・・うずら卵350/鶏卵140

ビタミンB1(mg)・・・うずら卵0.14/鶏卵0.06

ビタミンB2(mg)・・・うずら卵0.72/鶏卵0.48

ビタミンB6(mg)・・・うずら卵0.7/鶏卵0.08

ビタミンB12(ug)・・・うずら卵4.7/鶏卵0.9

葉酸(ug)・・・・・・うずら卵91/鶏卵43

カリウム(mg)・・・・ うずら卵150/鶏卵130

リン(mg)・・・・・・ うずら卵220/鶏卵180

鉄(mg)・・・・・・・・うずら卵3.1/鶏卵1.8

メチオニン(mg)・・・・うずら卵1189/鶏卵413

グリシン(mg)・・・・・うずら卵463/鶏卵413

DHA(mg)・・・・・・・うずら卵330/鶏卵150

 

・・と、こんな感じです。

 

また、うずらの卵は卵アレルギー(鶏卵)の人でもアレルギー反応を起こしにくく、よほど重症でない限り食べられるみたいです。

太りたくても食が細い人は、食べる量が少なくてもうずらの卵のような栄養価の高いものを食べ、なんとか太れるようにがんばりましょう!

レトルト食品や冷凍食品ばかり食べると栄養が偏ってしまうのでよくない

レトルトカレーや冷凍食品の栄養価を調べてみると、栄養的にはちょっと偏っていますね。。

 

レトルトカレー・・・家庭で作るカレーよりも具が1/5~1/7程度しか入っておらず、栄養価もその分低い。

人参が全く入っていないものもある。

 

インスタント味噌汁・・・これも具は入っていないに等しいくらいに、ワカメや乾燥ねぎ等がちょびっとしか入っていない。

 

冷凍食品・・・例えばグラタンやドリアは、野菜は全く入っていない(味をつけるため、多少パウダーは入っているかもしれませんが)、全般的に野菜の量が少なすぎ。

スパゲティー類も具が少ない。

 

よって忙しい一人暮らしの方などは、このようなレトルト食品や冷凍食品を食べるよりは、まだ惣菜を買ってきて食べるか、一番いいのは自炊がいいです。

体重を増やすに一番大切なのは、栄養のバランスを考えて食べることです。

太るためには、栄養豊富な旬の野菜編を食べよう

魚介・野菜・果物などが一番美味しい時期、また最も出回る時期が旬のものです。

そして様々な研究により、旬のもののほうが栄養価が高いことがわかっています。

※ 物によってはビタミン等の含有量が何倍も違います。

 

だから各野菜や魚介類の旬の時期を知っておいたほうがいいですね^^;

旬の野菜(ただし大まかな目安です。地域によって旬を迎える時期がズレます。)

 

★冬~早春(1~3月)

小松菜、かぶ、れんこん、ほうれんそう、セロリ、さといも、アスパラガス、新じゃが、新たまねぎ、うど、新キャベツ、ふき、みつば、さやえんどう、しいたけ、たけのこ

 

★春~初夏(4~6月)

菜の花、木の芽、たけのこ、キャベツ、カボチャ、たまねぎ、そらまめ、さやえんどう、ピーマン、トマト、きゅうり、おくら、枝豆、ズッキーニ、グリンピース

 

★夏~初秋(7~9月)

なす、みょうが、レタス、ピーマン、トマト、かぼちゃ、きゅうり、じゃがいも、おくら、さつまいも、栗、とうがん

 

★秋~初冬(10~12月)

さつまいも、さといも、人参 春菊、長ネギ、白菜、セロリ、ブロッコリー、大根

 

今後はスーパーなどで『今が旬』と書いてあるものを見つけたら、出来るだけそれを使ってみてください。

太りたいならば毎日バナナを食べよう

意外と知られていないバナナの物凄いパワー

 

☆ スーパー等で販売されている身近にある食品の中で、抗酸化力No.1

☆ 果物の中では、免疫力を高める効果No.1

☆ 価格(安い)・皮むきの手間が少ないなど、食べやすさNo.1

☆ カリウムを多く含むのでナトリウムを排出する作用があり、塩分を多く摂取しやすい現代人・高血圧の人に特におすすめ

☆ マグネシウム・セロトニン等、神経の興奮を鎮める成分も多く含み、ビタミンB群・食物繊維を摂取しやすい

(よって神経質で太れない方や、興奮しやすい方にもおすすめです(笑)

 

体にいいものは、食べたり食べなかったりでは駄目です^^;。是非毎日バナナを食べてみてください。

果物を食べない方は、健康のためにドライフルーツを食べよう

若い人で果物を食べない方は、全く食べませんからね。

それは皮をむくのが面倒だからとか色々あると思うのですが、そんなあなたにおすすめなのが『ドライフルーツ』です。

 

ドライフルーツの1粒には、果物の栄養が凝縮されているんですよ!

ドライフルーツの良いところは、

 

※ 保存がきくこと。

※ 手軽に食べられること。

※ 食物繊維が多いこと。(便秘の方には特におすすめ!)

※ ミネラル(カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄・亜鉛・銅・リン)が豊富に含まれていること。

※ それぞれの果皮に、抗酸化物質が含まれていること。

※ ブルーベリーやぶどう系の果物には、『アントシアニン』が豊富に含まれ、目に非常によいこと。

※ 天然の果物を乾燥しただけなので、(健康食品では摂取できない)未だ科学的に解明されていない体によい成分を摂取することができること。

※ 生の果物よりも、栄養が増えている場合があること。

 

・・・などがあげられます。

 

カロリーは果物よりも少ないようですが、あまり食べ過ぎてしまうと糖分の摂りすぎになってしまいますので、1日数粒でいいと思います。

 

肝心の酵素ですが、乾燥により酵素活性が抑制されているから保存がきくわけですから、これはあまり期待できないかもしれませんね。

でもおそらく微量ながら入っていることは間違いないと思います。(ただバナナチップなど、カリカリに乾燥したものは厳しいでしょう)

 

よってこれまで果物をあまり食べなかった方は、食後のデザート・3時のおやつには、ドライフルーツを買ってきて食べてみてください。

 

※ ドライフルーツはデパートに行けば、大体どこにでも置いてあると思います。

乾物類で栄養のレベルを上げよう

体重を増やすには様々な努力が必要ですが、その中でも特に大切なのが栄養のあるものを食べることですね。

しかし忙しい現代人は、食生活でもどこかで手を抜いてしまいがちです。

そんな多忙な日々を過ごしている人が手軽に栄養のレベルをあげる手段として、乾物類をうまく利用する方法があります。

 

例えばみそ汁でも、いつもは大根と豆腐程度しか入れない方は、この画像のような乾燥椎茸や乾燥ネギ・カットわかめを入れれば、2品目の具があっという間に5品目になります。

 

そしてご飯には毎回すり胡麻をかけて食べるようにすれば、栄養のレベルが大幅にupしたことになります。

一番いいのは毎日新鮮なものを手作りで・・なのでしょうが、忙しい方や独り暮らしの方は、乾物類をうまく利用するとよいでしょう。

続きまして、この画像は乾燥大根葉と乾燥ほうれん草です。

これら乾物類の特徴は、

1. みそ汁などの具にすぐ使える。

2. 栄養成分もほとんど変わらない。

3. 青物野菜特有の臭いやアクがない。

4. 必要な分だけを使い、無駄が無く、保存食として便利。

・・等、一人暮らしの方や忙しい奥様には大変便利ですね。

 

例えばみそ汁でも、これまでは豆腐+大根だけだったのが、乾燥わかめ・乾燥ねぎ・乾燥しいたけ・乾燥ほうれん草・乾燥大根葉をパパッと入れれば、なんと一気に7種類の具になります。(これら全部買っても、1500円でおつりがくる思います。)

 

毎日働いている方は、①野菜を買ってくる・②洗う・③切る・④まな板と包丁を洗う・・・これだけの手間がなかなか出来なかったりするんですよね(笑)

 

だからそんな忙しい方には、乾物類を一通り揃えておき、ビタミン・ミネラルが豊富な多種類の乾燥野菜・海藻類をうまく食生活に取り入れられることをおすすめします。

野菜嫌いな方は、海藻類(乾物)を取り入れ、栄養価を上げよう 

続きまして、今回買ってきたのは壱岐の島産の『あおさのり』と『かじめ』です。

 

あおさのりは海藻・かじめは『海の山芋』と呼ばれる昆布科で、両方とも体によさそうです^^;。 これらは賞味期限も長く、家に置いていると何かと便利ですね。

 

野菜嫌いな方でも、このような海藻類だったら食べられるという方は、どんどん食生活にとりいれたほうがいいです^^;(ちなみにあおさのりは、ほうれんそうの約2倍のビタミンAが含まれており、海藻類の栄養価は非常に優れているのです)

乾物類を利用し、少しずつ栄養レベルを上げてゆくことが大切です!

 
新鮮な刺身を食べて酵素補給

この海鮮丼、美味しそうでしょう。これは福岡県志賀島の海辺の食堂で食べたものですが、海老なんかはまだ動いていて活きがよかったです。

 

このような新鮮な生魚類は魚自体が酵素をもっているため、消化吸収に優れています。

また魚の酵素によって、体内の消化酵素をあまり使う必要がないため、その分体内酵素を代謝酵素として使えるようになるのです。

 

☆ 消化酵素・・・食べ物を分解する役目をする

☆ 代謝酵素・・・体の色んな働きに必要・・・新しい細胞をつくり、古い細胞と入れ替える・筋肉をつくり、骨をつくり、免疫力を高め、病気とたたかうために必要

 

新鮮な魚介類を毎日食べてる人は歳をとっても元気な人が多いので、私もなるだけ刺身を食べるようにしています。

83歳で海に潜っているという、信じられないほど元気な海女さんをテレビで見たことがありますが、やはり新鮮なもの魚介類をそのまま生で食べてらっしゃいました。

 

生魚いえば100歳を超えてもお元気だったきんさん・ぎんさんもそうですが、お姉さんのきんさんも刺身が大好物で、生前毎日刺身を食べてらっしゃたようです。

 

歯がほとんど無かった(1本も無い時もあった?)といわれるきんさんが107歳まで長生きされたのは、毎日刺身を食べられていた(食物酵素摂取をしていた)ことは大きいと思います。

歯が悪い人・噛み合わせがあまりよくない方は歯での咀嚼が弱い分、このように食物酵素の力を利用すればいいのです。

そうすることにより胃腸への負担も減り、体内酵素を余分に使う必要も無くなるため、病気にかかりにくくなるのです。

体重を増やすには、新鮮な刺身を食べて酵素を補給するようにしましょう !

 

目次へ戻る

筋トレ+プロテインをやる前にすべきこと

筋トレ+プロテインで効果が出るグループと、あまり~ほとんど効果が出ないグループ

デブでもガリでもなく、普通の平均的体型の人が筋トレ+プロテインを飲めば、まぁそれなりに頑張っただけ効果は出ます。

そしてやせていて、同じように筋トレ+プロテインで半年も頑張れば、確実に効果が出る人もいます。

ところが、どんなに筋トレしようがプロテインを飲もうが、

 

※ 全く効果が出ない。

※ 一時的に筋肉はある程度太くなるが、それ以上太くなることはなく、筋トレをやめるとすぐに細くなる。

・・という2つのグループに分かれます。

 

A【筋トレして効果が出やすいグループ】

☆ やせてはいても、あばらが見えるほどのガリガリではない。

☆ 歯は丈夫なほうだ。

☆ 猫背ではない。

☆ 顎関節症ではない。

☆ 両親共に、痩せすぎていない。

 

 

B【筋トレして効果が出にくいグループ】

☆ あばら骨が見えるくらい、完全にガリガリだ。

☆ 歯並びが悪い・歯が丈夫ではない。

☆ 猫背だ。

☆ 顎関節症である。

☆ 頭痛持ち・アトピー・蓄膿症の持病があったり、疲れやすい・風邪をひきやすいという傾向がある。

☆ 両親のどちらかが痩せている。

☆ 緊張しやすい。

☆ ストレスに弱かったり悩みやすく、たまに精神的に不安定になる。

☆ よく立ちくらみがする。

☆ 下痢をよくする。

☆ 座椅子とか大好きだ。

☆ 高枕も好きだ。

☆ 胃腸が弱く、よく背中の肺の裏あたりが痛くなる。

☆ 家族から、たまに息が臭いと言われる。

☆ もう、これくらいにしときますか(笑)書こうと思えば、あと100項目くらい書けます(笑)

・・と、2つのグループに分かれ、あなたがもし上記Bグループの傾向にあるならば、3年間・目一杯筋トレして頑張ってみても、おそらく大した効果は見込めないと思われます。

それは私もそうでしたし、昭和20年代~50年代生まれの弊社のお客様が、やせすぎ解消のため色々必死に頑張っても、あまり~ほとんど効果が出なかったと、皆さん証言してらっしゃいます。

それはこれまで何度も説明してきましたように、

 

【体質改善していないため、いくら筋トレしても効果は出ない】

 

・・ということです。

 

これは風邪を引いているときに運動しても、体によい効果が得られないのに似ています。

風邪を引いているときは、体をゆっくり休ませ、まずは体力の回復を待つというのがベストですが、やせすぎ改善も同じで、まずは体質改善に努めてから、それから筋トレして筋肉を太くするのがベストなのです。

だから先人たちが失敗してきた同じ道を歩まぬように、 

 

1、歯が悪いなら、まずは歯医者に行って歯を治す。 

2、骨格が歪んでいるのなら、まずは骨格の歪みを治すこと。 

3、身体に柔軟性がないならば、ストレッチをして身体を柔らかくすること。

4、これらと平行して、酵素を摂取し、消化吸収を改善させ、体内酵素の浪費を防ぐこと。 

 

まずはこれらを優先させ、歯も骨の歪みも大分良くなってから筋トレを始める・・・そうしたほうが間違いなく効果的であるし、最短で体重を増やす方法であると確信しています^^;。

まあしかし、いくらこのように説明しても、どうしても筋トレ+プロテインやってみないと気が済まない方っていらっしゃいますからね(笑)

そして頑張るだけ頑張って、そしてやっぱりうまくいかずに巡りに巡って、最後にまた当ホームページに戻って来られる方もいらっしゃいます(笑)

そのような時間のロスとならないように、まずは体質改善から始められることをおすすめいたします。

ジムに通う前に行ったほうがよいこと

いま評判のトレーニングジムが最近よくテレビCMをやってますが・・・あの極端なビフォー&アフターのシーンは面白いですね(笑) 

モテない冴えない男から、変身して格好よくなった演出が面白いです(笑) 

太りたい方でも、行こうかなと考えてらっしゃる方は多いと思います(笑)

まあ、やってみる価値はあると思いますが、もし行くんだったら骨格の歪みを矯正したあとに行かれたほうが絶対いいと思いますね^^;。 

 

なぜなら上部頸椎や骨盤に問題がある場合、全く体重は増えない(もしくはちょっとだけ一時的に増え、しばらくすると元通りに戻ってしまう)可能性が高いからです。 

朝から晩まで徹底的に筋トレしても全く太れなかった私や、何年もジムに通ったけど全く体重が増えなかった先人達と、同じ失敗を繰り返す可能性大だからです(笑) 

 

でもこれは失敗してみないと、なかなか理解できないと思いますので、やはり一度は失敗してみるべきかもしれないです(笑)

骨格の歪みもあまりないやや痩せ型の人だったらすぐに筋肉はついてくると思いますが、かなり痩せ型の方は骨格や歯に問題がある可能性大ですので、まずはその太れない原因となっているものを解消してから、筋トレを始められることをおすすめいたします^^;。

一度は失敗しないと理解出来ないこと

以前にも書きましたが・・・ガリガリに痩せてる人が太ろうと思い、最初に行うのは、必ず決まって筋トレ+プロテインですf^^;(笑)これをしばらく行っても全く効果が出ずに、

 

《なぜなんだろう?》

 

・・と疑問に思い始めるまで、大体半年から1年くらいかかるんですよねf^^;(笑)

だから筋トレをずっと行い、失敗してきた方ほど、私のホームページを見て、

 

『やっぱり自分の太れない原因はこれだったんだ!!』

 

と理解することが出来るようになります^^;。

ところがそういう失敗した経験がない方の場合、それがわからないので必ず筋トレから入るのですf^^;。

昭和生まれの先人たちが失敗してきた経験を生かすことなく、同じ失敗の道を辿りますf^^;。

 

私は筋トレどころか、朝から晩まで時間を見つけてはトレーニングを7年ほど行い、ご飯もいつもたくさん食べていましたが、全く太れませんでしたf^^;。7年ですよ、7年f^^;!!

 

7年間徹底的に筋トレしても太れない・・・何でだろう?ここから体重を増やす方法の研究を始め、今に至るわけです^^;。

だからそういう失敗を経験したことがない人をあまり相手にしたくないんですよねf^^;(笑) 

 

死ぬほど悩み苦しみながら努力し、完成させた太る方法のありがたみがわかってらっしゃらないので、『すぐに体重が増える方法とかないんですかね?』とか平気で聞いてこられますが、血の滲むような努力をしてきた人間から見れば、《何にもわかってないんだろうな・・》という感じなのですf^^;・・。

 

もちろん筋トレ+プロテインで効果が出るような『やや痩せ型』の人は、もうそれで効果が出ますので問題ないのですが、何年筋トレやっても効果が出ない『かなり痩せ型』の人は全く体質が違うのです。

 

太れない原因が、歯に問題がある・骨格に問題がある場合、例え20年筋トレしても太れないです。

それが理解出来るようになるまで結構時間がかかりますが、もうそれはそれでしょうがないんですよねf^^;(笑)

そしてそんな方は、全く何も研究していない方が作っているサイト(一部をゴーストライターを雇ってコンテンツを作り、上位表示されているサイトもあります)と、血の滲むような努力をして何度も失敗し、ホームページをオープンさせるまで25年かかった私のサイトとの違いもわからないと思いますf^^;。

まあ、わかる人にだけ来て頂いたほうが私としましても助かりますがf^^;(笑)失敗を経験して、始めて《・・そういうことだったんだ・・》と大体の人はなります^^;。 

 

目次へ戻る

 

筋トレ・プロテインを飲んで体重を増やす努力をされてきた方から頂いた体験談

23才男性の方・題名『手首、足首が・・・』

とし 23才 男 茨城県出身

 

私は、小学生時代バスケットをやっていました。バスケのユニフォームと言えばタンクトップにハーフパンツです。始めはかっこいいと思ってましたが、試合中に相手チームの応援に来ていた親たちが「何番の子、足細くない?」と笑っていたんです。それからというもの、足を見せるのが恥ずかしくてハーフパンツを履きたくても履けません。

 

中学に入っても体育の時間など皆は短パンなのに自分だけはなれません。

そのため、先生からも「なんでお前だけ短パンになんないんだ」などと言われたりしてもとても足が細くて見せたくないとは死んでも言えませんでした。

それから、高校生になり学校の時間は中学と同じ感じで、普段の生活では夏になるのが一番嫌でした、友達などにプールや海に誘われたりしていましたがいつも何か理由をつけて行きませんでした。友達はそんなの気にすんなよと言ってくれましたが、プールや海など周り人がいっぱいいるので絶対嫌でした。高校卒業後にもう我慢できないと思い変わろうと決心しました。それで、テレビを観ていたら筋肉に関するやつがやっていて、筋肉を付けると体がごつくなると言っていたのでバーベルやダンベルを買い(プロテインも飲み)本格的に始めてみましたが自分の細い体はごつくなるどころか中途半端に筋肉がつき変でした、でも、手首足首は全くと言っていいほどなんの変化もありませんでした。今現在、身長163cm 体重43キロしかありません。特に手首、足首が細いのが気になってしょうがないです。

何かいい方法がありませんかぁ??

 

《堤 富次郎コメント》

としさん、お便りありがとうございました。

《中学に入っても体育の時間など皆は短パンなのに自分だけはなれません。そのため、先生からも「なんでお前だけ短パンになんないんだ」などと言われたりしてもとても足が細くて見せたくないとは死んでも言えませんでした》

・・この気持ち、よくわかりますよ^^;。なんか学生の頃を思い出しますね^^;。

薄皮一枚でも着ているか着ていないかの精神状態は全然違いますからね^^;。

別に着ていても何も問題ないのに、何で先生はいじわるばかりするんでしょうね(笑)

 

ところで手首を太くする方法ですが、これは意外と難易度が高く、痩せ型の人は相当トレーニングしないと簡単には太くならないと思います。

私も空手で猛特訓しましたが、結局手首は太くなりませんでした。

(私の場合、手首を太くするといったトレーニングは行いませんでしたが・・)

足首に関しましては、これは体重が増えると自然と少し太くなります。体重をそれだけ支えているので、太くなってくるんだと思います。

だけど身体が全体的に太ってくれば、部分的なものはあまり気にならなくなると思いますよ^^;。

 

これはトレーニングではないですが、宅急便で働いている人・荷物の積み下ろし・物流倉庫での仕分け等、日常的に重い物を持っている人は痩せていても手首や指はわりと太いです。だから佐川○便トレーニングセンターか、クロネコヤ○トスポーツジムに通われると、案外太くなるかもしれません(笑)

また、コカ・○ーラ・ボトリングスポーツセンターみたいな所でもいいと思います^^;。自動販売機前でのトレーニング、いい汗かきますよ^^;。

これらのジムは入会金・月謝が無料ですし、トレーニングすると現金までもらえるトレーニングセンターです^^;。かなりおすすめできるジムですよ^^;。

 

痩せた人は、自宅という密室でひそかにトレーニングしている人が多いと思うのですが^^;、自宅で行うとどこかで自分にあまくなってしまうんですよね^^;。

3日坊主どころか、1日坊主の人もゴロゴロいると思います^^;。

だからいかに継続し続けることが出来るかが一番の課題だと思います^^;。

 

これから暑い夏ですが、がんばってください、応援しています^^;。

43歳男性の方・題名『生涯の夢・・太ること』

堤 さん

 

初めましていつもメールマガジンを楽しく読ませせてもらっている、43歳になる会社員です。

私仕事の都合で、日本を遠く離れアジアの果てパキスタンに単身赴任の身であります、現在の体重は56キロ(173cm)です。

私も堤さんと同じで子供の頃から痩せていて、色々と努力をしてきましたが、そのかいもなく現在に至っております、中学、高校時代は痩せていてもそんなに気にはしていませんでしたが、あるとき鏡の前で買ったばかりのズボンを着た姿を見たとき、お尻の薄さに愕然とした覚えがあります、いままで何度「痩せとるえー」と言われたことか・・

 

若い頃は食欲旺盛で、まさに痩せの大食いで人一倍食べていましたが、体重は全然増えず体型も若い頃とほとんど変わっていません。

 

太る為に寝る前、甘いもの食べたり、生卵をのんだりしていましたが全然変わりません、太るどころか、朝から胃がむかむかして、朝飯が食べられなくなり逆効果でした、こうなったら筋肉で体重を増やすしかないと自覚して、近くのボディビルのジムで筋肉トレーニングを始めました、確か25才くらいの時だったと思います週3回筋トレをしました、仕事が忙しい時はジムまでいけないので、自宅にもベンチ台、バーベルセットを買い込んでプロテインも毎日朝晩飲み太ることを夢見て頑張りました2年くらい続けましたが、体重はなかなか増えず始めた時が55キロでやっと60キロくらいにはなったと思いますが効果が出るのが遅くだんだんやる気がなくなり、筋トレもやめてしまいました、筋トレをやって確かに多少は筋肉質にはなりましたが、鏡を見てもあまり太ったという印象はありませんでした。

 

男は結婚すれば食生活が安定して太るといいますが私は全然変わらず、太るのは嫁さんだけです。メルマガ読んで気が付いたのですが、私も痩せている人の条件に当てはまる項目が多いのです。

 

1、食べ物の好き嫌いが多い(肉、生魚)

2、姿勢が悪い(猫背)

 

これ以外に自分で思うのは、私はグルメではないということです、腹が減ればとにかくなんでもいいから空腹を満たすもものがあればいいという考えです、よくTVで行列の出来るお店とかやっていますが、あんな店に行く人の気がしれませんこのへんにも問題があるのかもと思います。

現在パキスタンに住んでいる関係で、食生活も日本にいるときと随分と変わりましが、体重は変わりません、今年10月日本に一時帰国しますので、その時オリエントを購入して戻るつもりです、日本に帰任するまで、あと1年半ですが、それまで少しでも太れることが出来ればと考えております。

ペンネーム タクト

-PS-

私も、堤さんと同じ熊本です(菊池)人吉はなんども行った事があります、今後ともこのホームページを継続していくことを望んでおります、頑張って下さい、遠くパキスタンのカラチから応援しております。 

 

【話・解説/堤 富次郎】

タクトさん、お便り有難うございました。それもパキスタンのカラチからとの事。

ありがとうございます!!(当ホームページも、ちょびっとインターナショナルになってきましたねー(^^;。

実は世界各国に仕事で行かれている日本人の方から、太るための食事法の申し込みは何件もきています。)

タクトさんは同じ熊本の方で、しかも痩せてらっしゃる方なので、無条件に親近感を感じます(^^;。痩せている原因は人それぞれ違いますが、タクトさんの場合は、

 

1、食べ物の好き嫌いが多い(肉、生魚)

2、姿勢が悪い(猫背)

 

の2、姿勢が悪い(猫背)をまずは改善するように努めてみられてはいかがでしょうか。姿勢が悪い(猫背)の人=身体が硬い・柔軟性が悪い場合が多いです。

だから、まずは全身の入念なストレッチをされてみてはいかがでしょうか。

ストレッチといったって、身体の硬い人が柔らかくなるまでかなり時間がかかります。

でも毎日根気よくすれば、必ず柔軟になってきます。

 

ストレッチは、『股関節』『腰』ばかりする方がいらっしゃいますが、『全身』やらないと駄目です。やり方がわからなかったら、専門書を買われることです。

(ただパキスタンに専門書があるかどうかはちょっとわかりませんが(^^;)

全身のストレッチをいくらやっても一向に猫背が改善されない場合は、やはり一度専門家に骨格の歪みをみてもらったほうがいいでしょう。

普段からストレッチをよくしていると、骨格の歪みは治りやすくなります。

次に好き嫌いが多いとのことですが、その嫌いな食べ物が『一番不足している栄養素が多く含まれている食物』かもしれません。

以前私が勤めていた会社の部下で、いつも顔色が悪く元気の無い人がいました。

その部下は、貝類・生魚を全く食べない人でした。一度も貝類、タコやイカも食べたことがないとのこと。私はその部下に『タウリン』が不足しているのでは?と直感的に思い、タウリン3000mg配合の栄養ドリンクを1週間飲むようにすすめました。

また疲れが蓄積されているようだったので『お酢』も飲むようにすすめました。(嫌がりましたが、強引に飲ませました(^^;)

 

するとみるみる顔色がよくなり、元気になったのです。確実に『的』に当たったのでしょうか。顔色・肌つや・元気があっという間に出てきました。

だから好き嫌いの多い方は、『太れない原因は、自分がこれを食べていないからだ!』と一大決心して、しばらく食べてみられてはいかがでしょうか(^^;。

またタクトさんがされていた『夜寝る前に食べる』のは、痩せた人は厳禁です。

逆効果となります。

パキスタンという地から、お便りありがとうございました。

お身体に気をつけてがんばってください(^^)/

 

目次へ戻る

簡単には太れない人と時間を要するタイプの人

簡単には太れないタイプの人

これまであらゆる角度から痩せ型体質の研究をしてきましたが、その人のどこに問題があるのかは、体を見た瞬間ある程度わかるんですね。

 

私が見てきました中で、太るまでにかなりの時間を要するであろう、もしくは簡単には太れないだろうと思うのは、次のようなタイプの方です。

 

1.長い間運動不足、超虚弱体質で太れないタイプ

見た感じが本当に弱々しく、顔色も悪い。全身から血の気が引いたような、陰のオーラを発している。

手足が異常に細く、同じ痩せてる人から見ても、驚くほど細い。太もも等は拒食症の痩せ方に似ている。

目はうつろでおとなしく、人と話している時には手が震えるくらい繊細である。食欲不振で小食。長い間、ほとんど運動は何もやらなかった。このタイプは女性に多い。

 

2.体全体のつくりが小さいガリガリ型

 

遺伝や何らかの原因で、身長が低く(男性155cm以下、女性145cm以下)、全体的に体のつくりが小さい。肩幅も非常に狭い。しかし頭だけは(体に対して)異常に大きかったりする。このような体型の方は、何故そうなったのか、私でもわからない部分が多い。これ以上身長を伸ばすことは難しいが、太ることはまだ可能である。

 

3.歯がたくさん抜けていて、治療もせずそのままの痩せ型タイプ

笑っただけで、歯がごっそり抜けているのがわかる(笑)しかし歯医者へも行かず、そのまま放置している。歯が無いために頬も落ち、若いのにまるで老人のようである。歯であまり噛めないため、胃腸の調子は悪い。

このまま歯が抜けた状態で太るのは極めて難しいので、まずは義歯を入れることが何よりも肝心である。

 

その他、大病や事故で手術を行った等のケースもありますが、ここでは

『病院で検査しても異常はないけれど太れない』

に限定した中よりご紹介させて頂きました。

体重を増やすには、難易度の高いこれらのケースは、すぐに成果が出なくても、諦めないことが大切です。

 

上記1の場合は、まずは総合的な努力を行い、体質改善するように努めること。

2の場合は、特に消化吸収を高めてあげるよう努めること。

3の場合は、根気よく歯の治療を行い、まずは義歯を入れること。それと平行して、消化吸収がよくなるよう、酵素摂取を行うこと。

これらを長期的観点から実行に移し、継続することが大切だと思います。

これから体重を増やす努力を始められる方へ

【努力を3か月程度でやめてしまうならば、最初からやらないほうがいい】

 

これまでメルマガやblogでもお話してきましたが、やせている人が体重を増やすには、最低でも半年くらいはかかります。

だけどほとんどの方は、1~3年努力を継続して、体重UPに成功されています。

 

体重を増やすダイエットとは、痩せるためのダイエットとは根本的に違い、アトピーを治すための体質改善の努力(食生活改善)や、病み上がりで痩せてしまった方が、社会復帰のためリハビリするのに似ているのです。

例え5年くらいハードな筋トレをしても、体質改善されない限り太れないです。

 

そこのところが理解出来てらっしゃらない方が、3か月程度で効果が出ないので、体重を増やす努力を中断されてしまうのですが(全体の30~40%は短期間で中断されてます。特に冬になると中断される方が多いです)、それだったら最初からやらないほうがいいかもしれないんですね。

 

3か月食生活改善したからアトピーが30%改善するとか、大病や交通事故後、3か月リハビリしたから仕事復帰できるようになるとか、そんな確実に治るということがないのと同じで、努力すれば確実に成果が出るというものではないです。

 

そして骨格の歪みや歯の噛み合わせを完璧に治したとしても、遺伝的な問題から太れないことだってありますし、タイやベトナム人のように元々スリムな民族の人が、相撲取りみたいな体型になりたいといっても、そりゃあ無理です(笑) 

 

だけど遺伝的にも、元々70キロくらいはないとおかしい身長の方が、何らかの原因で50キロしかない・・・この『何らかの原因』を試行錯誤しながら取り除く作業が、太るための努力なのです。

だからその何らかの原因が3か月程度で改善されればいいですけど、そんな生易しいものではありません。

『○か月で○キロ体重を増やす!』という目標設定は大切ですけど、

 

太れない原因が取り除かれてない場合は、1キロも太れない

太れない原因が取り除かれたら、大体半年くらいで成果が出てくる

 

・・ということです。この15年間、全国の数千人のやせ型の方と接してきて、成果があった方のほとんどがそうです。

1か月や3か月で成果があった方はごく稀なのです。

 

あの大相撲の力士達でさえ、ハードな稽古やどんぶり飯を何杯も食べる努力をして、大体1年平均で5~6キロ程度しか体重は増えないのです。

 

相撲取りでさえそうですから、その対極である痩せてる体質の方が、3か月程度努力して、成果が出ないのは当たり前なのです。

だから、これから体重を増やす方法を色々やってみようと考えてらっしゃる方は、これらのことを踏まえたうえで、体重を増やす努力を継続して頂きたいです^^;。

体重が増えるまでの期間は、年齢・体の柔軟性・ストレスによって違ってくる

これまでホームページを通じ、多くの痩せ型の方と接してきましたが・・・ 

 

若ければ若いほど太りやすい 

歳をとればとるほど太るのが難しくなる 

この基本的原則は間違いなくありますね^^;・・ 

10代~20代前半・・・当HPの企画で太らせためいちゃんや西田君はここに該当しますが、やはり体に柔軟性があり、体の歪みも直りやすいです。 

 

そして20代後半より、 

25~30歳 難易度★ 体重が増えるまでの期間(うまくいって半年~1年) 

30~35歳 難易度★★ 体重が増えるまでの期間(1年~1年半) 

35~40歳 難易度★★★ 体重が増えるまでの期間(1年半~2年) 

 

・・このように5歳単位で難易度が上がってゆきます。 何故このようになるかといいますと、その一つが歳をとればとるほど筋肉の拘縮(硬くなって縮む)が強くなっており、左右のバランスを失って拘縮度が強い方へ椎骨がズレ、戻りにくくなってしまっているからです。 

それを施術で矯正する期間も、若ければ若いほど短期間でよくなりやすい、歳をとればとるほど時間がかかるということですね。 

あと顎関節症や歯の噛み合わせに問題があるの方の場合、さらに難易度が上がります。 

 

それとストレスが溜まる環境もよくないですね。 例えば会社で、 社長が自己愛性人格障害、専務が演技性人格障害、部長が妄想性人格障害、課長が反社会性人格障害、係長が境界性人格障害、主任が回避性人格障害、先輩社員が依存性人格障害、後輩社員が強迫性人格障害・・・だったとしますf^^;(笑) 

 

これでストレス無く太ろうなんて無理ですよねf^^;(笑) このような株式会社【人格障害】なところにお勤めの場合、例え10代でも難易度★★★★★★★★★★★となりますf^^;(笑) 

 

このように年齢(筋肉の柔軟性)、歯の噛み合わせ(顎関節症)、ストレスの多い環境(人間関係)にもよって変わってきます^^;。

 

ストレスが全くない40代の方と、ストレスの多い【株式会社人格障害】にお勤めの20代の方のどっちが太りにくいかといえば、(株)人格障害に勤務しているほうが厳しいでしょうねf^^;(笑) 

 

もうその場合、自分も負けじと好きな人格障害をセレクトして、人格障害の仲間になってしまうかですf^^;(笑) 

 

冗談はこれぐらいにしてf^^;(笑)、 若いけれどストレスの多い環境の方は、ストレス解消法に力を入れる ストレスの少ない40代だけど、早く太りたい方は、骨格矯正と酵素摂取に力を入れる ・・このように、年齢・環境によって体質改善期間が変わってきますから、その局面に応じた最善を尽くす努力は必要だと思いますね^^;。

体重を増やす努力のパターンが、大きく変わりました

太る特待生の全記録を見て、『相当覚悟を決めて努力を継続しないと、簡単には太れないということがわかった』という方は多くいらっしゃると思います^^;。

やせ型はそんな簡単には太らないです^^;。

また、最近頂いたお便りを集約すると、努力されるパターンも大きく変わってきました^^;。

以前は、『短期決戦、中途挫折型』の方が圧倒的に多かったのですが、最近では『長期決戦、コツコツ型^^;』の方が一番多くなりました^^;

 

まずはこちらをご覧ください^^

第1位 長期決戦コツコツ型^^;(特に30~50代の方に多いです^^;)

* 時間がある時は、マイペースにストレッチ・運動をする^^;v

* 酵素は毎日継続して飲み続けている^^;v

* あせらずに、計画的に努力を継続している

 

第2位 短期決戦、中途挫折型f^^;(以前はこのパターンの方が大半でした^^;)

* (努力を)最初の1~2か月間は必死に努力はするものの、その後長続きしないf^^;

* 薄着の季節は恥ずかしいので必死にがんばるのだが、厚着が出来る季節は何もしないf^^;

 

第3位 必死!、大必死の努力型^^;(若い方に多いです^^;)

* とにかく、もうなんとしてでも太りたい!と、ありとあらゆる努力を必死にしている^^;

* 太る特待生を参考に、『自分も負けるもんか!』とがんばっている^^;

 

第4位 酵素だけ努力型f^^;(忙しい方、努力するのが苦手な方に多いです^^;)

* 忙しいので、なかなかストレッチや運動をする暇が無く、とにかく酵素だけは飲み続けている^^;

* とにかく努力するのが苦手でかつ、長続きしないf^^;。よって飲むだけで簡単な酵素摂取は続けている^^; 

 

以前は、

第1位 短期決戦、中途挫折型(60%)

第2位 必死!、大必死の努力型(25%)

第3位 酵素だけ努力型(10%)

第4位 長期決戦コツコツ型(5%)

・・・と、大体こんな感じだったです^^;。

あせって、1か月間必死に努力して中途挫折するよりも、少しずつの努力を長く継続したほうが体重が増える確率は高いです。

特に30代・40代となってきますと、ある程度長期戦を覚悟しておいたほうがいいでしょう^^;。

先日50代で体重が増えられた方も、結果が出るまでに1年7か月もかかられましたが、これも貴重なデータだと思います^^;。

あせらず、コツコツと、確実にメニュー(消化吸収をよくする・運動やストレッチをする)を継続する・・・これが一番実績のある太る方法です^^;。

なかなか太れない方から頂いた体験談

とりあえず10キロは太ったが、そこから増えない31歳男性の方と、なかなか太れない40歳女性の方の体験談

 

31才 沖縄県 男性

自分の経験を書いてみます。29歳まで168cmの50キロで悩んでました。現在は60キロです。

ストレッチ腕立て伏せ+食後に甘いヨーグルトでなんとか増やしました。こちらのサイトをみつける前にやってました。

今考えるとヨーグルトがよかったのかな?あと5キロ増やしたいのですがなかなか増えないです バナナ キャベツ 納豆で頑張ってみます。

 

上部頚椎カイロプラクティックへいったら頚椎一番がズレており、ある程度修正できました。疲れやすい体質でいつも寝ていましたが朝もスッキリと起きれるようになり疲れにくい体質になりました。 参考までに、ありがとう御座いました。

 

☆☆☆

 

《堤 富次郎コメント》

お便り頂きましてありがとうございます^^;。

ヨーグルトで腸内環境がよくなって太ったということは十分考えられると思います^^;。 

これからもがんばってください、応援しています^^;。

 

☆☆☆

みもざと申します。始めまして。

愛知県の女性 40歳です。

 

こちらのHPを見つけて目からうろこでした(^^)

色々ためになる事参考にさせていただきます。

 

私は美容師をしております。今の時期は長袖の洋服で問題ないのですが、

これから薄着になるとお客様から「あら痩せたわね~」「あらどうしたの体壊したの?」

と嬉しくないお言葉を毎日のように頂戴します。

挙句の果てには私自身こんなに元気でポジティブシンキングの塊なのに

「体が悪いからって無理して元気な振りしなくてもいいの」

なんていわれる始末で、とても傷ついてます。。。。食べても食べても太りません。

 

そこでやはり美容師ですのでメイクやヘアスタイルで何とかカバーしようと

日々汗水たらしております。

気になったのはこちらのHPのやせて「見えない髪形」のページです。

どなたが製作したのかは存じませんが、プロの目から見て

「違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と感じました。

 

髪型はもっと奥が深いのです。

特に女性のほうはとんでもない!!!!!!!ヘアスタイルです。

(ごめんなさい、でも本当に悩んでいる方には勘違いしていただきたくないのです)

わかりやすくいいますと。。。

 

首から上。顔。頭。このふたつは最も一般的に老化の進みが目立つ所です。

髪型には顔に影の出来ないスタイルを

(顔に影が出来ると暗い印象&より長くやせて見えてしまう場合があります)

より顔を明るく見せる(お洋服の明るいものを着るのと同じ感覚ですね)

痩せて見える方は「暗い ぎすぎすした感じ 冷たいイメージ」をもたれやすいのです。 

 

髪の色 動き ポイントの位置 せっかくHPに載せるならもう少し研究していただきたいです。やはり見た目ですから!!!!!!!!!!

 

そして顔はフェイスストレッチでとにかく筋トレです!!!!!!

笑顔はミッキーマウスのように頬&口元はとにかく真横に動かす努力をしなければ

顔の筋肉は果てしなく引力に負けて下がり続けます。(すぐにムンクの叫びの絵のようになってしまいます!)

そして年とともにより細くより痩せて見えてしまいます

(顔、頭の形にもよりますが。。。。。)

その辺からも是非研究して全国の太りたいふくよかに見せたい

方に希望の光になるHPとなっていただきたいです。

初めてなのにこんな事書いて申し訳ございません。

今メルマガも登録させていただきました。是非今後の内容に期待しております。

長々とありがとうございました。

☆☆☆

《堤 富次郎コメント》

みもざさん、お便り頂きましてありがとうございます^^;。

髪型に関しましては、かなり厳しいご意見ありがとうございます(笑)

あの痩せて見えないようにする髪型は、プロの美容師さん(男性)にお願いして、結構時間をかけ研究して作って頂いたものです。 

 

またあの画像ページの下のほうに添えられているコメントを読んでみてもわかりますように、その美容師さんなりのしっかりとした理論に基づいて制作して頂いたものだと私は信じています^^;。

痩せて見えない髪型にも色んな方法・男性の美容師さんから見た場合・センスの違いなどあるかと思いますが、あれはあれでひとつの参考例でありますし、絶対ではないです。

ただ、今出来ることでは私も美容師さんも最善を尽くしたと思いますので、

【特に女性のほうはとんでもない!!!!!!!ヘアスタイルです】

と言われたら二人とも深く傷つきます(笑)

※ しかしf^^;・・あれが出来上がって美容室から持って帰るときに、頭を1個ずつビニール袋に入れて移動したときに多少セットが崩れたかもしれませんf^^;

首をビニール袋に入れて持って帰るとき、何かと間違えられないか神経を使いましたがf^^;(笑)

冗談はさておき、髪型に関しましてはあくまでひとつの参考例として見ていただきまして、自分に合ったヘアースタイルを見つけていただければと思います^^;。

☆ 別の参考例として、画像等をご提供頂きますと助かります^^;。

16歳女性の方・題名『私の悩み』

ニックネーム みな 年齢16 性別 女 出身地 東京

 

私は157センチで35キロです。小さい頃から痩せていて「痩せてるねぇ」「もっと食べなよ」なんてしょっちゅう言われます。私の悩みとゆうのは…今高校2年生なのですが、今の高校生はとてもスカート短いですよね。

私も短くしたいのですが足が細すぎて足を出したくありません。

それと恋愛にたいして消極的になってしまいます。

中学のとき、男子に「みなはもっと足が太かったら良いんだけどなぁ~」とか「いまにも折れそう」とか言われとても傷付きました。

好きな人ができてもこんな痩せてたらどうせ無理だし…といつも諦めていました。私が普通の体型だったらもっと積極的になれてたのかな、もっと楽しい学校生活が送れてるのかな…どうして私だけこんな…(;_;)などいつもいつも思っていました。

 

ですがこのサイトにきて、痩せてるのが嫌って人は世の中にはいっぱいいることを知って少し、悩んでいたのが楽になりました。外見ばかり気にしてないで中身をもっと磨こうと思いました。ですが、やはり少しは太りたいので(笑)短いスカートが似合うまでストレッチや筋トレなど頑張ってやろうと思います!

 

《堤 富次郎コメント》

みなさん、お便りありがとうございました。

痩せた人に『(骨が)折れそう』とか言う人って、本当に多いんですよねー。そんな簡単に骨が折れるかよ!って言いたくなりますよね^^;。

若い人のほうがまだ結果は出やすいので、がんばってみてください。応援しています!!

16歳女性の方・題名「これって・・・」

 

 

ニックネーム★チャラ  年齢★16歳   性別★女

 

堤さんこんにちは。初めまして私は身長158センチ体重40キロのまさにガリガリです。太りたいと心から願っています(笑)これはそんな私の体験談です。

 

一週間ほど前、私は制服(スカート)で一人お買い物へ。

町をぶらぶら歩いていると・・・前から他校の女子高生3人組が!!

やばい!!言われる!と思いビクビクしていたら、案の定その方たちから「まじほそくない?」などと禁句ワードが・・・

その日4人もの人に同じことを言われ、自分のみじめさやありえないくらいの体の細さにかなり落ち込んで、何も買う事無く、家に帰りました。

(はじめのルンルン気分を返せ~)

そして家についてダッシュで太る方法を探しにパソコンへ。

さっそく実践してみようと思った次の瞬間!!!問題が発生してしまいました。

 

問題点

1. 私は骨の奇形で背骨の一番下の部分が曲がっていて足の長さが違うということ。

2. 脂身恐怖症(これは問題なのかわかりませんが・・。)

3. 腰痛もちで腹筋や腕立て伏せができないこと

どれも太るには欠かせないものなのに、太る権利をなくした気分でさらに落ち込んでいます。

こんな私でもいい方法ってあるものなんでしょうか?

 

【話・解説/堤 富次郎】

チャラさん、お便りありがとうございました。みんなからそんなに言われましたか・・。

一人では何も言えないくせに、集団になるとそんなことを言い出しますからね^^;・・。

さてさて、ご質問頂きました件です。

ご質問の2は特に問題ないと思います。胃が弱い人に脂身恐怖症は多いです^^;。

 

1と3に関してですが、これはお医者さんによく相談しながら行ったほうがいいですね。

ストレッチ・運動はどれくらいやっていいのか、よく相談してみることです。

特に一度、カイロプラクティックに理解のある、整形外科医に相談してみるのもいいかもしれません。まずは腰痛を治すことが大切だと思います。

 

それと、まずは出来る範囲で最大限の努力を継続してみることです^^;。

メルマガのバックナンバーを読んで頂ければわかります通り、酵素摂取や食事法、胃腸の調子がよくなる温泉水を飲む・・・など、やれることはまだまだたくさんあります^^;。それが当HPのいいところです^^;。

 

私から見ると、特待生の『大阪の方』の画像を見ても、まだ体に歪みが残っています。

おそらくまだ左右の脚の長さも違う感じだと思います。にも関わらず、ちゃんと太られてます^^;。だから腰痛を治す努力をしながら、できることからコツコツとスタートしてみてください^^;。がんばりましょう^^;

 

目次へ戻る

【最重要】本物の太る方法は太れない原因を解消させること

先日ある読者の方からお問い合わせに際、貴重なご意見・ご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます^^;。

☆☆☆

 

痩せすぎで太れないことに関する原因と改善法を健康のプロの方が書いているサイトは、皆無です。

最近はYouTubeなどでも、素人が、無謀な動画をアップしたり、知識のない健康オタクのブログで、サプリやプロテインの販売目的の記事が散見しています。

そのような中で、健康のプロである先生のサイトは非常に貴重であり、また、かすかな希望であり、確かな勇気を与えてくれました。

☆☆☆

S様、貴重なご意見・ご感想を頂きましてありがとうございました^^;。

見る人が見ればわかって頂けるんですねf^^;(笑)

やせ型の人が太ることは物凄く難しく、お医者さんでさえサジをなげてしまうものなのに、最近は、

○○を飲んで1か月で○キロ太りました!

というものばかりが増えてきてますね。やせてる人が体重upするというのは、そんな単純なものではないです。

まあ、やや痩せ型の人であればある程度効果はあるかもしれませんが、ガリガリに痩せてる人は、3~10年間筋トレしてプロテインとか飲んでもほとんど増えないという方がほとんどです。

 

その3~10年、もう苦痛に耐えながら筋トレして、時間の無駄(週2日2時間筋トレしたとして、年間208時間×年数)・お金の無駄(スポーツジム会費・プロテイン代)等、物凄い労力や時間とお金を費やしても報われないということです。

 

その理由はなぜか?太れない原因が解消されていないため、太れない・・・ただそれだけなのです。

 

その太れない原因の最重要な問題が【骨格の歪み】です。

(画像左から施術前→施術後→施術2回目終了後。堤予防医学研究所にて撮影)

例えば胃下垂や逆流性食道炎のまま、それで○○を飲んで太るということは絶対にないです。

なぜ胃下垂や逆流性食道炎など、胃腸が弱いのかは、横隔膜の下垂や食道裂孔に問題があるからです。

 

そしてなぜ横隔膜の下垂や食道裂孔に問題が出てくるのかは、頭蓋骨の動き・脳脊髄液の循環に問題があるからです。

また、なぜ頭蓋骨の動きに問題がでてくるのかは、頭蓋骨の変形・頭が硬い・頭蓋骨の内側の膜に問題があるからです。

ここは整体やカイロプラクティックが最重視する上部頸椎を矯正しても、現代人は治らないケースが多いです。

 

これら根本的原因が解消しない限り、何をやっても太れないです。

また最近では、距骨下関節や立法骨の問題から、骨格矯正してもなかなか治らないということがわかってきました。

(画像左側は、左足だけ調整後、右足は調整前。画像右側は、両足調整後。堤予防医学研究所にて撮影)

※ ここを調整しない限り、下から徐々に悪くなってゆきます。ここを調整することにより、下から上に向かって体はよくなってゆきます。 

 

このような骨格の歪みに関する問題は、お医者さんに相談しても全くわからないです。

これらの問題が解消しない限り、(筋トレで1~3キロは太ることは可能かもしれませんが)やせた人が体型が完全に変わるほど(10キロ以上)太るということは絶対にありえません。

これは体重を増やす方法を35年以上研究した結論です。

よってまずは自分の太れない原因を知ること・・・ここからが本物のやせ体質改善法のスタートということになります^^;。

お医者さんが推薦してくれるホームページ

私のところには、

『お医者さんから、堤さんのホームページを教えて頂きました』

ということが、もう過去数十件はあるのですが、ドクターからの紹介と聞きますと、やはり嬉しいものがありますねf^^;(笑)

自分で言うのもなんですが、普通そんなことはあまりないですf^^;(笑)

お医者さんもやせ体質改善法は、基本的にはよくわかりません。友人のドクターも、『医者はそういうのはわからない』と言います。

診察時に痩せた患者さんから、『どうすれば太れますか』と相当数聞かれてきたはずなので、栄養学的にはこうすれば太るのではないかとアドバイスはしてきてはいるものの、まったく太れていない。

よってインターネットで調べ、その中で信憑性が高い情報を提供しているホームページを紹介する。

そこに至るまでに、ホームページの内容をある程度読んでいる・安全性・ヤラセが無いかなども含めて見ている(たぶんお医者さんはそういうところをよく見ていると思いますよ)・・・ということになります^^;。

また、栄養士・スポーツジムトレーナー・整体関係の方で、私のホームページを参考にしながら体重を増やすための指導している方もいらっしゃいます。

理論と検証とその証明(太ってゆく過程と太らせたという事実(画像などで紹介)・・・これら3つをきちんと紹介している。

これはどんな権威がある方の机上の空論よりも、説得力が違うということです^^;。

やせすぎを改善させる手段が多ければ改善の可能性は高くなる

太れない原因は人それぞれ微妙に違うと思いますが、これまで私が解説してきました様々なやせ体質改善法(酵素摂取・ストレッチ・水泳・歯の治療等)をいろいろ取り組んでいる方と、酵素摂取しかやっていない方とでは、やっぱり体重が増える確率は全然違ってくるでしょうね^^;。

 

大病にかかり、痩せてしまった方のリハビリテーションもそうですが、栄養のバランスがよい食生活・適度な運動・ストレスのない生活・充分な睡眠・温泉療養・体によい水を飲む・・等、体力回復の手段が多ければ多いほど、健康になり太ってくる可能性は高くなります。

 

基本はそれと同じで、考えられる色んな体重を増やす方法を同時進行で継続してみる・・・朝からランニングして、その後ストレッチ。食事は栄養価が高いものを食べ、消化吸収をよくする酵素を摂取する。定期的に骨格を矯正し、週3日は水泳か筋トレを行い、充分な睡眠を心がける。

 

これらをとにかく継続してみることです。もしこれで太れないにしろ、極めて健康的な食生活や運動を行っているわけですから、間違いなく体は健康になります(笑)   

体にはいいことづくめで、やって損することはないわけですから、これまで『酵素で太ろう』とか、それだけで体重を増やす努力をされてらっしゃる方は、少しずつでもいいですから、太るための手段を増やしていかれることをおすすめいたします^^;。

猫背のガリガリと姿勢がよいガリガリは体質が違う

猫背のガリガリさんと姿勢がよいガリガリさんは、似ていても体質はかなり違いますね^^;。

これまで色んなやせてる人を見てきましたが、姿勢がよいガリガリさんは、胃腸はそこまで弱くないです^^;

 

ところが姿勢が悪いガリガリさんの場合、胃腸はかなり弱いんですねf^^;(笑)

 

そしてどっちが太りやすいかといえば、姿勢がよい(胃腸が強い)ガリガリさんのほうが、断然太りやすい思います^^;。

姿勢がよいガリガリさんの場合、筋トレ+ストレッチ+プロテインでも効果は出やすいのに対し、猫背のガリガリさんの場合、

 

※ 筋トレ+ストレッチ+プロテインでは効果は出にくい。(5年くらい筋トレしても、効果はほとんど出ない)※ 仮に筋トレである程度筋肉がついても、しばらくすると元通りになる。(太れない原因)歯の噛み合わせ・骨格の歪み等により、消化吸収が悪く、胃腸が弱いため太りにくい。

以前ガリガリ芸人の人たちがテレビに出てましたが、口を開けたとき、見事に全員歯並びが悪かったですf^^;(笑)だからまずは歯を治さないと簡単には太れませんし、次に姿勢がよくなるようにしないと元通りになりやすいのです^^;。

だからこの3つ、歯を治す猫背を治す酵素で消化吸収を改善するこれがガリガリ体質改善の基本中の基本なのです^^;。

保健師のお客様より頂きましたお便り

昨日保健師のお客様よりお便りを頂きましたので、ご紹介させて頂きます^^;。

☆☆☆

いつもお世話になっております。 ホームページ、一通り読ませていただきました。 たいていの内科医でも、やせすぎの人にどうすれば太れるかと聞かれても首をかしげるばかりなのに、堤さんはすごいですね。とても勉強になります。

 

私は病院で保健師をしております。痩せすぎの相談を時々されますので、こちらのホームページを紹介させていただいてもよろしいでしょうか? というのも、私、太ってきたんです(笑) 

フトナールエンザイムを毎日6錠飲み、毎日ズンバを踊って、生のものや発酵食品を意識してとるようにしたら、、 体がむちむちしてきまして、浮いていた肋骨が見えなくなってきました。 ほんとうに感謝です。まだまだ理想のボディー目指して頑張りたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたしたします。

 

☆☆☆

 

【話・解説/堤 富次郎】

T様、お便り頂きましてありがとうございました^^;そして太られたとのこと、よかったですね^^;!!

ご紹介して頂けるのは大変有難く、全然オッケーですf^^;(笑)こちらこそどうぞ宜しくお願いいたしますf^^;(笑)

体重を増やす方法はお医者さんに聞いても、まったくわからないと思いますf^^;(笑)

それと整体・カイロプラクティックの先生でも、首をかしげる方は多いと思います^^;。

 

歯の噛み合わせ・酵素不足・骨格の歪み(特に上部頚椎と頭蓋骨の歪み)・ストレス・物の考え方・・・これらが複雑に入り組んで太れない原因となってますから、難解なんですよね^^;。T様、これからもっと太れるようがんばってください^^;。

 

目次へ戻る

当ホームページの体重を増やす方法で太った皆様から頂いた体験談

当HPが教える食事法で太った27歳女性の方からの体験談

堤先生へ

 

こんにちは。ご無沙汰しております。以前もメールさせていただきました、兵庫県の○○です。27歳女性です。

 

食事法を実践して一年半ほどになります。

164cm・40kg前後だったのが少しずつ増え、45kgほどになりました(^^)

とはいえ、まだ二の腕はガリガリですが(^^;

顔と腰回りにすこーしお肉がついてきたかな、という感じです。

 

今回お聞きしたい事があってメールしました。

私は食事が終わると体がものすごくダルくなり、

横にならないと辛くなってしまいます。

無理にたくさん食べたりはしていないんですが…;;

 

体力不足のせいでしょうか?

食べ方が悪いのか…それとも体質??

気になってます(;_;)よろしければ教えてください。

(今、ケータイでしかネットできず確認ができませんが、

サイトで既出の内容でしたらすみません;;)

PS.

以前SMAP×SMAPのコントでガリマッチョ体操というのをやってましたよ(^^)

ガリマッチョはモテます!(笑)

 

☆☆☆

《堤 富次郎コメント》

M様、いつもありがとうございます^^;。

 

ガリマッチョって、すでにやってましたか(笑)

ブルース・リーとかはガリマッチョっていってもいいですが、ただ単にガリの場合はやっぱりガリのままですかねf^^;。

(まぁ、どうでもいいことですけどね(笑))

 

さて、食事法を1年半も実践なさったんですね^^;。

5㎏増えられたとのこと、よかったです^^;。

 

ご質問頂きました件ですが、・・うーん、どうなんでしょうね。。

骨格の歪みが関係して胃腸機能が低下しているのか、体力不足なのか、それとも元々胃腸があまり強くないのか・・

こればかりはなんともいえないのですが、私の経験上いえることは、胃腸が弱っている時は非常に疲れやすく、似たような感じにはなりますね。

 

もしそんな状況が続くようであれば、大根おろしやとろろ等の酵素力が強いものを毎食献立に入れるようにするか、もしくは酵素サプリを飲むようにすればよいと思いますよ。

とにかく消化を助けるようにしてあげると、体への負担は確実に軽くなると思います。

特に毎食とろろごはんを食べるようにすると、胃の重苦しい感じがかなり軽くなります^^;。

是非試してみてください^^;。

20歳女性の方・題名『夜の生活』

ニックネーム→うみ 20歳 北海道出身の女です。

はじめまして!私は昔は普通より細いぐらいだったのですが高校を中退して家を出され18歳の時から夜の仕事(ホステスみたいなものです。。)をはじめました。

あまり皆様の前で話すような仕事ではないかと思いますが、

最初の一年間は学生時代によく運動していたせいもあってか見た目にも体重にも全く変動はなく身長もあったので『モデルさんみたいだねぇ!』とお客さんによく言われ指名も沢山とっていました。

しかし、19歳になった頃から体重が激減!身長170cmで53キロあった体重も46キロまで落ちてしまい頬はこけ、肌はボロボロ、胸の辺りも肋骨がくっきり出はじめました。。

それからの周囲の態度といったら・・・・

 

一緒に働いている女の子達に『薬やってんじゃない?(笑)』とか『難民!』とか言われるようになり、お客さんにも『ご飯食べてないの??』『倒れそう。。』と毎日の様に言われるようになりました。やつれた顔を見て笑われたりもしました。

そう言われる事によるストレスでまた更に痩せてしまい、人前に出るのが恐くなり鏡を見るのも嫌になりました。。死にたいとも思いました。

でも、そんな時に支えてくれたのが彼氏でした、『そままでいいよ。』って言ってくれながらも一緒に太るための方法を探してくれたり、人前に出るのを嫌がる私のために人の出入りの少ない穴場的な食べ物屋さんに連れて行ってくれたりしました。

そして仕事の長期休暇を取り久しぶりに実家に帰ってきてパソコンでたまたま見つけたのがこちらのHPでした。

何故体重が激減したのかも自分の生活と照らし合わせてみてハッキリしました!

理由は、毎日の接客によって積み重ねられたストレスと体に悪い事づくめの仕事内容、運動不足、食事も外食(肉)ばかり、座りっぱなしで猫背。

早速、運動をして「体重を増やすための食事法」を試しました。

が・・・・・私的にあまり効果が実感されなかったので思い切って『オリエント』を購入しました。

運動も彼氏が付き合ってくれるようになり楽しく長い時間できるようになってきた頃少しだけ見た目に変化が!!

頬がこけてたのが少し良くなってきた気がしました。

体重も1キロ増えていました♪

この調子でいけば本当に太れそうな気がします★これからも続けます!

堤さんありがとうございます!これからも頑張って下さい。

本当にこのホームページに出会えて良かったです。

最後に夜の仕事に太るイメージのあるガリガリさんもしくはやりたいガリガリさんは絶対にやめた方がいいと思います。

運動は1人より2人でやった方が絶対いいです!オススメです☆

長い文章読んで下さってありがとうございました(^^)

 

《堤 富次郎コメント》

うみさん、ご応募ありがとうございました。

(体重UP!よかったですね(^_-)-☆)

夜の仕事は、お客さんとの会話が本当に大変だったと思います(笑)

酔っ払いは平気で『バスト何カップ?』とか挨拶のように言ってくるので、ガリ子さんには精神的にかなりよくないですね(^^;

またお客さんと一緒にお酒を飲んだり、生活が不規則になりがちなので、身体にもよくないと思います。

運動+酵素+規則正しい生活+彼氏の優しさ=『健康になって太った』と思いますよ!この調子でこれからもがんばってくださいね!

(それにしても優しい彼氏ですね(^_-)-☆)

 
10キロ体重増加に成功されたトシさんより

やせている皆様から頂いた体験談もう10年以上前、体験談コーナーに応募頂きましたトシさん(私と同郷の方)からご注文とご連絡があり、あれからなんと10キロも体重が増えられてたみたいです^^;。

以下、トシさんから頂きましたお便りです^^;。 

※プライバシーに関わる部分は削除してあります。 

☆☆☆ 

こんにちは、堤さんご無沙汰しております。 お元気にお過ごしでしょうか。 今年は色々とありまして、○○造りが進んでいません。 

いつも造り前にオリエントを頂いているのですが、おそくなってしまいました。 

そのせいか、ハードワークのせいか、風邪をひいていしまいました。 

熱は無いのですが、鼻水とのどの痛み咳が続いています。 

家族も同じ症状で全滅なのですが、やはり忙しい時こそ酵素の摂取が大事だと感じています。 

また、オリエントを1箱お願いいたします。 

ところで、堤さんとお会いしたのは平成16年頃でした。 もう12年前になります。 

あの頃は調子も悪く、ひどい時は49Kくらいになっていました。 

あれから12年、教えて頂いたストレッチは欠かさずやっています。 疲れも取れやすいので、子供にもやらせています。 

現在は58K~59Kくらいで落ち着いています。 考えてみると、10K近く体重が増えたのですよね。 こ

れも堤さんのおかげです。 まだ、寒さが残っていますのでご自愛ください。 ではよろしくお願いいたします。 

 

【話・解説・堤 富次郎】 

トシさんメールありがとうございました。 いやあ~あれからもう12年も経つんですねf^^;(笑) 

そんなにも時間が経ったのかとびっくりしちゃいますよね(笑) そして体重が10キロも増えられていたことにも驚きですf^^;(笑) 

10キロって、見た目とか相当違ってきますからね^^;。 トシさんにはあれから定期的に、オリエントエンザイムをご注文頂いているのですが、ストレッチ+酵素摂取をずっと続けた成果が出られたようで本当に良かったです^^;。 今後は15キロ体重アップ目指して頑張ってくださいf^^;(笑)

 

※ こちらに掲載しています体験者のコメントは個人の感想で、効果を保障するものではありません。

Menu